海の向こうの国

2017年8月24日 (木)

【随筆】「大いなる旅の始まり」プロローグ

Img_0271

この前の「復活」という日記で、
「全方面に向けて行動を開始する」と言ったような類いのことを書いたのだけど、
その方面の1つとして、自分の旅の随筆をまとめるということをやろうと思っていて、今日から少しづつこれを遂行していくつもり。
ここのタイムラインである程度まとまったら、その旅をした年のアーカーイヴに移そうと思うがそれはまだ先の話。
あまりにも物語のモチーフになるようなエピソードは、出し惜しみつつ、
いつか冒険ファンタジーのような本にして遺したいと思っているのだけど、それももっと、先の話。
ここでは、なぁんとなく心に残っていることや刻まれている旅の記憶を元に、
それを多少でも留めておくような感じで記していきたい。
正確に「記録」できる時期は過ぎてしまった。
今からはたよりない記憶をもとに、それでも忘れられない瞬間とか感覚とかを、
わりと脈略なく綴っていくことにする。

Img_0522
Liwa砂漠のSunset。

* * *

夢。
夢と旅、というのはわたしの中でわりと密接な繋がりがある。
2010年にモンサンミッシェルに旅をした時以来、
それは時々わたしに起こる出来事なのだ。
その出来事が起こると、理屈ではない部分で、旅に必然が生まれる。
この場所に来るわたしを、わたしが手前で予期していたようなそんな気持ちになる。
それは単に、旅する先で、いつか夢で見た景色と出会うという、
たったそれだけのことなんだけど。

2015年に幻冬舎の仕事で、アラビヤにまるひと月行った。
それから起きたいろいろな流れに乗っかって、2016年に1週間強、ギリシャに行った。わたしが個人的にまずまとめて整理したかったのはギリシャでの日々なのだが、ギリシャでわたしがしたことの動機のすべてにアラビヤが関係しているわけなので、誰かしら読んでくれる人のためにもここは時系列にゆこうと考え、
アラビヤから始めることにする。

アラビヤ。
Img_0111
わたしが立っているこのカフェというかお店が、
わたしがアラビヤに来る前に夢の中で見た場所である。
夢の中でここは、わたしが以前働いていたAlwaysというお店で、
夢を見ていた時のタイムラインにならい、ママちゃんは、産休か何かで、
わたしは、さおりという一番親しい後輩であり仕事仲間と二人で、
夢の中でこのお店を切り盛りしていた。

するとわたしたちは何やら、ミッションインポッシブル的なミッションを与えられ、わたしはスケボー型のそりみたいなものに乗っかって、この先にある村のゲートをくぐって外に出るという夢。
ここは間違いなくその場所だった。そりで猛スピードで抜けた時仰向けに見たゲートまでも同じだった。

この場所はHeritage Villageというところらしい。
Heritage(ヘリテッジ)というのは、世襲とか、受け継がれていく先祖代々の何かしら、といったようなことで、つまりこの場所は、
近代化したドバイの街中の中で、昔ながらの雰囲気を再現した、日本で言うところの竪穴式住居とかを展示しているような、そういったエリアということで、
かといってドバイ自体は歴史も浅いので、だからといって何かピン、とくるようなものはなかった。
(でもやっぱり不思議だなあ、まったく縁もゆかりもないと思っていたこの街に、勝手に懐かしいと思う景色があるのは)
わたしはそんなことを思った。
だって、わたしの中ではもうここは、さおりと一緒に毎日にいつも働いているalwaysの店内であって、あのカウンターの内側にはおしぼり入れがあるのである、わたしの頭の中を優先したならば。

そんな具合で同じような体験をギリシャでもした。
今日はプロローグなので全体をごちゃまぜにするけど、
夢の中でそこはわたしが慕っているnanaさんという、凄まじく美人でスタアみたいな容姿なのに気さくな先輩と、二人で待ち合わせをしているBarなのだった。
わたしたちはそのプチホテルに泊まっていて一緒に旅をしている。
けれど今日はバラバラに出かけて日が落ちたらこの下のBarで待ち合わせる。
わたしが帰った頃には、nanaさんは入り口のハイテーブルで何かを飲んで待っていた。そんな夢だった。

