映画・テレビ

2010年8月13日 (金)

ほぼ今日観た映画(DVD)

※一本一本のレビューは短いですが、映画嫌いなひとスルーどうぞ。

一気にDVD借りてきて一気に見た。台風のせいで心臓がぐるぐるいってたのでバスケもあきらめて(うえーん(>_<)ゞ) DVD鑑賞。せめてカラダを温めようと竹の湯いってプチ発作出て本末転倒よ!くそー台風め!不整脈ってイヤ!
ハイ本題。
これだけ一気に見れるってあたし映画に飢えてたんだわと思いました。
そして、ぜんぶを通して思ったことは、日本映画界、なかなかすてきな若い俳優が男女問わずたくさんいるんだなあということ。
そして最近の邦画はどの邦画を見てもそこに香川照之と大森南朋がおらっしゃる、ということ(笑 香川照之なんかほぼ、出てるよね。

まず洋画。あやめイチオシの映画です。
500日のサマー
「恋するひとに」とあやめさん言ってたけど恋するひとにはどうだろう?(笑
超ラブロマンスなのかと思って、現在ラブロマンスをくそ馬鹿にしている(人生において。恋なんか風邪よ!高熱は必ず下がります。)Meとしては最初ぶすっとしていましたが、かなり大人なつくりというか、最後に「おー。そうきたか」という感じ。なので満足!

次。洋画と邦画のあいだ。
TOKYO!
一話/ミシェル・ゴンドリー監督の作品(エターナルサンシャイン)
こないだ阿佐ヶ谷カラオケをした藤谷文子ちゃんが出演してたのでうれし。後半になって監督のカラーが出てきてからはよかったけどそれまでは退屈。

二話/これも、殿山の北見さんが出演なさってるといううれしいお知らせですが、映画自体は奇っ怪すぎてあたしは苦手

二話/この話は面白かった。香川照之さん&蒼井優ちゃん。蒼井優がカワイイ。

そして邦画。
パンドラの匣
これはまあ、魅力的な俳優がたくさん出てました。窪塚洋介が邦画的に大好きなんですが、とくにこういう昭和っぽいのをやらせると映える。そして川上未映子さんがまあ色っぽくて、本能的ですばらしい。太宰文学をよく理解してるということになるのだろうかさすが純文学作家。主演の染谷くんもすてき。仲里依紗ってゼブラーマンで初めて知ったけどとってもキュート。仲さんと川上さんの対照的なそれでいてどちらも肉感的というかちょっとえっちな雰囲気がある感じ、絶妙なキャスティングと思いました。

ホノカアボーイ
これは映画としてとってもすてきです。必見!
重力ピエロ以来、岡田将生をほんとに賞賛しているMeですけど、これも彼の愛らしい魅力が全開で、すばらしい。松坂慶子さん、そしてなんていっても倍賞千恵子さんが、愛らしすぎて涙がとまりません。長谷川潤も現地っぽくてよかった。あー彼女を見ていると学生時代の友人みちこを思い出すよ。垢抜けてて女らしいのに奔放で日本人特有の湿度がナイ感じ。
この映画こそ恋人や好きな人と一緒に見てください。家にいてもハワイのコテージにいる気分になれてSooo Good!夏を感じられるよ♪

ゴールデンスランバー
あああなんと。これ伊坂作品と知らずに借りてきてしまった!冒頭ですぐ伊坂作品とわかったけど。伊坂ああああ!と絶叫でしたよほんともう最後のほうとか。伊坂作品でだいたい中村監督が撮っていて、重力ピエロは違うのだけど、映画自体のニュアンスはあまり監督色がなく、伊坂ワールドをいかに忠実に再現するかというところに重点がおかれてる気がするので、本を読んでる感覚とあまりギャップがない。

伊坂さんの作品の感想を一言で語るときあたしの頭にはいつも「カタルシス」という言葉が浮かぶ。伊坂作品にはいつもあるカタルシスがある。カタルシスってななんとなくしか意味わかんないけど「心の中に溜まっていた澱(おり)のような感情が解放され、気持ちが浄化されること」を意味するギリシャ語らしい。

ゴールデンスランバーに限っていえば、いつもの伊坂作品よりも爽快で、切な痛い、みたいな涙を流さずに、いい気分で寝られそうです。
アヒルと鴨にも出演してた濱田岳が、アヒルと鴨のときとはまったく異なる役柄で出演してるのですけど良すぎておしっこちびりそうでした。

