TOP&NEWS!!【2017 March】

Photo_2
”KUMAMOKU" had been unknown japanese craft studio long time.

Because Kyouji&Etsuko doesn't have a signboard or website didn't talk loud about their works. So their tables were some of the people.

Kyouji & Etsuko had been cocentrated on just making beautiful tables of the precious wood.

They are genuine artisans.

From this 2017, we are beginning to offer their artistic works & sell tables more expandaly.We hope that their wonderful tables will be together with the people all over the world who loves their natural life.


Img_6877
   Kouji& Etuko& their Daugther

栃木県佐野市で長きにわたり営まれてきた銘木家具「熊田木材工芸」はこれまで看板も出さずに創作を続けてきました。理想の作品を創り、営業し、トラックでお客様の元へ配送するというその全てをふたりで行なう工房です。

ふたり(侠児と悦子)は樹齢数百年という銘木をいかに素晴らしく切り出し、丁寧に加工して美しいテーブルにするかという事に腐心しておりましたので「売る」という段階が年齢とともにどうしても少しずつあとまわしになっていきました。
そのことに気づいた遅れてきた看板娘が今年大きく看板をあげることを決意しました。

両親の作った素晴らしいテーブルたちを広く伝え、半ば倉庫になってしまっている埼玉県岩槻市の展示場で眠るテーブルたちに新たな息吹を吹き込む”クマモクプロジェクトbud始まります。



20170305_170309_0088  
☆テーブルたちは全て購入可能です!
数に限りがあるので、現在ある在庫がなくなった後は受注製作となります。
製作者が決して若くはないため、受注から製作にはそれなりの時間がかかります。

chickブログ「木のまにまに」開設に寄せてchick
なぜこのブログを開設しようと思ったのか、なぜ「木のまにまに」など、
このクマモクプロジェクトが始まった背景について、看板娘の熊田とその親友の中島が、所信表明というほどのものではないですが一筆書いています。
こちらをクリック⇨初稿pencil 

chick 「木のまにまに」メンバー chick
熊田千穂
 ・・ジャズヴォーカリスト。1920年代のレトロなジャズから現代のポップスまで歌いこなす。その幅の広さから豪華客船の歌姫をつとめることも。熊田木材工芸の長女として1979年に栃木の佐野に生まれる。

中島桃果子 ・・日本の小説家。2009年新潮社よりデビュー。執筆活動のかたわら、女人藝術集団ArtisticPantie主宰として質の高い芸術を見つめ直す活動も行なっている。1979年滋賀県生まれ。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

■熊田木材工芸
information

diamondクマモク岩槻展示場
さいたま市岩槻区城南2-
6-8
Mail kumadakougei@gmail.com

diamonddiamond展示場オープンデ―につきましてdiamonddiamond

岩槻展示場は月に1~2回のオープンデ―を催させていただいております。
日時詳細は毎月こちらのブログとツイッターとFacebookページとインスタグラムにてお知らせいたします。
オープンデ―に限らず、ご要望をいただけます日に展示場を開けますので
ぜひともお気軽にSNSのDMやコメント、あるいはkumadakougei@gmail.comにご連絡をお願いいたします。
「開けてもらったからには買わなくちゃ」とは、どうか思わずに。
これまでひっそりと製作され口コミだけでお客様の手にとどいていた両親の作品を
少しでも多くの方に実際に見ていただきたいと、
看板娘はなによりそれを望んでいます(^-^)



