TOP

2019年3月13日 (水)

Top&News!!<2019 March>

NEW!!! 地元守山市の図書館でトークショーをします!!(๑>◡<๑)

20190313_040336

来たる3/31日曜日に、昨年リニューアルした守山市立図書館にて中島桃果子トークショーを行います!*・'(*゚▽゚*)'・*:タイトルは「Gifted」(ギフテッド)

本来のギフテッドの意味をまた違う角度から見つめ、イベントが終わったときにまた違ったイメージでこのタイトルを見直せるような、
そんな企画にしたいと思います^ - ^

今回図書館長さんと「なにかエンターテイメント的な楽しめる要素があるとよいね」

とのことで、親友のジャズシンガーの千穂さんとピアニスト上山くんの企画「&pianist」をお招きする運びとなりました٩(๑❛ᴗ❛๑)۶ みなさま、お待ちしています!

後援はもちろん「がんこ堂」さん。
なお「東京発シガ行→」2019年3月号も配布が始まっています。

 

Img_3200_2

(今月から冊子になりました!)

 

かぐらむら
■冊子で読みたい→http://kaguramura.jp/store
■WEBで読みたい→http://kaguramura.jp/symphony(まだ反映されてません

■「かぐらむら」バックナンバー
【第1回】「時代の”今”を見つめて”誰か”のために筆をとり続けた人」
【第2回】「太陽と太陽の結婚」(前編)

【第3回】ふたりを繋ぎ留めるもの(「太陽と太陽の結婚」後編

【第4回】時代の森羅万象を映し続けた鏡(長谷川時雨と”女人藝術”)

【第5回】「ルンペンの日記」(林芙美子と長谷川時雨)
【最終回】「Personal-彼女の場合」(長谷川時雨とその人生)

 

タイトルをクリック!

店舗一覧はこちら
「かぐらむら」HPはこちら! 
なお「Note」にて「時雨こぼれ話」を随時発信中です!
合わせてお読みくださいませ

| | コメント (0)

2019年2月15日 (金)

Top&News!!<2019 Feb>

中島桃果子は、芝居をこよなく愛する日本の小説家です
江國香織氏の選考により第4回新潮エンターテイメント大賞(2008)を受賞し
2009.1月 新潮社刊「蝶番」で デビュー。滋賀県守山市生まれ。神楽坂在住。
この2つの町を大切にしていきます
「本のがんこ堂 」さんとコラボして月1エッセイ「#東京発シガ行」連載中👋🏻去年「かぐらむら」で連載していた「時雨美人伝」のアーカイヴもnoteに掲載しています。

モリヤマモカコの「東京発シガ行」2月号配布開始しました!

Dyysqkeu0aajarljpglarge

この写真は隈研吾さんによってリニューアルされた守山市立図書館の1FのCafe Gankodoのものです

| | コメント (0)

2018年10月25日 (木)

Top&News!!<2018 October&November>

中島桃果子は、芝居をこよなく愛する日本の小説家です。
現在、神楽坂のタウン誌「かぐらむら」に、長谷川時雨さんの評伝を連載中。

桃果子時雨美人伝by  最終回(100号)配布開始されました!

*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・*

Img_7210

#時雨美人伝 も最終回となり、「かぐらむら」も有終の美を飾り長い歴史に幕を降ろしました。

 最終回のタイトルは「Personal-彼女の場合」です。

Img_7211

神楽坂のいろんなお店で手に入りますので、ぜひ手にとってみてくださいませ( ´ ▽ ` )ノ

「かぐらむら」HPはこちら! 

なお「Note」にて「時雨こぼれ話」を随時発信中です!
合わせてお読みくださいませ

滋賀県の本屋「本のがんこ堂」さんとコラボした月1エッセイ
「Tokyo発、シガ行き⇨」 始まりました!!!お近くのがんこ堂さんまで。

20181119_235747

KUMAMOKU Project  by Aritsitc Pantie

去年から始めたKUMAMOKUプロジェクトですが
HPができました!!!
  

🌳


20180803_200132

ブログも新しくなっています、ぜひご覧くださいませ!