Img_6469

Img_2630
ホテルを予約しようとウェブを見ていた時、
この蓄音機のあるウッディなBarというかCafeの写真を見て、「んん?」と思った。
あれ、わたし、ここ、何か知ってる。
そうしてそれは本当に不思議なのだけれど、わたしはそこで一生懸命考えて初めてそういえば夢で見たことを思い出すのである。
大体の場合は。モンサンミッシェルの時はそうじゃなかったけど。
だから「その瞬間に勝手にそんな夢を見たという妄想が生まれるんじゃない?」と訊かれると、正直わからない。夢日記をつけているわけじゃないし、夢ってやっぱり起きていると薄れていくものだからね。
それでもわたしは何かどうしてもこのホテルに泊まらないといけないような気がして、その場でbookしたのである。

写真は昼間のしかないけれど、
夜中の0時にチェックインをした時(飛行機がアテネに着いたのが22じ半とかの便だったのだ)、わたしはすぐに、鎮まりかえったこのcafeをのぞきに行った。
そこは、やっぱりその場所だった。今にもnanaさんが「遅いなぁ、モカ、待ちくたびれたで」とか言って、奥のハイテーブルから言ってきそうな。
(実際はここにハイテーブルはなかった。夢の中にはあった、日本の古〜い喫茶店とかにある、変なゲーム機とテーブルが合体したような代物も)

Img_2646
一人旅って誰も自分をカメラに収めて記録してくれないから、
ついこうやって街の鏡で自分を撮っちゃう。旅をしているわたし、アテネ2016。

Img_6501_2
パルテノン神殿に向かう、とぐろを巻く坂道の途中にて。

なぜ、今日プロローグが夢の話になったのか、
自分でもいまいちわからない。
けれどもこれを最初にしておいたほうがいいような気がしたのだ、完全に脈略なく。
小説とかを書いていると、冒頭に出てきたモチーフというのは、必ず、
完全に重要な形で回収されなければならないのだけれど、
これは徒然放浪記、思いつくままゆるく行こう。
こうしてざっくばらんに書き進めて行ったものが、
ある時勝手に繋がっていくようなミラクルも、
物語を書いていたら、よくあったり、することだから。

Img_0528_2
Liwa砂漠の空に浮かぶ、刃物のように鋭い三日月。

今日これだけの分量を書いて写真を載せたりして整えるのに、
だいたい1時間強くらい。いつもの月モカくらいの所用時間だ。
1時間強なら続けていけるだろう、いや、続けて行こう。
何か、塵のような時間を、少しづつ踏み固めて何かしら、形あるものをつくってゆこう、そう思っているのだから。1時間という時間は、わたしみたいなタイプだと、ソファに寝っ転がって、ぼやん、としていればあっという間に経つわけであって、
そしてその時間をとても愛してはいるのだけど、
必要な「ぼやん」ではなく惰性の「ぼやん」タイムは、
今後この随筆に変えてゆこうと思う。
新作執筆のいい気分転換にもなると思う。
うん。1時間は、許される気分転換だよね。

あんまりだらだら書いても仕方ないので今日はここら辺で終わって、
そもそも「旅はなぜ始まったのか」ということに始まる1章へ続く。

(読む人が読みやすいように、分かりやすく章立てしておきたいと思っていますがまだノープラン。日付を入れたらいいのかな)

Img_0529_2
わたしたちのバス、あんなに小さい。人という小さな米粒みたいなのが、
今、太陽の熱冷めやらぬ大地の上に寝っ転がっている。

          
2014年の10月、ドバイ行きの話は突然にやってきました。

                                                          

