« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »

2015年3月

2015年3月31日 (火)

新年度を控え…

新年度を控え、怒濤の断捨離をしています。

UAEから帰ってきて、どうもなんか、軸があわない、そんな時間を抜けると、
急に忙しくなってきました。

予定がたてこみとても忙しいし、週に2度くらいUAEライターとも会っています。

じゃっかんUPが遅れ気味ですが月曜エッセイも続けています。笑

同時に「腸を制すものは花粉症を制す(ひいては健康も!)」ということで、
日々の食事を手帳に記しはじめました。

とにかくヨーグルトと蓮根を摂取しています(笑
健康優先なので減量は4月の課題になりそうかなっ。

からだの中に入っているのは魂だと思うけれど、
その意思を動かすのは「からだ」なわけであるから、
魂とよく連携のとれた、最新の状態にする、
いわゆるiPhoneなどのOSのアップグレードのイメージで取り組んでいます。

なぜなら今年はとても書きたい小説があるので。
3月はどうせ花粉で朦朧としているしUAEの件などでもバタバタするので、
準備体操としました。

ある女の子がデトックスに「不要な情報」と言ったことが、わたしにはすごく「はっ!」
としまして、昨日も夜中に不要な情報、つまりもう要らない書類やフライヤー、
古い情報なんかをまとめて捨てました。

もちろん思い入れのあるものは古くても全部ファイリングしてとってあります。
(NYで行った楽しかったレストランのレシートとか)

同時に、思い入れはあるけれど、振り返らず前進してゆく為に、
ずっと大切にとっておいた花よりタンゴのポスターの余りなどともサヨナラしました。

「一度手放すんだ」という、船パリの山嵜さんの言葉を胸に。

もともと物が多い上、本などは捨てられないし、閑散と、までの断捨離まではできないですが、それでも「古くて重たい」ものたちを捨て、ずいぶん軽くなった印象のわたしの部屋です。

実は、新年度=4月1日=わたしの誕生した日、でもあるので、
明日になったらわたしは36歳になっているわけなのですが、

いつもバタバタバター!と日が明けるので、あっという間にその日になってしまうのですが、
こうしてそれを迎えるための、大晦日のような過ごし方を前日にすることは珍しいなあと思い、そしてそれもなかなかいいなあ、習慣にしてゆきたい、と思いました。

神楽坂に引っ越してきたての最初の春は、とても落ち込んでいて、
2回目の春は、落ち込むというよりその2ヶ月ほど前から低空飛行が続いていて、

神楽坂のこの家はとてもすてきな家なのに、どこか悲しく、どこか憂鬱な、そんな春を迎えていましたが、今年はなぜかとても穏やかで、とても幸せな気持ちです。

桜がうつくしい。

とても幸せな気持ちであることに「理由」や「直接の動機」がないことも、すばらしいことだと思っている。

何か大きな賞をとれた、とか、ベストセラーを出した、とか、恋人ができた!とか、
とりわけ目立つ、大きな幸せの動機があったわけではない、

去年と同じわたしなのに、今年こんなにも日々を愛おしく感じる。

このことにmention(ひかりをあてる)したいと思います。

UAEの人たちとのミーティングはとてもスピリチュアルで(霊的というよりもスピリット、精神の部分)、いつも、書く小説の内容とかではなく、人が生まれてからその天命をまっとうするまでの幸せとはなにかについて、いつも話合っています。
どうあれば人はいつも幸せでいられるか。

わたしの見つけた答えは「今」を生き、今にmention(意識をあてる)することです。

あしたしなくてはいけないこと、過去にこうすればよかったということ、
つまり明日という理想と、過去という取り返せない現実を、いったりきたりしているうちに、
「今」がうすまっていく。

でも。

あ、さくら綺麗。

そう思ったときに、「あ、でも行かなきゃ」とすぐ思わないで、

その湧きあがった気持ちを2秒でも3秒でも大切に愛でていたら、
ふと時間がぐううっと引き延ばされて、
密度の濃い幸せな時間に変わる。

走り出せば2秒なんてとりかえせる。
なんかそんなことを、わたしは2014年1年かけて学びました。

そして年が変わって、UAEに行って、それらの答え合わせというか確認をしてきた気持ちです。

帰国してから、それらをどうじぶんの作品や発信に反映してゆけばいいだろうということで、悩んだりもしましたが、すこしづつ軌道が合って来たように思っています。

明日から新年度。
わたしは年女。

36という年の巡りに、わたしは何をみつけ、寄り添ってゆくのか。
3つの作品が待っています。

それをやりとげられる歳となるといいな。

20150330_1815131
昨日、国際文化会館にて。








| | コメント (0)