濱田岳は伊坂作品に合いすぎ。

以上です。
感想はあたしの主観のみによって書かれています。
あしからず。
あーよくみたなあ。明日サイドウェイズを見て完遂です。
重力ピエロと同じ、小日向さん&鈴木京香さんの取り合わせ。
鈴木京香さん…死ぬまでにもう一度会いたい(T_T)

でもって微妙に「さん」がついてない俳優さんとかいるけど、みんなに「さん」つけてたらなんかもう自分がすごい業界人みたいだし、全員知り合いなわけでもないし、家では、
伊坂あああああ これ以上泣かせてくれるなよお〜」とか、「濱田岳よすぎ!!」とかって絶叫してるんで、その感じキープしました。さすがに伊坂さんを呼び捨てはしてはいけませんね。ハイ。

寝ます!

| | コメント (0)

2010年4月 8日 (木)

娼婦と淑女

104
じゃじゃーん!この昼ドラにはまっています

なぜなら。

我が友、石川伸一郎氏(あたしはメンちゃんと呼んでます。なぜなら池麺太郎=イケメン?タロウ? というペンネームをやつが使っていた時期があったから。度々このブログにも登場してるはず)が大々的に出演しているのです!

092
こんな感じ。
普段会ってると全然かっこいよくない(笑 =美形の美景に慣れて(笑 んだけど、
画面で見ると!!かっこい~~~~~~画面だけのおつきあいだったら惚れてたか?な?(笑
ともかく映像映えする俳優です。
Men
これが主演の二人。昼ドラの領域を超えているよね。
ここに絡んでくる非常に重要な「藤堂」という役をめんさんは演じているのです!
執事の役です。
  
しかし、めんさんが出てるという理由で見始めたこの「娼婦と淑女」が面白すぎて、かなりはまっている次第。続きが気になって思わずめんさんに電話しちゃいそうな気持ちを必死でこらえる  
ここでこらえないと、見ても面白くないからね。
しかし安達祐美演じる、二人の女、この演じ分けが見事で、やっぱり力もってる女優さんがひとり出てるだけで昼ドラもゴールデンの輝きだなと思います(けして昼ドラをバカにしてるわけではないことをご理解いただきたい)

ストーリー展開も見事で(かなり昼ドラっぽい) 爵位とかお嬢様とか、大奥様とか執事とかいっぱいでてきてドロドロします(笑

わたし的にはいつもメンタロウが白いポットを持っているのがうけます(笑

どんだけここの家の人間は茶を飲むんだよっ。みたいな感じで。
いっつも持ってるから(笑 ポット。
右手にポット=執事みたいな感じで。

まじで日々の密かな愉しみです(←この文字の配列、昼ドラっぽくない?)
密かな愉しみ(昼ドラ仕様)

純製美男子 石川伸一郎のブログは
コチhttp://ameblo.jp/ishikawa-shinichiro/

サイドバナーから「ねじリズム」にも飛べます。
石川伸一郎主宰の劇団ね。
みなさま、まだ4話だから、全然間に合います!
娼婦と淑女をお見逃しなく!

| | コメント (5)

2007年5月19日 (土)

れきしがうごいた日

おおげさなタイトルなんだけどさ。
あたしには歴史が動いたのよ。

芝居の話だから嫌いな人はスルーで。


今日稽古でニーナをやりました。
自分でもびっくりするような芝居ができました。
いやあれは演技っていうかんじでもない。
その後二時間、放心しました。

たとえば神様に
「このことを続けてっていいんだ」
と思わせてもらえる瞬間て、ごく稀にあるよね。

バスケをやってて、中学時代はずっとベンチで、
高校になって、引退試合のハーフタイム直前に、スリーポイントを決めて同点になって、さらにそれがカウントのファールでフリースローになってそれを決めて逆転したとき。

ジニアスで勤めて3年目のバースデーで、車に乗り切らないくらいのプレゼントをお客さんに貰って、さらに店をあげて、丸々三日間もお祝いしてもらったとき。潰れたくってもみんなが笑顔でいてくれて、背丈ほどもある花をもらって
「チーフは男前でカッコいい」と憧れてくれた新人もいた。
ほんとはトイレでいっつも泣いてたのに(笑)