diamondアク
セス
・岩槻駅前からバス(3番乗り場・東川口駅北口行き)に乗車し5つ目のバス停、元浅間を下車、徒歩2分。

・岩槻駅から徒歩20分。
皆様のお越しを、お待ちしております☆

diamond銘木家具作家・熊田侠児プロフィール

 栃木県佐野市生まれ。日本大学理工学部機械科卒。機械設計を仕事とする傍ら、機械とは正反対の銘木家具づくりを修業、修得する。
1976年、銘木家具の世界に本格参入。
以後世に送り出した作品は、大小含めその数3,000を優に超える。
けやき、榧(かや)、銀杏、杉、松、黒檀、紫檀、ひのき、柿、桜、楡(にれ)等、あらゆる材種の銘木加工を手掛ける。おもに、テーブル、座卓、ついたて、花台(かだい)、各種オブジェを得意とする。 
200年、300年、、気の遠くなるような年月を生き抜いて静かに眠る銘木に再び輝きを与え、人々の生活とともにさらに100年、200年を生き続ける逸品を世に送り出したいと、
日々、佐野市の工房で妻と二人三脚で製作を続けております。


2974_3クマモクinstagram 

Fullsizerender_3

Fbflogo__blue_512facebookページ
銘木家具・熊田木材工芸

Fullsizer

UnnamedTwitter
熊田木材工芸@kyoujitoetsuko

Img_1068

|

2018年1月 1日 (月)

明けましておめでとうございます!

2018年、明けましておめでとうございます。
本年もクマモクこと熊田木材工芸を
どうぞよろしくお願い致します。

銘木とおせち
花梨のテーブルをご購入くださったお客様がお正月の様子を送ってくださいました。
生活に溶け込んでいる様子を拝見できて、とても嬉しいです。
華やかなお正月飾りと彩りの綺麗なおせちですねsmile
水引きの華やかなお飾りは、京都 夢み屋さんのものだそうです。





ちなみにこちらは、熊田家のお正月の様子。
もう何年もケヤキのダイニングテーブルを使っています。

悦子さん作のおせち、お煮しめも焼き豚も絶品ですheart






#謹賀新年
#クマモク
#KUMAMOKU
#熊田木材工芸
#夢み屋

| | コメント (0)

2017年12月16日 (土)

ダニモクのテーブルお披露目

先日アップしました“ダニモク”ケヤキのテーブル

全体をご覧ください






希少中の希少であるダニモクの美しさを生かした天板に、クマモクオリジナルの猫脚を合わせました。

棚も付いており、美しさと実用性を兼ね備えた素敵な逸品です。









テーブルを嬉しそうに見つめる侠児さん。
丁寧に作った一台一台をとても大切にしています。
その中でもこの美しさめったにないもの。

写真ではこの気品がとても伝わらなくて、もどかしいです(;ω;)
ぜひ実物をご覧いただけましたらと思います。


明日12/17、今年最後のオープンデーです。
岩槻展示場はとても寒いですので、あたたかい格好でお出かけくださいませleo

clubクマモクオープンデー

13:00〜18:00 open

sun岩槻展示場へのアクセス
・岩槻駅前からバス(3番乗り場・東川口駅北口行き)に乗車し5つ目のバス停、元浅間を下車、徒歩2分。

・岩槻駅から徒歩20分。
皆様のお越しを、お待ちしております☆



| | コメント (0)

2017年12月11日 (月)

12/17(日)クマモクオープンデー開催&新作紹介


いつもご覧いただきどうもありがとうございます。2017年最後のオープンデーを12/17に開催いたします。
侠児&悦子が特別に素晴らしいと絶賛する希少で美しいケヤキのテーブルが入荷しています。
何十万本に一本、いや何百万に一本くらいしかお目にかかれないというこの板目を業界用語で「だにもく(木)」と呼びます。
なんだかカユそうな名前ですが、、見てくださいこの美しさshineshineshine
滅多にない自然現象が重なって、木の内部にこんな模様が生まれることがごく稀にあります。
材木市場の人達もめったに目にする事がないというこの「だにもく」がほんの少し売りに出ているのを見た侠児さん、
あまりの美しさに即買いして、すごいスピードで作品へと仕上げました。







実際にご覧になっていただいたお客様の言葉をお借りすれば「オーラが違う」、まさに、という感じです。




ぜひ実物を見ていただきたい!
今週中にこのテーブルの別ショットをアップしますのでお楽しみにsign03

clubclubclub
暖房設備のない岩槻展示場はとても寒い!ですのでご来店予定のお客様はどうぞ厚着をしていらしてくださいねsmile
あったかいコーヒーcafeをご用意してお待ちしてます!

