Bar図書室

2019年9月 6日 (金)

彼女について

#彼女について
69594342_380784446179311_109191801392752
バリスタ栞(しおり)のこと。
彼女の腕にはわたしの著書の装幀が刻まれている。彫りものへの理解がまだなかなかない日本で、当然不便さと付き合いながら、彼女はいつも「誰June」と生きてくれている。
彼女は出版社にわたし宛のファンレターを送ってきてくれた、わたしにとって初めての"正式なファン"だった。彼女の体に刻まれたいくつかの誰Juneモチーフのタトゥを見たとき、ひとつの小説は、人の人生をこんな風に揺らがせることがあるのだと、感動というより、身が引き締まる思いだった。

根津イーディの正式名称は実は「Innocence Define/イノセンスディファイン」で、これ
こそ、誰Juneに出てくる円山町のbarの名前。
彼女はいつかイーディをこの東京に作るのが夢ですと、数年前にバリスタの修行を始めた。

結局イーディは、わたしが作ってしまったのだけど、笑、このハレの日に彼女とカウンターに入れる奇跡わたしが23歳のとき雛形を書き上げたJuneの物語は17年経った今も続いている。

「長袖を着てタトゥは隠しますね」

彼女がそう言ったのでわたしはこう言った。

「ダメダメここでは出して。ここで出さないでそれいつ出すのよ」


熱狂的なファンもいるって、中島桃果子の1番の宣伝にな
るしね。笑。

実際のところ、バリスタ栞のタトゥから中島桃果子の著書
の話になり、なんと昨日は「誰June」が2冊も売れた!笑
まさにInnocence Define(イーディ)な1日。

こんなに売れると思ってなくて在庫が自宅にない、そしておそらく絶版になっててAmazonからもすぐ来ないことが目下の悩み。笑。

お祝いのJuneblueな青いteaとともに新しい夜は更けてゆきました。

| | コメント (0)

2019年8月 2日 (金)

About「根津イーディ」

Dmzhfucaazkbu

Dmzhguiaaqek3

   
 ” 根津イーディ”
物語とお酒、芸術のためのお店(酒場)

女主人...中島桃果子(小説家)

営業時間/21:00〜2:00(だいたい)
定休日/ 日曜・月曜
(2Fのギャラリーの関係でたまに変動あります。SNSをご確認くださいませ🌙)

 

#Consept
1F/ Bar図書室。物語とお酒を愛する人のための酒場
2F/ Galleryイーディ。未完芸術のための実験劇場。
※2Fは多用途です、大人数での飲み会や、貸切にもご利用頂けます、お気軽にお問い合わせください。
(なお、
お店は少しづつ変化していきます、お楽しみに👀)

#ひとかどアーカイヴ
根津イーディでの日々を「ひとかどの文化史」として中島桃果子が記していきます。
noteにて連載中!


 

#ACCESS🎨

113-0031 東京都根津2丁目19-8 根津駅[出口1]より徒歩1分

Img_7136

 

 


Tel🌙03-3822-3710
Twitter🌙✴︎イーディ✴︎Innocence Define[@Innocencedefine]
Facebook🌙「根津イーディ」(日々のことはこちらからご覧ください👀)

 


名前の由来
イーディ”Innocence Define(イノセンスディファイン)”は小説家/中島桃果子の著書「 #誰かJuneを知らないか 」に出てくるBarの名前です。Innocence Define=純潔を定義する。

#Bar図書室 #galleryイーディ #芸術酒場 #未完芸術のための

 

| | コメント (0)