サロンdeうたタネ♪

2016年9月24日 (土)

ご来場ありがとうございました!

みなさんこんにちは。

先週のサロン再開にきてくださったみなさまありがとうございます。
きてくださったみなさまに、個人的にお礼メールしたりなんかして、ご挨拶済んだ気でいましたが、ここでのご挨拶遅れましたこと大変申し訳ありません(T . T)

サロン再開は大盛況にて、幕を閉じることができました。その閉じがたい幕を再び10月16日に上げることを決めたのですが、それはまた、後ほど。

まずはみなさまに支えられて無事神楽坂10colorsにサロンが帰ってこられたことをここに報告いたします、いつもありがとうございます。

夫人に扮するところの中島

20160919_5082
 

| | コメント (0)

2016年5月30日 (月)

【戯曲】小さな惑星の音楽家

※サロンで5月30日に実際に使用した戯曲です。

月刊 杉浦秀明 サロン台本5.30 <セカンドステージ>

演奏をしている小さな惑星の音楽家。
そこにどこからともなく歌声が重なって。音楽家はそれに気づく。

明転。 

「・・・えっ!?」

銀河の歌姫「どうも」おじぎする

 

音楽家「えっっと・・・ああ」

銀河の歌姫「(再び)こんにちは」おじぎする

音楽家「いや、あの、なんて言ったらいいのかなあ、その・・・この惑星には、あまり“誰か”が訪ねてくるようなことがないので・・・いや・・確かに、僕は、ずっと、誰かのために、というか、僕たちのために音楽を奏でてはきたのだけれど」

 

歌姫「わたしは銀河の歌姫です。

(まず音楽家に向かってそう言ったと、見えない誰かが、そういえばいるんだったわ、的な感じでこんどは観客に向かって)

えっと、初めまして、皆さん。わたしとある惑星(わくせい)ではもう長いこと歌を歌っている歌姫です。その惑星ではわたしは沢山の人に知られていて、

わたしの歌も、たくさんの人に知られていて、

いわゆる、どこかの星の言葉をつかうと、わたしは「成功」しました。

けれど、今、わたしはとてもたいくつしているんです。

すべての音楽が、わたしの周りにあるすべての音楽が、

何か出来上がりすぎている気がして」

 

音楽家「できあがりすぎている?」

歌姫「ええ」

音楽家「えっと・・・出来上がりすぎている、というのは、一体どう言ったようなことを言うのだろう?」

 

音楽家、歌姫、アドリブで音楽談義。

歌姫、その前の音楽家の演奏を引き合いに出してもいい。

(しばらくやりとり)

 

歌姫「それで、その・・・わたしと一緒に、何か音楽を作ってくれませんか?」

音楽家「一緒に?」

歌姫「ええ。音楽・・・というより“音”のようなものでも構いません」

 

音楽家しばらく考える(嫌そうな感じや、気が重い感じではなく)

その後、歌姫に向かって、

 

音楽家「えっと、それでは・・僕に少し思いあたるものがあるので、ええと・・・・

(会場に向かって)

僕にこの詩を、送ってきたひとは誰かな? 送ってきたと言っても、届いてきたということなんだけども」

詩人、おずおずと手をあげる。

音楽家「君か。君は詩人だね」

 

詩人「わからないです。わたし・・・わたしはただのパン屋の娘で・・けれども時々、やってしまうんです、こう、紙になにかを書きつけるのがくせみたいで・・・あの・・・あれ?(詩人変な感じに襲われる)これと同じようなことが、
ほんの少し前にもあったような気が・・・」

 

音楽家「同じようなこと?」

 

詩人「あ、いや、いいんです。(クマ子を見て驚く)

ここにこんな風にあなたがい・・・・・・・(自分自身を納得させて)初めまして」

 

歌姫「(?)初めまして」

 

音楽家「とにかく君は、僕にこの言葉をおくってきたね」

「うたう島」

 

歌姫(コロスのように)「うたう島・・・」

 

詩人「あ、はい」

 

音楽家「これにはどういった思いが込められているのかな」

 

詩人「(アドリブでなんかいける?)」

 

音楽家「どうだろう?これを3人でやってみるっていうのは」

 

詩人、歌姫「ええっつ!?」

 

歌姫「えええっ!いい、い、いますぐですか? いや確かに、音のようなものでも構いませんとは言いましたけど、わたしの音楽というのは、わたしの星では歌、といって、音楽に言葉が載っています。それで決まった旋律というのがあって、

それを弾いてもらって、わたしはいつも歌うのですけど・・・そんないきなり、生まれるものではないのです」

 

音楽家「そうだろうか。僕はそうは思わない」

 

音楽家「(詩人に)少し読んでみてくれる?(歌姫に)君はさっきのように、それに音を重ねて」

 