| | コメント (0)

2017年12月 7日 (木)

オーダーテーブルがお客様のお手元に届きました、嬉しいレビュー

オーダーいただきましたカリンの小テーブルが完成し、お客様のお手元に無事届きほっとしています。
とても嬉しいレビューをご自身のフェイスブックに上げてくださったTomokoさんにお願いして記事をブログでもシェアさせていただくことにしました。

両親が作ったものはこうやって持ち主さんの日々の生活の風景の一部となり、家族の手に触れながら世界に一つだけの味わいを増していくんだなとこの記事を読ませていただいて思いました。

熊田木材工芸の作品はこれまで数千台が世に出ています。
全てが両親が丁寧に仕上げた一点物です。
その数千台の全てにそれぞれのストーリーがあって、それぞれの味わいを増しながら、おそらく今もそれぞれの持ち主さんの手元にあるはずで、、。

その凄さになんて全く気づかずに生きてきた私ですが「遅れてきた看板娘」として今年から家業に関わるようになったことで初めてそこへ思い至ることになりました。
遅過ぎるのですが、
でも、間に合って良かったというか
このタイミングで関われて良かったと心から思っています。

どうもありがとうございます。

何代にも渡って使っていただけるオーダーメイドの一枚板テーブル、素敵です。
一台、いかがですか?

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

以下、
こちらのTomokoさんのFBページへの投稿から許可をいただきクマモクブログへの転載です。


https://www.facebook.com/tomoko.kawase.3701/posts/813681302145159


〜〜〜待望の熊田木材工芸の注文品が来たる。
花台として使うつもりでしたが、これ自体が芸術品なので、
このまま置こうと思います。

私が大好きなジャズボーカリスト熊田千穂さんのご両親、
工芸家熊田侠児・悦子ご夫妻と打ち合わせをさせていただき、板から選び、
一生ものの逸品となりました。

樹齢何百年の樹を乾燥させるのに何十年もかかるのだそうです。
まさしく一点もの。
これを使おうと決めた花梨の板から見ているので、これがこうなるってすごい。
その経過を写真掲載。
樹の個性と木目を生かして命を吹き込む熟練の職人技。
我が家のリビングの格が一気に上がりました。

フローリングが傷つかないように足の底にフェルトもついており助かります。
しかしどう撮影しても本来の色が出ないのがもどかしいです。
皆さまも是非クマモクへ出向いて実物をご覧になってください。わくわくしますよ。

私のあとは娘に引き継いでもらって代々大事にします。
素晴らしい作品をありがとうございます!!






| | コメント (0)

2017年12月 5日 (火)

オーダーテーブル完成しました!

【完成】
オーダーの打ち合わせをさせていただいてから約2週間、カリンの小テーブルが完成しました。

大木を切り、板にして乾かすところから数えるとそれこそ数十年という時間が掛かっていますが、「こう仕上げる」というイメージが侠児さんの中に出来上がってからの作製スピードはとても早いです。イメージがぶれないように集中して一気に作り上げます。

工房でのこの写真、いまいち色が伝わらないのがもどかしいのですがsweat01
あの板がこのようなテーブルになりました。
脚材にも同じ板を使っています。
別材を合わせる事もあるのですが、一本の木から一台全てが仕上がるのは愛着が深くなる感じがします。



脚の裏が白いのは床を傷つけないようフェルトを貼ってあるためです。


| | コメント (0)

2017年12月 4日 (月)

オーダーテーブル作製の様子

先日オーダーいただいたカリンの小テーブルのその後です。
完成イメージに向けて工房にて侠児さんが一気に創り上げて行きます。
始まるとゆっくりする暇はありません、イメージが緩む隙ができないよう真っ直ぐ進んで行きます。