#夢 #heritagevillage
#dubai #uae #モカコと世界 #アラビヤ 
#mocavoyage #モカトリップ
#arabic #author #旅 #ぷらりアラビヤ
#桃果子的宇宙 #world #trip #journy
#女性作家

| | コメント (0)

2013年12月13日 (金)

NYダイジェスト☆

ちょっと11月ものすごくたてこんでおりまして、ブログすらまともに更新できていません。
NY紀行書きたいのですが、いま大切な作品のラストスパートですので、
とりあえずダイジェストを☆

Img_9969
Artの街でARtするわたしたち☆

Img_9967
セントラルパークったら秋景色☆黄色いバスも☆

Img_9965
Josepと3年ぶりの再会!!マグノリアベーカリーのレッドヴェルヴェットを食べる!!

Img_2597

Img_0516
元上司の店ではしゃぐ〜〜ʅ(◔౪◔ ) ʃ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月19日 (月)

london days

taeとmocaのlondon days♩

わたしの2、5番目の妹というくらいの、ファミリーな親友、親友というより家族、なtae@ロンドンに合流してきました(3ヶ月まえ〜)いまさらのロンドンフォト♩

このひとがいなければArtistic Pantiecherryは始めてなかったのダ。
TAHOOことtaeさん、あたしにとっての歩くインスパイア(笑
歩くemotionです。数々のあたしのクリエイティヴの陰にこのひとの感性あり。

数々の失態と悪事の片腕もこのひと(笑

一緒にフジロック行って凍死しかけたりね。
(APのtahooを更新できてないのはわたしです…すみません)

Img_2327 Img_2321
可愛いキューティーさん☆
Img_2288 Img_2287
一緒にシェアしてるみんな♩写真左はカップルheart02
海外のカップルって、パブリックな環境でも可愛く愛情表現しあってていいねconfident
Img_2292 パブロとスカイプ♩
Img_2312 Img_2314
あやめとともがロンドンに居た頃、ともが働いてた「どん底」に行ってきた。 

Img_2306 Img_2308
ハイ。もう酔っぱらってます。(笑
そしてclubへ〜〜!GO-!!
二軒もはしご(くわしくはスラドショーを♩)
Img_2342 Img_2354
いやはやあたしの究極の遊びともだちデス♩

昨日も朝方スカイプしていろいろ話すんだけど、
その会話がおかしすぎて、いつか脚本にしたい(笑

「実は…**が**で!!…」

「えええええ!!」

「でも…***…」

「!!…おおおお…それってさ…」




とかのくりかえし(笑
誤字脱字で、意味のわからん文とかあるし(笑
スカイプっていーな。ロンドンleftright麻布十番が一瞬だもんconfident

ところでLady Gaga来日してたんだね。パフォーマンス観たかったな〜。
きっとそのうちマドンナみたいな立ち位置になる本物のアーティストだと思うから。
あの好き勝手やってる感じの派手なステージを観たかった…。
もうちょっとはやく気付けばなんとしてでも行ったのにな〜〜〜。
なにげにLady Gaga大好き。
今日はずっとマイケル観てたけど。

| | コメント (2)

2010年2月20日 (土)

and...

Me1_2 Me2

この旅で、

あたしは何を見、何をとらえたか。

                            ロンドンdaysはこちら↓(番外編的にね) http://mocatina.cocolog-nifty.com/blog/2010/04/london-days.html

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年2月19日 (金)

hotel & foods

泊まったホテルや食べたものなど。オマケフォトです♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月28日 (木)

I'm in マンハイム(更新)

Img_2190

                                     

                                                      

生まれて初めて、ドイツの地に降り立ちました。マンハイムです。空港のあるフランクフルトから特急電車で30分くらい。

パリからチェックアウトするとき、夜勤の男の子からマダムへの引継ぎミスでタクシーが呼ばれておらず、呼ぼうとしたら大混雑でつながらない…

特急列車の出発はam 09:09なのに30分しかなく、距離でいうとおそらく恵比寿から六本木くらいの距離なんだけど、かなり不安。地下鉄リフトないし、トランクもって駆け上がったあのバカ力はもう出ないでしょう…(笑

てなわけで無事にマンハイムにやってきたわけなのです。

Img_2170Img_2172                                           

これはParis E’stの駅。
すんごい急いだのでホームに着いたのこの時刻。奇跡だ!