* * * * *

中島桃果子のこれまでの著作など

《小説/単行本》
「蝶番」(新潮社 2009年)
「魔女と金魚」(幻冬舎 2010年)
「夕日に帆をあげて、笑うは懐かしいあなた」(朝日新聞出版 2010年)
「誰かJuneを知らないか」(祥伝社 2012年)

《短篇または文庫本》
多作家短編集「スタートライン 始まりをめぐる19の物語」(幻冬舎 2010年)
「Feel Love Vol.13 2011.3.11」(多作家短編 祥伝社ムック)
多作家短編集「眠らないため息」(幻冬舎 2011年)
多作家短篇集「密やかな口づけ」(幻冬舎 2014年)
文庫版「魔女と金魚」(幻冬舎2014年)

《エッセイ》
「はざまの散歩」(ジェイノベル2009年7月号)
「life has a funny,funny way of healping you out」(ポンツーン2011年7月号/忘れられないメロディ)
「世界がひっくりかえった日」(feel love vo.13/2011.3.11 そして今わたしが思うこと)

《官能ライトノベル》
「艶蜜花サーカス〜フィリア・ドゥ・フェティソ〜」(KADOKAWA / フルール文庫 2013年)
「甘滴恋情事(あまだれこいじょうじ)」(KADOKAWA/フルール文庫 2014年)

その他、これまでの中島桃果子の歩みはwikipediaを参照くださいませ★
(加筆も歓迎です!)

**  ***    **

2015年1月中旬〜ひと月ほど、幻冬舎とJACFのお仕事でUAEに行って参りました。そのレポなどはこちらから☆
http://mocatina.cocolog-nifty.com/blog/2015/01/post-d20e.html


**  ***    **

 日々のこと

月モカこと「月曜モカ子の私的モチーフ」は、
毎週月曜日更新です☆

絵・Miho Kingo

| | コメント (0)

2018年8月 3日 (金)

Top&News!! <2018 August>

中島桃果子は、芝居をこよなく愛する日本の小説家です。
現在、神楽坂のタウン誌「かぐらむら」に、長谷川時雨さんの評伝を連載中。

時雨美人by かぐらむら 第5回(99号)配布開始されました!
*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・*

Img_5784_10
Img_5791_3

 
#時雨美人伝 第5回は「林芙美子」にスポットを当てています。

 タイトルは、林芙美子と長谷川時雨ー「ルンペンの日記(市ヶ谷左内町/放浪記)」

Img_5785

神楽坂のいろんなお店で手に入りますので、ぜひ手にとってみてくださいませ( ´ ▽ ` )ノ

【かぐらむら】
■冊子で読みたい→http://kaguramura.jp/store
■WEBで読みたい→http://kaguramura.jp/symphony(まだ反映されてません

■「かぐらむら」バックナンバー
【第1回】「時代の”今”を見つめて”誰か”のために筆をとり続けた人」
【第2回】「太陽と太陽の結婚」(前編)

【第3回】ふたりを繋ぎ留めるもの(「太陽と太陽の結婚」後編

【第4回】時代の森羅万象を映し続けた鏡(長谷川時雨と”女人藝術”)

タイトルをクリック!

店舗一覧はこちら

「かぐらむら」HPはこちら! 
遠方、地方の方は、ArtisticPantieのSTORE から、
「かぐらむら」のバックナンバーを購入していただけます!
※「今すぐ購入する」ボタンをクリックするとショートカットで購入ページに飛びます。ボタンを押しても購入は直ちに完了しませんのでご安心を!


KUMAMOKU Project  by Aritsitc Pantie

去年から始めたKUMAMOKUプロジェクトですが
HPができました!!!
  

🌳


20180803_200132

ブログも新しくなっています、ぜひご覧くださいませ!

* * * * *


お仕事の依頼について
現在書き上がっていない長編が3つあるので書き下ろしのお仕事は受けられないのですが、読み切り短編、連載、エッセイであればお受けできます。
また、ラジオ、テレビ、呼ばれればどこへでもでます。
(こんなわたしに出来ることがあるのなら)
よろしくどうぞ。

連絡先📩 moccatina@gmail.com


* * * * *

 

中島桃果子のこれまでの著作など

《小説/単行本》
「蝶番」(新潮社 2009年)
「魔女と金魚」(幻冬舎 2010年)
「夕日に帆をあげて、笑うは懐かしいあなた」(朝日新聞出版 2010年)
「誰かJuneを知らないか」(祥伝社 2012年)