音楽家ピアノ弾く。それに合わせて、朗読ではなくブツブツ読み上げる詩人。

クマ子、音を重ねる。照明、ストロボ的な感じ。

 

音楽家「(歴然と言い切る)わかった、それでは始めよう」

 

音楽家、一気に「うたう島」のイントロを弾き始める。

 

そして詩と音楽と歌が始まる。

ーーー戯曲 中島桃果子ーーー

これらをご覧になって、「へえ!あそこアドリブだったんだ!!」とか、
思う方もいらっしゃるかも。

検証してみたい方はブログのトップページより「うたう島」の動画をご覧くださいconfident

| | コメント (0)

2016年5月20日 (金)

Wide awake♪

先日のサロンのエフェクト調整動画からの・・・wide awake♪
今日はダイジェスト版♪
katy perryのこの曲、実は去年5.31の「うたタネ」ではMゼロ(開演時の音楽)に使いました。
1年経って今年はクマ子が銀河の歌姫として歌います。
全貌は来週サロンにて!!エフェクトがかかったクマ子の歌はSF的で、予算があったらすっごいキャシャーンな衣装とか着せたいです(妄想)


| | コメント (0)

2016年5月 2日 (月)

「月刊 杉浦秀明」ー予告編ー

| | コメント (0)

2016年4月10日 (日)

秋扇

クマ子から新しい帽子を、中也賞詩人から扇子を頂き喜ぶお誕生日の夫人。

詩人「ほんとうは秋に買ってあって渡そうとおもったのですが、秋扇ってあまりよくないと聞いたので…」

秋扇とはもう要らなくなったもの、盛りを過ぎたもの表す言葉らしい。笑。秋に扇子、なるほどね。若い女優がお局女優の楽屋に差し入れしそう。

| | コメント (0)

2016年3月28日 (月)

水曜クマ子の音楽語り

最近、サロンについてから変身すると、色んな雑務に追われてソワソワするので、この状態でサロンに向かっています。笑。

今日はピアニストのいない「スナック日和」
当然LIVEを楽しみにくる人たちはいらっしゃらないし、静かな1日となるのだが、ライヴがない分、来てくれた人と濃厚な時間が過ごせるし、
お客さまがいない間に芝居をしてみたり、
なにかにトライしたり、実験的に使えるので、
この日はまあ、赤字でもいいかなと気楽に構えてやってます。サロンチャージもいつもより千円ダウン。

ところで、サロンにはブログがあって、
わたしは最近そこまで手が回ってないのですが、クマ子の水曜音楽語りがすごくいいです。
実は先週月曜、あゆみさんに捧げた一曲があって、その曲名が今週のタイトルになっている。
船旅のことも、旅するように紡がれている。あの夜、わたしたちはサロンで、あゆみさんを想いました。

今夜はクマ子の船の話がゆっくり聞ける最後のチャンスです。ウクレレ持ってくるように言ってあるから、弾き語りも!?笑

近くにいたり、暇をもてあましていたらぜひともサロンへ。多忙なスケジュールを縫うほどのあれではありません、今夜は。

サロンdeうたタネ♪ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月 9日 (土)

クマ子の船出☆

♪映像♪♫•*クマ子の船出♪♫•*¨*
素人編集ですけど、まあ、
わりと面白く作れたのではないでしょうか!? 

| | コメント (0)

2015年11月26日 (木)

Ustream de Us

Live streaming video by Ustream
月曜日に行われた、サロンdeうたタネ♪のUstream配信のアーカイヴです☆
初配信なので、途中、人の頭で見えなくなったりしますが、、、よかったらご覧ください☆

30日間、保存されているみたいです♪

【set listなど】
ー1幕ー
・幕開き(挨拶)……クマ子と未亡人
・未亡人日記の朗読……未亡人
・Joyful/amaizing grace……画伯とクマ子
・The Rose……画伯とクマ子
・Let it Be……画伯とクマ子
・imagine・……画伯ソロ
・上を向いて歩こう……画伯とクマ子

(休憩)

※休憩中録画を止めるのを忘れていました!
どうぞ飛ばしてくださいませ!!

ー2幕ー
・「マドレーヌと犬」……未亡人(朗読)と画伯とクマ子(歌)
・fly me to the moon……画伯とクマ子と飛び入りのクラリネット吹き。

ーーーーーーーー
ここで映像切れてしまっています!!
配信初回ゆえの、ゆきとどかなさありますが、
雰囲気を楽しんでもらえたら☆

☆☆オマケ☆☆
開店前のひとコマはこちら……http://www.ustream.tv/recorded/78314003

| | コメント (0)

2015年11月23日 (月)

ゴスペルナイト☆リハ☆

自宅でのリハの模様がとてもよかったので載せます☆
なんと明日は予約で満員御礼!!!(((o(*゚▽゚*)o)))

| | コメント (0)