 Img_2184                                                

                       なんとドイツは大雪!!!

Img_2189

                                

                           

そしてみさきと旦那さんのナビルが暮らすアパートへ…

Img_2187                      

                             ナビル夫妻。

広~い!
向かって右にナビルの仕事?勉強部屋があって(ナビルさん、大学で建築の勉強をなさってる)

向かって左に寝室、カメラのある方に立派なキッチンがあって、これで8万だって!!安いなあ!

Img_2192_2Img_2195Img_2196                  

Img_2197Img_2201Img_2202                           
ここで昼食を食べました☆アラニスモリセット♪が流れてて最高にご機嫌!

Img_2204Img_2205この花の配色とかドイツっぽい…と思ったのですがみなさんはどう?
Img_2207                  

ダンサーみさき♪ダンサーでありながらモデルの依頼も絶えないみさきです。アジアンビューティで、あれだけ動けたらみんな写真とりたいよね☆(後に写真でてきます!いや、ここで一枚!)

Img_2234

                       実はみさきは、5年前ロンドンに行く飛行機で隣同士だったことで知り合ったのです。だから会うの実は2回目。でもなんだかそう思えない不思議な縁の人なのです。MAYAやみさき、ときどき(って二人か)そういう縁の人がいます。実はそんなに会ってないのに、昔からその人のことを知っているような。
それで、わたしも今回節目の旅行で、残ってるパスポート切捨てて新しくしたほど、分岐点の旅行だったんですが、なんとこのたった一日のドイツ滞在のこの日、みさきのおめでたが発覚しわたしは「こうのとりおばさん♪」に(笑

彼女はプロのダンサーで、あちこちのカンパニーで踊ってる現役のダンサーなので、予定外のおめでたにちょっと、いやかなり動揺…でもナビルさんは喜んであちこちに電話しまくっててとっても可愛かった。先月ナビルさんのお父さんが急死なさって、ずっと「孫が欲しい」って言ってたからGiftなのかなあって。またもやミサキさんの分岐点とわたしの分岐点がCross!
「変だよね~」と言い合いました。しかもナビルさんチュニジアの人。

Img_2208Img_2210

Img_2211

                じゃん!バレエスタジオ!
みさきさん、普段はここで先生もしてるのです。今日は初級バレエのレッスン。見学!

Img_2214Img_2217Img_2219Img_2221                  みさきはとても優しくて、笑顔がたえなくて、こんなレッスンだったらあたしも受けたい!と思いました。

Img_2227ちょっとやってみた(笑

Img_2237_2

             

Img_2235                

Img_2240 帰宅してからは、みさきのダンスのDVDみたり、モデルやった写真みたり、チュニジアでの結婚式のDVDみたり…。朝はわたしが花タンの写真みせたり…

初めて会った時は飛行機だからもちろん踊る彼女を写真でも見たのは初めてで、でも、わたしが「こんな風に動くのだろうな」と思い描いていたまんまの、いや、それ以上の、彼女のFLowにうっとりです♪

Img_2245Img_2246

三人で♪

                                                                  

Img_2248 Img_2249                              
Img_2250

                                Img_2251    

Img_2243Img_2263Img_2259

さらばドイツ!

| | コメント (7) | トラックバック (0)

ドイツに移動中

Img_2172Img_2177

昨日夜blog更新するはずだったんだけど…

Parisの最後の日なのにほんとイロイロあって、
まず、ホテルで仲良くなったチェイスの紹介でパリコレOmmeのぞいてきたんだけど、なにせ勝手の違うアパレル業界、イマイチよくわかんなくて、どうふるまえばわからず緊張…(値札みて”これ買えるの?”ってチェイスに聞いて笑われちゃった(笑))
まあこれは嫌なことじゃなくて、知らない世界でちょっとどぎまぎしたという話なんですがそこから先よ。
ommeの会場にけっこう長居したので少しづつ予定に遅れが出て、