ソメイヨシノ

竜之介と初めて会った、会わされたのは美術館だった、それを取り計らったのは芳本かをり(よしもとかをり)、実環子の高校と、駅と、その場所を結ぶとちょうど三角形になる、つまり学校帰りに寄るにはしばし不便な位置にある画材屋の店員である。漆黒の髪が背中の真ん中あたりまであり、前髪はまっすぐ切りそろえられ、肌は、向こう側が透けて見えそうに白く、白雪姫に似ていた。年齢はよくわからなかった。
見た目は十六くらいに見えたが、話すと二十五くらいにも思えた。その白い肌によく合う、さくらんぼ色の唇をしているのに(一度すっぴんを見たときはそうだった)なぜか、いつも必ず、コンシーラーのようなベージュの口紅で元来の赤みを抑えた上に強いオレンジ系のグロスを重ね、四時頃の夕日のような口をしていた。その唇を震わせ「いらっしゃいませ」と小さく言った。実環子にはその顔と唇はたいそうちぐはぐに映ったが、宇宙は芳本かをりの唇を気に入っていた。
ーーーーーーーーーー
本日facebookが気を利かせて「去年の3月31日のあなたの投稿を振り返ってみましょう」とこの記事を教えてくれました☆
なんだかほんとに驚いた。
「そうだった、その季節ですよね」
わたしはfacebookに向かって答える。
春が来ると春の歌を歌うように、桜の咲く季節に毎年お知らせできる短篇があること、これを書いて7度目の春でもなんだか新鮮に感動しました。
昨夜、UAEそして日本の詩人たちは、桜の下で詩を吟じました。
とっさに吟じれる詩を、わたしは持っていないけれど、自分にもそういえば定番の物語があったのだ。
「ソメイヨシノ」はわたしがとても気に入っている春と色をめぐる短篇です。この季節を愛でながらどうぞ。
10150582_618398908246955_11065226_2

| | コメント (0)

2015年3月30日 (月)

桜の下で…

桜の前で詩を吟じてくれるアルハノ。
アバヤが桜にとても映えて美しかった。
she poet in front of cherry blossem.
so beautiful.

#‎鳥居坂‬ ‪#‎国際文化会館‬
‪#‎こんな穴場があったとは‬ ‪#‎サンドイッチ1700円は高いけどな‬!

20150330_1829101

| | コメント (0)

2015年3月27日 (金)

近況(続き)

実は帰国してひと月ほどは、どうにも調子が悪かった。
花粉症が凄く凄く酷い、ということもあるし、
よくわからないがUAEに比べて日本は空気が重いように感じて(え?UAEって小宇宙なの!?)、なにをするにも、億劫なかんじでだらだらしていた。

寒さにもやられてほんとに堕落した生活を送っていた。

いわゆる反動ってやつですね(笑
燃え尽き症候群の「プチ」の状態でしょうか(笑

頭の中でもUAEで感じたこと、そこによって生まれた変化、を、また今度日本の規格の中でうまく稼働するようにリサイズするというか互換させる作業が、けっこう大変だった。

だから正直、UAEのwritterたちが到着した3月17日あたりより前のひと月のことをあまり覚えていない。

友人たちにはたくさん会って、それはとても有意義だったのだがそれ以外あまり覚えていない。外向的なテンションになれず、自宅でずっとシュメール文明のこととか、アトランティスのこととか、宇宙のこととかを調べていた。

そういう重たい雲のような「動き苦しさ」が抜けてきたのは18日くらいからで、急になんだかとても活動的な気分になり、部屋をてきぱき掃除したり、ハードな予定をこなしたり、
できるようになってきた。
20日の夜は、銀座の女子会があって、UAEのことを彼女たちに報告したりした。
「銀座のお姉さん(ホステス)」
という言葉からは絶対に連想できないような女子会となった。
みんなで社会のことやこの国のこと、働くということ、そして恋愛のことまで、
真摯に語り合って、わたしはとてもいい会だった。

もちろんママが全くもって水商売的ではないからかもしれないけれど、
自分たちの意識がしっかりあれば、水商売的な場所でも水商売的ではなく過ごせる。

もちろん水商売なんだから水商売的に生きてもいいと思う。
ただわたしは、元来水商売的な性格ではないので、
どちらかというと、このままを認めてもらえる場所で働かせてもらうことになるし、
するとその場所はおのずと水商売的ではない場所となる。

「もかちゃんの見聞をみんなで聞きましょう」と、
女子会を提案してくれるママはとても素敵だと思いました。

同時にその前の週にalwaysれいこさん宅に行ったのですが、
あまりに幸せに、母親をしていて、田舎暮らしを満喫しており、
このひとはとことん自分の幸せをまっとうしていく強さがあるなぁと、まことに感心し(←えらそう 笑) 幸せスペックの高いひとだなあと思いました。
いちばん感じたのは強さかな。
ほんとうに得たいものの為に、その他すべてを手放すことをおそれないとか。
(たとえば都会の暮らしや、たくさんの人が集まったあの店など)
そういうオーラの強い人だとあらためて思いました。