《短篇または文庫本》
多作家短編集「スタートライン 始まりをめぐる19の物語」(幻冬舎 2010年)
「Feel Love Vol.13 2011.3.11」(多作家短編 祥伝社ムック)
多作家短編集「眠らないため息」(幻冬舎 2011年)
多作家短篇集「密やかな口づけ」(幻冬舎 2014年)
文庫版「魔女と金魚」(幻冬舎2014年)

《エッセイ》
「はざまの散歩」(ジェイノベル2009年7月号)
「life has a funny,funny way of healping you out」(ポンツーン2011年7月号/忘れられないメロディ)
「世界がひっくりかえった日」(feel love vo.13/2011.3.11 そして今わたしが思うこと)

《官能ライトノベル》
「艶蜜花サーカス〜フィリア・ドゥ・フェティソ〜」(KADOKAWA / フルール文庫 2013年)
「甘滴恋情事(あまだれこいじょうじ)」(KADOKAWA/フルール文庫 2014年)

その他、これまでの中島桃果子の歩みはwikipediaを参照くださいませ★
(加筆も歓迎です!)

**  ***    **

2015年1月中旬〜ひと月ほど、幻冬舎とJACFのお仕事でUAEに行って参りました。そのレポなどはこちらから☆
http://mocatina.cocolog-nifty.com/blog/2015/01/post-d20e.html


**  ***    **

 日々のこと

月モカこと「月曜モカ子の私的モチーフ」は、
毎週月曜日更新です☆


絵・Miho Kingo

| | コメント (0)

2018年6月23日 (土)

Top&News!! <2018 June & July>

中島桃果子は、芝居をこよなく愛する日本の小説家です。
現在、神楽坂のタウン誌「かぐらむら」に、長谷川時雨さんの評伝を連載中。

桃果子時雨美人by かぐらむら 第4回(98号)配布開始されました!
*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・*

Img_4138

#時雨美人伝 第4回は「女人芸術」にスポットを当てています。
 タイトルは、長谷川時雨と女人芸術ー
「時代の森羅万象を映し続けた鏡」

神楽坂のいろんなお店で手に入りますので、ぜひ手にとってみてくださいませ( ´ ▽ ` )ノ

【かぐらむら】
■冊子で読みたい→http://kaguramura.jp/store
■WEBで読みたい→http://kaguramura.jp/symphony(【第4回】のみ)
■「かぐらむら」バックナンバー
【第1回】「時代の”今”を見つめて”誰か”のために筆をとり続けた人」
【第2回】「太陽と太陽の結婚」(前編)

【第3回】ふたりを繋ぎ留めるもの(「太陽と太陽の結婚」後編

タイトルをクリック!

店舗一覧はこちら

「かぐらむら」HPはこちら! 
遠方、地方の方は、ArtisticPantieのSTORE から、
「かぐらむら」のバックナンバーを購入していただけます!
※「今すぐ購入する」ボタンをクリックするとショートカットで購入ページに飛びます。ボタンを押しても購入は直ちに完了しませんのでご安心を!


KUMAMOKU Project  by Aritsitc Pantie

去年から始めたKUMAMOKUプロジェクトですが、

実はカタログを作りました☺️
カタログ内の文章は中島桃果子としてわたしが担当しております。
写真はMihoKingo、おなじみのクルーです。

なかなかステキなカタログになりました、また追ってお知らせします

🌳


Img_3521
[写真をクリックするとオンラインで閲覧できますカタログの購入も可能です]

* * * * *

お仕事の依頼について
現在書き上がっていない長編が3つあるので書き下ろしのお仕事は受けられないのですが、読み切り短編、連載、エッセイであればお受けできます。
また、ラジオ、テレビ、呼ばれればどこへでもでます。
(こんなわたしに出来ることがあるのなら)
よろしくどうぞ。

連絡先📩 moccatina@gmail.com


* * * * *

 

中島桃果子のこれまでの著作など

《小説/単行本》
「蝶番」(新潮社 2009年)
「魔女と金魚」(幻冬舎 2010年)
「夕日に帆をあげて、笑うは懐かしいあなた」(朝日新聞出版 2010年)
「誰かJuneを知らないか」(祥伝社 2012年)