そんな心境でした。


最近のわたしはどんな台詞をいってもしらじらしくて、
演じてても窮屈で、
こんなはずないのにっていうジレンマと、
実はあたしの才能なんてこんなちっぽけなものだったのかもという恐怖の間にいて、
でもそれならそれも受け止めなくちゃっていう腹据えもあって。

だから今日ニーナを演るということはまさに背水の陣だった。

あたしを見下してるやつにも、
きっとできるのにともどかしく思ってくれてる仲間にも、
なぜかあたしをいい役者だと思ってくれてる人にも、
共通して感じれるくらい、圧倒的な何かを与えたかった。
断じて圧倒的な何か。赤は赤であって青でないくらいの何か。

だから咲子やめんたろうがいないのは少し淋しかった。自己顕示じゃないんだよ。過程を応援してくれてる人に、過程じゃなくて結果で返したいと思ってた。たとえ転んでも。

久米とこうきさんが「いうことない」
と言って、あたしはこうきさんに、認めてもらえないから反発してたのかなという反省も頭のすみっこでしました。
「すばらしかった」
と言ってくれた一平にも、負けず嫌いかもしれないけど、彼が差し伸べてくれた手(題材)ではなく、自分の選んだもので、自分の力でこれを乗り越えたかった。
だからイトバンのサリーじゃなくて「かもめ」を選らんだんです。


わざわざ「よかった」とか「うまい」とか言ってくれたひとにも。トレープレフをやってくれた彼がわたしを絶賛してくれたのですが、

あたしは本当は、なりきる以外に力をもたない非力な役者です。しかもなかなかチャンネルをあわせられないアベレージの低い役者です。そして芝居以外に何もないわたしから芝居がなくなるのを死と同じくらい恐れてる、あきらめの悪い、ちいさな女です。

感情表現をコンスタントにできないのはプロじゃないと、メンタロウが言ってたね。
それでもあなたを素晴らしい役者だとあたしは思うけど。

ただ今日は、出そうと思えば感情をここまで出せるんだということを思い出せてよかったです。

「思い出す」

という言葉がぴったりなほど
長い間、こんな感覚を忘れていました。


そしてはっきりと、
演技というものを「技術」としてコントロールできる、一平とかともさんとは、あたしは違うタイプの役者なんだということも確認できた。

そういう意味でも歴史が動いたと思う。
自分がどういうタイプの役者かわかったのだから。


私は私生活がひどく芝居にひびくタイプです。
芝居しかないのに、恋愛に溺れて、びくびくして
「こせついた、つまらない女になってしまって、でたらめな芝居をしていた」
ときもありました。確かに自分がひどい芝居をしていると自分で感じるときの気持ちは壮絶なものです。
イクイノのとき、実は死にたかった。作品が素晴らしいだけ、余計にね。

アントン・チェーフォフは、女をうまく描いた劇作家だと思う。
「今となっては舞台に立つことも、物を書くのも同じこと。
 わたしたちの仕事に一番大切なことは、名声とか栄光とか、昔あたしが空想していたものではなくって、実は忍耐力だっていうことがわたしにはわかったの」

このニーナの台詞は、実は18のときにはわからなかった。
きっと空想してたからだと思う。

今はよくわかる。

昨日あたしはみんなの前で、ニーナと同じように雨に打たれて、がたがた震えて、絶望しながら、それでも芝居を手放せないでいた。

退屈まぎれに打ち落とされた「かもめ」が自分のように思えて、でも「そうじゃない」といいきかせる。
恋に破れて、精魂尽き果てて、自分をなんてつまらない女だと思いながら、中身のこもらない台詞を、空を切るように言う。
そしてますます空虚などこかにそれは吸い込まれて。

そしてちっぽけで自信のない、かもめの屍のようなあたしが残る。


今のあたしは、幸せだけどね。


こういう芋づる的感覚は女優特有のものだと思う。
男の俳優にはない感覚だと思う。

だからこそやりとげたい。
女に生まれたからには、男にできない芝居をしてやりたい。

来週ももういちどニーナをやる。

錆びてしまうのが、今から怖いけど、
「まぐれ」を「実力」と呼ばせるために、もういちどやる。
きついけどね。あたしみたいなブレのある役者には。

おおげざでひどく滑稽な日記だけど、
あたしを見捨てず、18年間連れ添ってくれているのは、
男ではなく、

演じることとともに生きるこの気持ち。

だれかにとってのピアノのように。
誰かにとっての歌のように。
誰かにとっての…。

誰にとってもそういうものはある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)