ピアフの博物館行くのにすんごい渋滞で遅刻しちゃって、アパートの一室だからオーナーの親父に遅刻のことをずっとぐちぐち言われ憔悴(=_=)
ピアフどころじゃなくなり、そそくさと出たら、イタリアで買った手袋を片方落としたことに気づいた(T_T)
※そのまえにかばんの中でペットボトルの炭酸水がこぼれてけっこう水浸しに…っていう事件もあったんだよ…

で、半泣きで地下鉄乗ろうとしたら2Euro券売機に吸い込まれ(T_T)(T_T)、

ああ今日はもうダメだ…
(=_=)と思い、ふらふらとサンポールのあたりを散策し、前にきたとき泊まったホテルでお茶して、可愛いパンツをお父さんに買い、ようやく盛り返したと思いつつ早めにホテルに帰宅したんだけど、

ロビーでモンサンのツアーのチラシ見つけて(他の会社のツアーだ♪どんなんだろ)と一枚とってエレベーターにのったら、チラシにボールペンでいたずらにかかれた

”Fuck Japon”
の文字…(=_=)

なんなんだ…
まるでSATC最終回のキャリーじゃん…でもわたしには迎えに来るビッグがいない…(笑)

とりあえずチラシを置きに戻って、部屋についたらなんかすんごく疲れて、仮眠のつもりが朝まで寝てしまった…


なので写真の更新 しばし待たれよ手(パー)
ほとんど楽しいことづくしだったからまあ 昨日みたいのもあるわ。

コメントに返信はパソコンからします手(パー)今ドイツへ向かう特急に乗ってる。凄い雪だけど曇っててあまり見えない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月27日 (水)

I'm alone in paris(さみしい意味じゃないのさ)

Img_2145
みほを送ってからの2日間はひとりでパリにいたのよ。

Img_2002Img_2004
空港行きのバス。

Img_2149Img_2148_2Img_2150Img_2151Img_2152可愛い文具やさん。

正直自分が文房具にこれほど魅せられる人間だとは知らなかった。
でもそういや家にもこれまた可愛いBOXに3箱分も、便箋やら封筒やらポストカードやらシールやらあるんだよね。あたし手紙とか葉書とか出すの好きだからさ。
でもそれってよく考えてみたら「書く」にまつわることなんだね。
あたしは「書く」ことが好きなわけだ(笑
あまりにもあたりまえに身近にありすぎて気付いてなかったよ。
万年筆また買った。二本目(笑

Img_2155
なんか可愛い雑貨やさん。

Img_2156
これはヴィンテージの楽器やさん。
この中にあるピアノが実は目的。
理由は…ふっふっふっ。来月祥伝社から出るJUNEvo.3をお楽しみに!

Img_2164 Img_2165
前にパリに来たとき泊まったホテルで休憩。
みんなに葉書かいてたの。
顔がちょっとしょんぼりしてるでしょ。
理由は、日記「ドイツに移動中」を参照下さい(笑

Img_2166 Img_2167
サンポールの駅前のカフェで、再度、生肉のタルタルにチャレンジ…
↓バスティーユ。前来たときこの辺をたくさん歩いたので懐かしかったな。
それでもこの「bonne nouvelle」の看板が見えると帰ってきた~ってほっとする。
今回の旅でずっと滞在したわたしのプチホテル。


Img_2168_2 Img_2169

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

歯が…

またとれました…


バリに引き続きまた気圧に耐えれず…

体だけでなく歯さえも虚弱なこのわたし…

痛みがないのが幸いです。

今回は一応歯も持ってます(バリではなくした…)


今日パリ最後なのでピアフ博物館行って、バスティーユからマレをうろうろし、早めに帰宅してホテルでゆっくりする予定。

あ、ホテルで友達になったフランス人のチェイスが通訳やってる、ブランドが、
今回のパリコレのommeに参加しててすごくホテルから近いらしいので顔だしてきます☆

パリコレやってるから、アパレルっぽい日本人の男の子多かったんだな~。

今日の夜まとめてブログ更新します!