《短篇または文庫本》
多作家短編集「スタートライン 始まりをめぐる19の物語」(幻冬舎 2010年)
「Feel Love Vol.13 2011.3.11」(多作家短編 祥伝社ムック)
多作家短編集「眠らないため息」(幻冬舎 2011年)
多作家短篇集「密やかな口づけ」(幻冬舎 2014年)
文庫版「魔女と金魚」(幻冬舎2014年)

《エッセイ》
「はざまの散歩」(ジェイノベル2009年7月号)
「life has a funny,funny way of healping you out」(ポンツーン2011年7月号/忘れられないメロディ)
「世界がひっくりかえった日」(feel love vo.13/2011.3.11 そして今わたしが思うこと)

《官能ライトノベル》
「艶蜜花サーカス〜フィリア・ドゥ・フェティソ〜」(KADOKAWA / フルール文庫 2013年)
「甘滴恋情事(あまだれこいじょうじ)」(KADOKAWA/フルール文庫 2014年)

その他、これまでの中島桃果子の歩みはwikipediaを参照くださいませ★
(加筆も歓迎です!)

**  ***    **

2015年1月中旬〜ひと月ほど、幻冬舎とJACFのお仕事でUAEに行って参りました。そのレポなどはこちらから☆
http://mocatina.cocolog-nifty.com/blog/2015/01/post-d20e.html


**  ***    **

 日々のこと

月モカこと「月曜モカ子の私的モチーフ」は、
毎週月曜日更新です☆


絵・Miho Kingo

| | コメント (0)

2018年5月15日 (火)

Top&News!! <2018 May>

中島桃果子は、芝居をこよなく愛する日本の小説家です。
現在、神楽坂のタウン誌「かぐらむら」に、長谷川時雨さんの評伝を連載中。

New!!! 2018.5.12より、携わった映画、
「蝶の眠り」が公開されています!

5.12sat公開の映画「蝶の眠り🦋」で、小説家役の さんの手と字をわたしが担当しています。映画に映る原稿たちも製作しています!(しかも書き下ろしで!笑)監督のこだわりが細部まで行き届いた映画。皆様よろしく❗️  

「蝶の眠り」HPはこちら

* *          * *           * *

「桃果子の時雨美人伝」by かぐらむら

第3回の今回は「太陽と太陽の結婚」の続編として、引き続き激愛夫妻のことを書いています。
タイトルは
ふたりを繋ぎ留めるもの
神楽坂のいろんなお店で手に入りますので、ぜひ手にとってみてくださいませ( ´ ▽ ` )ノ

【かぐらむら】
■冊子で読みたい→http://kaguramura.jp/store
■WEBで読みたい→http://kaguramura.jp/symphony(【第3回】のみ)
■「かぐらむら」バックナンバー
【第1回】「時代の”今”を見つめて”誰か”のために筆をとり続けた人」
【第2回】「太陽と太陽の結婚」(前編)

タイトルをクリック!

Img_3468

店舗一覧はこちら

「かぐらむら」HPはこちら! 
遠方、地方の方は、ArtisticPantieのSTORE から、
「かぐらむら」のバックナンバーを購入していただけます!
※「今すぐ購入する」ボタンをクリックするとショートカットで購入ページに飛びます。ボタンを押しても購入は直ちに完了しませんのでご安心を!


KUMAMOKU Project  by Aritsitc Pantie

去年から始めたKUMAMOKUプロジェクトですが、

実はカタログを作りました☺️
カタログ内の文章は中島桃果子としてわたしが担当しております。
写真はMihoKingo、おなじみのクルーです。

なかなかステキなカタログになりました、また追ってお知らせします

🌳


Img_3521
[写真をクリックするとオンラインで閲覧できますカタログの購入も可能です]

* * * * *

お仕事の依頼について
現在書き上がっていない長編が3つあるので書き下ろしのお仕事は受けられないのですが、読み切り短編、連載、エッセイであればお受けできます。
また、ラジオ、テレビ、呼ばれればどこへでもでます。
(こんなわたしに出来ることがあるのなら)
よろしくどうぞ。

連絡先📩 moccatina@gmail.com


* * * * *

 

中島桃果子のこれまでの著作など

《小説/単行本》
「蝶番」(新潮社 2009年)
「魔女と金魚」(幻冬舎 2010年)
「夕日に帆をあげて、笑うは懐かしいあなた」(朝日新聞出版 2010年)
「誰かJuneを知らないか」(祥伝社 2012年)