話がそれましたが、ともかくそんな素敵な女子会で明けた21日というのは、
宇宙系のひとたちにとっては「銀河新年」とか「宇宙元旦」とかいうとても転機の日だったらしく、そうとは知らなかったけれど、あの夜はすばらしく、おかげで21日は1日いい気分だったから、「銀河新年」かあ、悪くないなあ、という気分になった。
(エポックポイント、ともいうらしい)

わたしはというと、
銀河新年」とかいう大きな節目を超えて、より、
日常に密接して生き、それを発信したいと思い始めている。
つまり、今朝食べたものとか、今日したこととか、そこで感じたこととか。

そういう、とるにたらないことを大切にしたい気持ちでいる、というところで、
今日は寝ようと思います。おやすみ!

Webimg_9688


| | コメント (0)

近況

こう、パソコンの前に座って、ゆっくりとブログを書くのは久しぶりな気がする。
おかげで、わたしにとってのブログというものの意義も見えてきた。

僅か、ではあるけれども私を見守ってくれているファン(もしくは友人というべきか)たちの為に、つまりありとあらゆるSNSを見てくれている人に、
それらの区別をはかりたいと思い、このように分けてみました。

Instagram…旅と食を中心とした投稿。写真に添える短い言葉を大切にする。
Facebook公式…毎週月曜にエッセイを載せる。
Facebookプライベート…友人たちへ向けてときにくだけた内容とか、または一般公開できないようなエモイ投稿(いまのところあんまないが)
Twitter…その他 雑。半分くらいはUAEの友人たちのために英語で呟く。

というところでブログはなにを核に!?というところが疑問だったのだけど、
エッセイを始めてみるとブログの意義が見えてきた。

エッセイの内容はこれまでもここに書いてきたようなことだけど、
「エッセイ」としてするためには読者をかんがみず、自分の世界観だけを抱きしめて走らねばならない。それがエッセイだし、その走る感じは大切だと思うからだ。

でもそれがあると同時に、こういう、読む人に宛てて書いているような場所も必要になってくるように思えた。

第4回目のエッセイでわたしは「日本人」をモチーフにしました。
それに対して真摯なコメントを頂いたりした。
なぜ、ああ書いたのか。それはコメントをしあわないと伝わらない部分があったりもして。

わたしはこの国に危機感を感じていないわけじゃない。

だけど、思ったのだ。国に対する報告書を書くときに。

UAEに引き替え日本はこうです。
日本はこういう部分を失っている。
こういうことが実は遅れている。
こういう考えは……。

うーん、待てよと。
わたしはクレームを言うために帰ってきたのではない。
クレームを言うってことは、誰かになんとかしてよって言ってることでもあるし。

ではまず自分が何から変えられるか。
そういうことを考えたときに、

このひと月いろいろ考えていたのでその長いストロークははしょるとして、
まずは自国を肯定することから始めよう、母国をもっと愛することから始めよう、
そう思った。

具体的な身近な例がそれしかないのでこればっかり言ってるが、
東京の働くママたちはとても大変で、保育園に子どもを入れるだけで、すごく大変。
何十軒も回って、区を変える、つまり引っ越しをする人だっていて、すごくすごく大変。

もちろん国にももっとなんとかしてもらいたいが、

それよりなにより目先のことをひとつひとつ片づけてゆかねばならぬ、彼女たちの逞しい輝きよ。まずはそこを見て、自分にはなにができるか考えてゆきたい、そんな風に思うのだ。

そしてなんかネガティヴなことを発信する時間に、なにかポジティヴなものを発信したいとも思うし。

食したり、歩いたり、様々な行為の中で人はメッセージを受け取る。

わたしは言葉も、そのようにひとつのブーケのようにまとめて、
まとまった感覚的ななにかの塊として、人に届けたい。

文字はよくしゃべるから、
「戦争反対!」
とか
「いまの日本、これでいいのか!?」
とか直接書いてしまうと、ほんとうに

「い、ま、の、日、本。こ、れ、で、い、い、の、か」

というその順列通りの意味しかなくなる。

わたしはそういう風に言葉を使いたくない。
あくまで物語としてまとまった花かごとして、
まとまりとして、ニュアンスのようなもので、登場人物を通して、
そこで発せられる誰かの言葉として、

なにか伝えられるものがあれば伝えたいと思っている。

(近況は続く)

Web20150312_1639271

| | コメント (0)

2015年3月25日 (水)


国に出す報告書に添えた写真です。
リワ砂漠の広大な自然とともに。
I put this photo on my report of UAE for goverment. huge liwa dessert.
we can not control the nature,never,ever,and they control us maybe.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月18日 (水)

落語#writters exchange

落語#writters exchange
「そないゆうても、わし、寄席にくるのも立つのもこれが初めてで、えらい緊張してまんねん」

if u sit there, u should make someone laugh.