写真のここ、あたしの定位置なんざんす。

誰もLANケーブルなんて使わないし昼間は外出してるので(たぶんみんな仕事)完全なるMYデスクです(笑


現在昼の1じ。ひさしぶりにゆっくり寝た。

昨日ムーランルージュ、夜の回(23じ開始)見たから、帰りけっこう遅くて地下鉄も終わってて、タクシー探しながらいい気分でぶらぶら。
ケバブたべて酔っ払ってました。

酔っ払ってたことに全然気付いてなかったという危険度5!

ふ~

あ、もう行かなきゃ。ピアフ ピアフ。

Img_1986Img_1994

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月26日 (火)

ムーランルージュ

Img_2092

酔っ払って深夜のピガールを徘徊。なんて危険な!夜のモンマルトルは危険がいっぱいなのに…。ぼったくりストリップショーのキャッチに思わずひっかかりそうに。
好奇心もほどほどにしとかないとね。
だって初ムーランルージュで興奮してたのだ!
チュニジア人?のやってる屋台のクレープはすんごいオイシイ!!
知らなかった!そこいらのビストロより彼らのクレープがうまいことをもっと早くしりたかった…なんて思いながら千鳥足…

ムーランルージュのショーは写真禁止なので、満足気なあたしの顔をみて推測してください(笑

Img_2080
Img_2063 Img_2067
ひとりでシャンパン飲んじゃう♪ひとりだったから舞台の一番前通された~♪それも楽しいけど少し後ろから全体も見たかったな~

Img_2068 
ステージ。上手方向から。

Img_2066

終演後しか撮影できないのでなんか空気ゆるいでしょ。終演後って感じよね♪

Img_2071 Img_2072 Img_2070 Img_2069_2 Img_2074 Img_2081 Img_2079 Img_2086
わかるかな?ロートレックの絵です。
ロートレックといえばモンマルトル。
そしてロートレックといえばムーランルージュなんですよ。
ムーランルージュの踊り子さんとたくさんデキて(笑 楽屋や、踊り子のヌードをたくさん描いてますね。オルセーにあるのよ。
Img_2085

Img_2078

ムーランルージュは、ある意味一番楽屋の香りのするショーでした。
フランスという国がなにに重きをおいてるかがよくわかります。
正直上手に踊れる人は誰もいません(笑
全然揃ってません(笑
でもお尻とおっぱいは素晴らしい(笑
「だってどうせそれ見に来てるんデショ」
的な開き直り感もすごいし、なんていうか誰にも
「わたし一流の舞台人です」みたいな空気はない。
しいていうならタカラヅカから「清く正しく」を抜いた感じ(笑

でもそのけだるい香水の匂うかんじが、
ふしだら極まりない雰囲気が、ペアダンスでも、
「こいつらデキてるんじゃないの?」みたいな、色商売っぽい感じが、
お金持ちが来たら、あっさりお持ち帰りされてそうな感じが(笑

たまらなく圧倒的だったわけ。
酒がおいしいわけ。
となりにエロシズム博物館とストリップあるの納得なの。

すごいよこれは。
あたしはこういうのとってもドラマチックに感じたわ。
人がそこで生きてる感じね。隙だらけな感じで。
物語を書きたくなる感じ。
酒があって女のお尻があって、男がいて。
音楽があって、夜がある。
ドラマがはじまるよね。

で、クレープ買って千鳥足になっちゃうような開放感だったわけよ(笑

やっぱり水商売と芸術と性と生がごっちゃごっちゃになってる、
モンマルトルは最高の場所なわけ。
Img_4464

| | コメント (0) | トラックバック (0)