« 近況 | トップページ | 桜の下で… »

2015年3月27日 (金)

近況(続き)

実は帰国してひと月ほどは、どうにも調子が悪かった。
花粉症が凄く凄く酷い、ということもあるし、
よくわからないがUAEに比べて日本は空気が重いように感じて(え?UAEって小宇宙なの!?)、なにをするにも、億劫なかんじでだらだらしていた。

寒さにもやられてほんとに堕落した生活を送っていた。

いわゆる反動ってやつですね(笑
燃え尽き症候群の「プチ」の状態でしょうか(笑

頭の中でもUAEで感じたこと、そこによって生まれた変化、を、また今度日本の規格の中でうまく稼働するようにリサイズするというか互換させる作業が、けっこう大変だった。

だから正直、UAEのwritterたちが到着した3月17日あたりより前のひと月のことをあまり覚えていない。

友人たちにはたくさん会って、それはとても有意義だったのだがそれ以外あまり覚えていない。外向的なテンションになれず、自宅でずっとシュメール文明のこととか、アトランティスのこととか、宇宙のこととかを調べていた。

そういう重たい雲のような「動き苦しさ」が抜けてきたのは18日くらいからで、急になんだかとても活動的な気分になり、部屋をてきぱき掃除したり、ハードな予定をこなしたり、
できるようになってきた。
20日の夜は、銀座の女子会があって、UAEのことを彼女たちに報告したりした。
「銀座のお姉さん(ホステス)」
という言葉からは絶対に連想できないような女子会となった。
みんなで社会のことやこの国のこと、働くということ、そして恋愛のことまで、
真摯に語り合って、わたしはとてもいい会だった。

もちろんママが全くもって水商売的ではないからかもしれないけれど、
自分たちの意識がしっかりあれば、水商売的な場所でも水商売的ではなく過ごせる。

もちろん水商売なんだから水商売的に生きてもいいと思う。
ただわたしは、元来水商売的な性格ではないので、
どちらかというと、このままを認めてもらえる場所で働かせてもらうことになるし、
するとその場所はおのずと水商売的ではない場所となる。

「もかちゃんの見聞をみんなで聞きましょう」と、
女子会を提案してくれるママはとても素敵だと思いました。

同時にその前の週にalwaysれいこさん宅に行ったのですが、
あまりに幸せに、母親をしていて、田舎暮らしを満喫しており、
このひとはとことん自分の幸せをまっとうしていく強さがあるなぁと、まことに感心し(←えらそう 笑) 幸せスペックの高いひとだなあと思いました。
いちばん感じたのは強さかな。
ほんとうに得たいものの為に、その他すべてを手放すことをおそれないとか。
(たとえば都会の暮らしや、たくさんの人が集まったあの店など)
そういうオーラの強い人だとあらためて思いました。

話がそれましたが、ともかくそんな素敵な女子会で明けた21日というのは、
宇宙系のひとたちにとっては「銀河新年」とか「宇宙元旦」とかいうとても転機の日だったらしく、そうとは知らなかったけれど、あの夜はすばらしく、おかげで21日は1日いい気分だったから、「銀河新年」かあ、悪くないなあ、という気分になった。
(エポックポイント、ともいうらしい)

わたしはというと、
銀河新年」とかいう大きな節目を超えて、より、
日常に密接して生き、それを発信したいと思い始めている。
つまり、今朝食べたものとか、今日したこととか、そこで感じたこととか。

そういう、とるにたらないことを大切にしたい気持ちでいる、というところで、
今日は寝ようと思います。おやすみ!

Webimg_9688


|

« 近況 | トップページ | 桜の下で… »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 近況 | トップページ | 桜の下で… »