《短篇または文庫本》
多作家短編集「スタートライン 始まりをめぐる19の物語」(幻冬舎 2010年)
「Feel Love Vol.13 2011.3.11」(多作家短編 祥伝社ムック)
多作家短編集「眠らないため息」(幻冬舎 2011年)
多作家短篇集「密やかな口づけ」(幻冬舎 2014年)
文庫版「魔女と金魚」(幻冬舎2014年)

《エッセイ》
「はざまの散歩」(ジェイノベル2009年7月号)
「life has a funny,funny way of healping you out」(ポンツーン2011年7月号/忘れられないメロディ)
「世界がひっくりかえった日」(feel love vo.13/2011.3.11 そして今わたしが思うこと)

《官能ライトノベル》
「艶蜜花サーカス〜フィリア・ドゥ・フェティソ〜」(KADOKAWA / フルール文庫 2013年)
「甘滴恋情事(あまだれこいじょうじ)」(KADOKAWA/フルール文庫 2014年)

その他、これまでの中島桃果子の歩みはwikipediaを参照くださいませ★
(加筆も歓迎です!)

**  ***    **

2015年1月中旬〜ひと月ほど、幻冬舎とJACFのお仕事でUAEに行って参りました。そのレポなどはこちらから☆
http://mocatina.cocolog-nifty.com/blog/2015/01/post-d20e.html


**  ***    **

 日々のこと

月モカこと「月曜モカ子の私的モチーフ」は、
毎週月曜日更新です☆

絵・Miho Kingo

| | コメント (0)

2018年4月16日 (月)

Top&News!! <2018 April>

中島桃果子は、芝居をこよなく愛する日本の小説家です。
現在、神楽坂のタウン誌「かぐらむら」に、長谷川時雨さんの評伝を連載中。

New!! ”かぐらむら”97号の配布が始まりました!

第3回の今回は「太陽と太陽の結婚」の続編として、引き続き激愛夫妻のことを書いています。
タイトルは
ふたりを繋ぎ留めるもの
神楽坂のいろんなお店で手に入りますので、ぜひ手にとってみてくださいませ( ´ ▽ ` )ノ

【かぐらむら】
■冊子で読みたい→http://kaguramura.jp/store
■WEBで読みたい→http://kaguramura.jp/symphonyImg_3468

Img_3470

店舗一覧はこちら

「かぐらむら」HPはこちら! 
遠方、地方の方は、ArtisticPantieのSTORE から、
「かぐらむら」のバックナンバーを購入していただけます!
※「今すぐ購入する」ボタンをクリックするとショートカットで購入ページに飛びます。ボタンを押しても購入は直ちに完了しませんのでご安心を!


KUMAMOKU Project  by Aritsitc Pantie

去年から始めたKUMAMOKUプロジェクトですが、

実はカタログを作りました☺️
カタログ内の文章は中島桃果子としてわたしが担当しております。
写真はMihoKingo、おなじみのクルーです。

なかなかステキなカタログになりました、また追ってお知らせします

🌳


Img_3521
[写真をクリックするとオンラインで閲覧できますカタログの購入も可能です]

* * * * *

お仕事の依頼について
現在書き上がっていない長編が3つあるので書き下ろしのお仕事は受けられないのですが、読み切り短編、連載、エッセイであれば全力でお受けできます。
また、ラジオ、テレビ、呼ばれればどこへでもでます。
(こんなわたしに出来ることがあるのなら)
よろしくどうぞ。

連絡先📩 moccatina@gmail.com


* * * * *

 

中島桃果子のこれまでの著作など

《小説/単行本》
「蝶番」(新潮社 2009年)
「魔女と金魚」(幻冬舎 2010年)
「夕日に帆をあげて、笑うは懐かしいあなた」(朝日新聞出版 2010年)
「誰かJuneを知らないか」(祥伝社 2012年)

《短篇または文庫本》
多作家短編集「スタートライン 始まりをめぐる19の物語」(幻冬舎 2010年)
「Feel Love Vol.13 2011.3.11」(多作家短編 祥伝社ムック)
多作家短編集「眠らないため息」(幻冬舎 2011年)
多作家短篇集「密やかな口づけ」(幻冬舎 2014年)
文庫版「魔女と金魚」(幻冬舎2014年)