表面を削ったら、こんなに鮮やかなカリン独自の赤味とこの板ならではの美しい杢(もく)が見えてきました。侠児さんが大切にストックしていた特別な板ですshine







全体のバランスを見ながら、最も木が活きる型に美しく丁寧に削り、磨いてゆきます。
こんな感じで、仕事中の侠児&悦子はいつも木屑まみれ。
この後このまま居間に入ってしまう侠児さんに悦子さんが悲鳴を上げる流れとセットで、看板娘にとっては子供の頃からの光景です。




板を見て仕上がりのイメージが出来上がると
それに向けて一気に突き進むのが侠児&悦子のやり方です。
ゆっくり時間をかけ過ぎる事でゆるんでしまう事がある、と侠児さんは言います。

完成は間もなくです。


#kumamoku
#熊田木材工芸
#クマモク

| | コメント (0)

2017年12月 1日 (金)

オーダー作品の打ち合わせの一コマ

さてご報告が遅くなりましたが
11月のオープンデー、ご来店いただきありがとうございました。
大物を作ることの多いクマモクではほぼ初めてのサイズとなる小さなサイズのテーブルのオーダーを頂きました。

侠児&悦子が大切にストックしている原木からとっておきの板を岩槻に運んでお客様と打ち合わせ。
ケヤキ2枚、カリン3枚の候補の中から出来上がりに様々にイメージを膨らませ厳選してゆきます。




お客様のお部屋の写真(素敵shine)を見せていただいたり、ご希望を伺ったり、このカリン板の杢(もく、と読みます。板に現れる美しい模様のこと)の使い方にイメージをふくらませていた侠児さんの口から「ああ、これはいいのが出来る」という言葉が飛び出た瞬間の様子。

あ、完成イメージが完璧に見えたんだなとその場にいた全員に分かりました。
こうなったらもう、ここから先は早いのです。
#悦子さんのアシストは必須




紙にどんどんイメージと設計図を描いて行きます。
ちなみに自宅でもいつもこんな感じで突然新聞紙に何か描きだして、どんどん線を重ねてゆくので「真っ黒で読めないbearing」と悦子さんがいつも嘆いてます。



カリンの原木。相当の樹齢を重ねている上めったにお目にかかれないほど美しく豊かな杢(断面の模様の名前、杢が多い板は希少です)のある上質なカリンです。
しっかり自然乾燥させるのに40年位かけています。まさに宝石の原石、大切に倉庫に保管していました。
これがどんな風に作品に仕上がるか、かなり楽しみです。 小さくて、とても上質な美しいテーブルが出来そう。
「これは素晴らしい物になる」という確信に満ち、静かにワクワクしながら板をトラックに再び積んで佐野へ帰ってゆく侠児&悦子の様子がとても素敵で、看板娘は感動したのでした。

| | コメント (0)

2017年11月 9日 (木)

11月のオープンデーは16日木曜です

fuji11月のオープンデーは16日木曜!fuji
13時〜18時で開けております。
1ヶ月ぶりのオープンデーとなります、
お天気がいいといいなあhappy01
ぜひお出かけくださいね、お待ちしております❗️

■熊田木材工芸 information

diamondクマモク岩槻展示場
さいたま市岩槻区城南2-
6-8
Mail kumadakougei@gmail.com

diamonddiamond展示場オープンデ―につきましてdiamonddiamond

岩槻展示場は月に1~2回のオープンデ―を催させていただいております。
日時詳細は毎月こちらのブログとツイッターとFacebookページとインスタグラムにてお知らせいたします。
オープンデ―に限らず、ご要望をいただけます日に展示場を開けますので
ぜひともお気軽にSNSのDMやコメント、あるいはkumadakougei@gmail.comにご連絡をお願いいたします。
「開けてもらったからには買わなくちゃ」とは、どうか思わずに。
これまでひっそりと製作され口コミだけでお客様の手にとどいていた両親の作品を
少しでも多くの方に実際に見ていただきたいと、
看板娘はなによりそれを望んでいます(^-^)

クマモク「銘木家具・熊田木材工芸」岩槻展示場ムービー
クマモク「銘木家具・熊田木材工芸」岩槻展示場ムービー2

|

2017年11月 8日 (水)

台風で倒れたクマモクの大柳その2

クマモクにとって一大事なこの大柳の騒ぎ、ちゃんと記録しておこうと思います。
いつかこの工房も家もこの土地からなくなっても、この柳だけはずっと残ると
当たり前に思っていました。
それが突然倒れたという出来事は、私たち家族を本当に驚かせたのです。

この地にこの木を植えた祖父が何かを報せようとしてるのか、
もう何年も同時に集まることのなかった家族4人がこのタイミングで集結して共に作業をしているのは、なんなのか。

大切な事を見逃したり、読み逃したり、したくない。
そう思って、記録を残そうと思いました。



どうか、もうしばらくおつきあいくださいね(^-^)


柳の中になんとハクビシンの巣があり、赤ちゃんハクビシンがまだまだ成長中なので
完全な片付けは巣立ちを待ってから行う事にしました。

なので、幹はそのままにして
とにかく枝を伐採しまくったわけです。

そしてどんどん燃やす、燃やす







作業中、ふと
なんか付いてる、、?と近寄ったらまるで演出のように肩に葉っぱがついてる侠児さん。
木の精か!?







そして
ちょっと分かりにくいですが
倒れた柳の中にあったハクビシンの巣がこちら。赤ちゃんハクビシン絶賛成長中につき、雨風をしのぐために悦子さんが大急ぎでベニヤで蓋をしビニールをかぶせたそうです。
これならお母さんハクビシンは隙間から入れるはず。






ビフォー&アフター
枝をカット







ビフォー&アフター
3本が2本に






そして
ビフォー&アフター
2匹いたハクビシンの赤ちゃん、2日後に1匹になっていたそうです。右は一週間後の様子ですが丸々太って元気、顔立ちもはっきりしてきました。
おそらくお母さんハクビシンは出入りしながら子育てを続けてると思われます。
もう1匹も元気でいてくれるといいのですが。





台風22号が来る前になんとか枝の伐採を終えて幹だけの状態にしました。
倒れてからすでに1週間が経過、
看板娘たちが到着する前に毎日少しずつ侠児&悦子が作業を進めてくれていたおかげで
看板娘とその弟にできることは多くはなかったですが、だいぶハイスピードで台風に間に合った感じです。




22号が去った夜明けの大柳
なんだか、遺跡みたいです。






| | コメント (0)

台風で倒れたクマモクの大柳その1

先の台風21号で、工房にある樹齢100年近い丸葉柳の大木3本中1本が倒れました。
祖父が植え父が生まれる前からこの地にある大柳。近所には「子供の頃あの木に登ったことがある」という人が沢山いる我が家のシンボルです


10月最後の週末、家族4人が集結して倒れた柳を片付ける作業を行いました。
大切な大柳が倒れた様子は実際目にするとショッキングなものでありましたが、家族で行う作業は特別な時間でした。
次の台風が来る前に目処をつけようと看板娘とその弟もがんばりましたよ!











子供の頃から見ていたチェーンソー、侠児さんに使い方を教わって初めて自分で使ってみる看板娘の弟。
侠児さん嬉しそうに見守ってます。











これ、ちょっとした雑木林に見えますが、これは切り落とした枝を積み上げた様子。量が多すぎて、横に寝かせて積み上げているうちに立ち上がってきてしまいます。
こんな雑木林が3つくらい出来ました。











3本の大柳のうち今回倒れた1本は昔ほんの少し燃えかけた事があり根元近い部分に焦げがあるのですが、おそらくその影響は時間をかけて内部に届いていたのでしょう。先端に近い所まで鬆(す)が入っていました。今までずっと頑張ってくれていたんだと思います。
















| | コメント (0)

«10/29(日)オープンデー中止のお知らせ