《エッセイ》
「はざまの散歩」(ジェイノベル2009年7月号)
「life has a funny,funny way of healping you out」(ポンツーン2011年7月号/忘れられないメロディ)
「世界がひっくりかえった日」(feel love vo.13/2011.3.11 そして今わたしが思うこと)

《官能ライトノベル》
「艶蜜花サーカス〜フィリア・ドゥ・フェティソ〜」(KADOKAWA / フルール文庫 2013年)
「甘滴恋情事(あまだれこいじょうじ)」(KADOKAWA/フルール文庫 2014年)

その他、これまでの中島桃果子の歩みはwikipediaを参照くださいませ★
(加筆も歓迎です!)

**  ***    **

2015年1月中旬〜ひと月ほど、幻冬舎とJACFのお仕事でUAEに行って参りました。そのレポなどはこちらから☆
http://mocatina.cocolog-nifty.com/blog/2015/01/post-d20e.html


**  ***    **

 日々のこと

月モカこと「月曜モカ子の私的モチーフ」は、
毎週月曜日更新です☆

_180402_0069

絵・Miho Kingo

| | コメント (0)

2018年1月15日 (月)

Top&News 2018 Jan

中島桃果子は、芝居をこよなく愛する日本の小説家です。
現在、新作を執筆中。


Mocako2018rgb_2

あけましておめでとうございます。
年始からインフルエンザになってしまいご挨拶が遅くなりましたが、
本年度もよろしくお願いいたします


本年度は町の作家であることを大切に、地元(神楽坂・守山)に根付いた活動を、していきたいと思います

そんなわけで・・・
<かぐらむら

Img_1401

店舗一覧はこちら
「かぐらむら」HPはこちら! 
遠方、地方の方は、ArtisticPantieのSTOREから、
「かぐらむら」購入していただけます!(画像をクリック
※「今すぐ購入する」ボタンをクリックするとショートカットで購入ページに飛びます。ボタンを押しても購入は直ちに完了しませんのでご安心を!

Img_1427

【お仕事の依頼について

現在書き上がっていない長編が3つあるので書き下ろしのお仕事は受けられないのですが、読み切り短編、連載、エッセイであれば全力でお受けできます。
また、ラジオ、テレビ、呼ばれればどこへでもでます。
(こんなわたしに出来ることがあるのなら)
よろしくどうぞ。

連絡先📩 moccatina@gmail.com


* * * * *


【故郷のニュース
Img_3104_2
地元の本屋さん「がんこ堂守山駅前店」が再オープンしました!!

 

ーーーーーーーーーーーーーー

中島桃果子のこれまでの著作など

《小説/単行本》
「蝶番」(新潮社 2009年)
「魔女と金魚」(幻冬舎 2010年)
「夕日に帆をあげて、笑うは懐かしいあなた」(朝日新聞出版 2010年)
「誰かJuneを知らないか」(祥伝社 2012年)

《短篇または文庫本》
多作家短編集「スタートライン 始まりをめぐる19の物語」(幻冬舎 2010年)
「Feel Love Vol.13 2011.3.11」(多作家短編 祥伝社ムック)
多作家短編集「眠らないため息」(幻冬舎 2011年)
多作家短篇集「密やかな口づけ」(幻冬舎 2014年)
文庫版「魔女と金魚」(幻冬舎2014年)

《エッセイ》
「はざまの散歩」(ジェイノベル2009年7月号)
「life has a funny,funny way of healping you out」(ポンツーン2011年7月号/忘れられないメロディ)
「世界がひっくりかえった日」(feel love vo.13/2011.3.11 そして今わたしが思うこと)

《官能ライトノベル》
「艶蜜花サーカス〜フィリア・ドゥ・フェティソ〜」(KADOKAWA / フルール文庫 2013年)
「甘滴恋情事(あまだれこいじょうじ)」(KADOKAWA/フルール文庫 2014年)

その他、これまでの中島桃果子の歩みはwikipediaを参照くださいませ★
(加筆も歓迎です!)

**  ***    **

2015年1月中旬〜ひと月ほど、幻冬舎とJACFのお仕事でUAEに行って参りました。そのレポなどはこちらから☆
http://mocatina.cocolog-nifty.com/blog/2015/01/post-d20e.html


**  ***    **


KUMAMOKU Project  by Aritsitc Pantie
親友のご両親が営まれている一枚板の熊田木材工芸。
その仕事をみんなに知ってもらい素敵な家具たちの住処を探すプロジェクトを、2017年度より始めました!

20180115_233041
まずはブログ「木のまにまに」をご覧ください☆
 

**   ***   **

 日々のこと

月モカこと「月曜モカ子の私的モチーフ」は、
毎週月曜日更新です☆

_180101_0056
絵・Miho Kingo

| | コメント (0)

2017年11月13日 (月)

TOP&NEWS!!【2017 November】

中島桃果子は、芝居をこよなく愛する日本の小説家です。
現在、新作を執筆中。

【NEW!!
Fullsizerender_7

神楽坂で隔月発行されている地域の冊子「かぐらむら」にて、
次号95号〜100号まで、わたしの書いた評伝が掲載されることになりました!親愛なる大家「長谷川時雨」さんについての評伝で、
時雨さんの代表作の一つとも言える「美人伝」をオマージュして、
タイトルは『桃果子の時雨美人伝』に決まりました。
評伝は初めてです。丁寧につとめさせていただきます!

第一回は12月1日の配布です。詳細はまたブログにて。



【お仕事の依頼について

現在書き上がっていない長編が3つあるので書き下ろしのお仕事は受けられないのですが、読み切り短編、連載、エッセイであれば全力でお受けできます。
また、ラジオ、テレビ、呼ばれればどこへでもでます。
(こんなわたしに出来ることがあるのなら)
よろしくどうぞ。

連絡先📩 moccatina@gmail.com

**   ***   **

中島桃果子のこれまでの著作など

《小説/単行本》
「蝶番」(新潮社 2009年)
「魔女と金魚」(幻冬舎 2010年)
「夕日に帆をあげて、笑うは懐かしいあなた」(朝日新聞出版 2010年)
「誰かJuneを知らないか」(祥伝社 2012年)

《短篇または文庫本》
多作家短編集「スタートライン 始まりをめぐる19の物語」(幻冬舎 2010年)
「Feel Love Vol.13 2011.3.11」(多作家短編 祥伝社ムック)
多作家短編集「眠らないため息」(幻冬舎 2011年)
多作家短篇集「密やかな口づけ」(幻冬舎 2014年)
文庫版「魔女と金魚」(幻冬舎2014年)

《エッセイ》
「はざまの散歩」(ジェイノベル2009年7月号)
「life has a funny,funny way of healping you out」(ポンツーン2011年7月号/忘れられないメロディ)
「世界がひっくりかえった日」(feel love vo.13/2011.3.11 そして今わたしが思うこと)

《官能ライトノベル》
「艶蜜花サーカス〜フィリア・ドゥ・フェティソ〜」(KADOKAWA / フルール文庫 2013年)
「甘滴恋情事(あまだれこいじょうじ)」(KADOKAWA/フルール文庫 2014年)

その他、これまでの中島桃果子の歩みはwikipediaを参照くださいませ★
(加筆も歓迎です!)

**  ***    **

2015年1月中旬〜ひと月ほど、幻冬舎とJACFのお仕事でUAEに行って参りました。そのレポなどはこちらから☆
http://mocatina.cocolog-nifty.com/blog/2015/01/post-d20e.html


**  ***    **


KUMAMOKU Project  by Aritsitc Pantie
親友のご両親が営まれている一枚板の熊田木材工芸。
その仕事をみんなに知ってもらい素敵な家具たちの住処を探すプロジェクトを、2017年度より始めました!

Img_1134

まずはブログ「木のまにまに」をご覧ください☆
 

**   ***   **

うたタネ♪-Salon de Utatane-💫」
うたタネ♪Utatane June&July「どこのドイツ人」は、盛況の中、無事終幕いたしました! 一緒に過ごしてくださった皆様に感謝して

気になる方はこちらからご覧ください

 

**   ***   **

 日々のことはこちらから 

<月モカ!!> 週1エッセイ
月モカこと「月曜モカ子の私的モチーフ」は、
毎週月曜日更新です☆
_170731_0040

絵・Miho Kingo

 <Mocastagram>オフィシャルInstagram

∞モカスタグラム∞
20170511_052049_2
20170511_052531
 

<Twitter>@moccatina

| | コメント (0)

2017年5月 1日 (月)

TOP&NEWS!!【2017 May】

Img_7693
新作を書き進めています。
5月は本作と向き合うひと月にします
海の上は凪ですが、深海に我あり。笑。
写真は久しぶりに幻冬舎の壺井さんと。
(これは単に壺井さんがお誕生日祝いをしてくれた時の写真で、今書いている新作と幻冬舎は現在のところ無関係です。でもモチーフは壺井さんと以前話していたものなので壺井さんの写真を載せてみた)

「クマモク」がなんとキナリノに掲載!!

《お知らせ(*´∇`*)》
クマモクこと「熊田木材工芸」のテーブル写真が、「キナリノ」さんに掲載されました❗️
「キナリノ」とは、”暮らしを素敵に丁寧に”をコンセプトにファッションや雑貨などを取り上げているキュレーションサイトです。
3月の頭にみなの力を借りて撮影を行った、その写真が「キナリノ」さんの目にとまり取り上げて頂きました。
クマモクにとっては大きな一歩です。

#キナリノ #熊田木材工芸 #KUMAMOKU

20170511_050854
(⇧クリック)

「クマモクプロジェクトとは」・・・うたタネ♪ を一緒にやっている親友のご両親が作られた素晴らしい銘木テーブルがもう長いあいだ岩槻の展示場で眠っていることを知り、それらの本来の居場所を探していくプロジェクトです!
Produced by Aritsitc Pantieで始めました!
(ArtisticPantieとは、2007年にわたしが立ち上げた女人芸術集団です)
まずはブログ「木のまにまに」をご覧ください☆
 

**   ***   **


今年から、こんなIsntagram始め
ました!
Mocabrary

中島桃果子による偏愛的読書と偏愛的執筆の為の小部屋へようこそ。
のんびり少しづつ更新していくつもりです。
mocabraryはこちらから

**   ***   **

about「うたタネ♪-Salon de Utatane-💫」
うたタネ♪Utatane Feb「メルディガードの夜」は、
ぐんと大人な一夜となりました。
一緒に過ごしてくださった皆様に感謝して

気になる方はこちらからご覧ください

**   ***   **

中島桃果子のこれまでの著作など

《小説/単行本》
「蝶番」(新潮社 2009年)
「魔女と金魚」(幻冬舎 2010年)
「夕日に帆をあげて、笑うは懐かしいあなた」(朝日新聞出版 2010年)
「誰かJuneを知らないか」(祥伝社 2012年)

《短篇または文庫本》
多作家短編集「スタートライン 始まりをめぐる19の物語」(幻冬舎 2010年)
「Feel Love Vol.13 2011.3.11」(多作家短編 祥伝社ムック)
多作家短編集「眠らないため息」(幻冬舎 2011年)
多作家短篇集「密やかな口づけ」(幻冬舎 2014年)
文庫版「魔女と金魚」(幻冬舎2014年)

《エッセイ》
「はざまの散歩」(ジェイノベル2009年7月号)
「life has a funny,funny way of healping you out」(ポンツーン2011年7月号/忘れられないメロディ)
「世界がひっくりかえった日」(feel love vo.13/2011.3.11 そして今わたしが思うこと)

《官能ライトノベル》
「艶蜜花サーカス〜フィリア・ドゥ・フェティソ〜」(KADOKAWA / フルール文庫 2013年)
「甘滴恋情事(あまだれこいじょうじ)」(KADOKAWA/フルール文庫 2014年)

その他、これまでの中島桃果子の歩みはwikipediaを参照くださいませ★
(加筆も歓迎です!)

**  ***    **

2015年1月中旬〜ひと月ほど、幻冬舎とJACFのお仕事でUAEに行って参りました。そのレポなどはこちらから☆
http://mocatina.cocolog-nifty.com/blog/2015/01/post-d20e.html


**  ***    **
日々のことはこちらから 

<月モカ!!> 週1エッセイ
月モカこと「月曜モカ子の私的モチーフ」は、
毎週月曜日更新です☆
Img_8092
最新回の「カオス」は、ねじリズムのことを書きました

 

<Mocastagram>オフィシャルInstagram
∞モカコスモ☆桃果子的宇宙∞

20170511_052049_2
20170511_052531

 

<Twitter>@moccatina

 

 

| | コメント (0)

より以前の記事一覧