‪#‎落語‬ ‪#‎rakugo‬ ‪#‎MBRF‬ ‪#‎writtersexchange‬
‪#‎寺田倉庫どんだけ‬!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

writters exchange

writters exchange

来たよ!彼らがとうとう!
very happy to meet them in japan!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月16日 (月)

月曜モカ子 vo.3

第3回月曜エッセイUPです☆ 迷走期のモカ子のことを書きました(笑
わたくし史上もっとも迷走と思えた公演の舞台衣装と共にお届けします。

あ、来週から午後までにはUPするようにしますね(。-_-。)/

面白いと思ったらでいいので、小説家ページ本体への「いいね!」もお願いします☆

ーーーーーーーーーーーー
《月曜モカ子の”私的モチーフ”》
Vo.3 「第一次迷走期”my revolution part 2"」
大学を卒業してすぐ、わたしはディスコに入った。
え?ディスコでバイトした、じゃないの? とみなさん思うと思うし、実際そうなのだが、
わたしにとってはそれくらいの決意でもって、自分の周りをとりまく環境を変えてみたのだ。  日芸の演劇学科を出て、文学座でも俳優座でもなく、どこかの事務所でも、どこか人気の小劇場でもなく、ディスコに入る。 どうだろう?
その選択肢で女優になれそうでしょうか?

簡単に言えば、わたしはよくある22歳がそうであるように、
迷ったまま走っていたのだ……(続きはこちら)

https://www.facebook.com/pages/中島桃果子小説家/219165231484348?fref=nf

Webimg_0311

| | コメント (0)

2015年3月12日 (木)

神楽坂ぶらり。

神楽坂ぶらり。
撮影 by 近郷画伯
#近場journy

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月 9日 (月)

月曜モカ子 vo.2

UPしました〜☆
(お手数ですがリンクはサイドバナーよりっ)

| | コメント (0)

2015年3月 7日 (土)

instagram #mocako nakajimaⅡ

なんか、1個がだらだら長いブログは見る人が疲れるしやめようと思っていたので、
意味ないですが分けてみました(笑

インスタ続き。
なんか新たに補足説明とかつけてみたりして(笑

【エジプト料理】
補足=Delmaという島から帰ってきて疲労困憊の中ドバイ市内で食べた。

Web20150307_035121

【カジュアルイタリア料理】
補足=帰国後。
我が土曜日勤務のワインバー10color'sの本店に文月悠光嬢をご招待の巻。
話したりず、ジョナサンで紅茶のみました。笑。

Web20150307_035109



Web20150307_035053

【Market】
補足=野菜は野菜、肉は肉、魚は魚とセクションに分かれて、
売られている。そのセクションに何軒、いや何十軒ものお店がひしめきあう。
が、お米は1店舗だったかな

Web20150307_035036

【デイツ】
補足=ちょっと見た目は抵抗あるのですが「UAEってどんな国なの!?」
の、本来はもっとも直球的な答えというか、彼等のルーツの原点にある食べ物であったので、大切なひとたちには無理くりでも食して、感じてもらうべく、買って帰りました。
これはピーナッツバターがかかっているけど普通はそのまま食べます。

Web20150307_035021

【工事】
補足=これはほんとうに今のドバイを象徴する景色で、街は常にしこたま工事中、
そういう意味では中東のパリという言葉が全然あてはまらないくらいに、景観は美しくない。
中東のパリとは実はそこじゃない気がしています。違うところを指しているんだな。

そういう意味で街はどこか誇りっぽく、朝日は美しいが、朝の空気を吸いたいとベランダに出ても、日本で吸い込めるような清々しい空気はここでは吸えなくて、日本と比べてあまりに美しいSunriseを目の前に、どうしてもほんのすこしがっかりしてしまうのだった。
建設現場で働くひとたちはみな美しい。労働者たちには濁りがなく、やることが山積みな分だけまっすぐで、人の在り方を考えさせられた。

Web20150307_034849

| | コメント (0)

instagram #mocako nakajima

どうも。twitter、ブログ、facebookと色んな角度からわたしを見守っていてくれる方が、
多くはなくともいてくださっていること、感じていますし、ありがたく思っています。

なんとなしに発信するのではなく、それぞれに用途を持たせて、
エネルギー使って見守っていてくれる人たちに、全部をfollowしている意味があるなあと思っていただきたいと思いました!

順番になっているのでブログがまだ薄いのですが、
まずはfacebookのオフィシャルページで月曜エッセイを始めました。

次にinstagramをコンセプチュアルに再開しました。
インスタっておしゃー♪なイメージがあったので、
なんか億劫だったので(べつにお洒落でもイマドキでもないし 笑)

そうだ、なにかわたしが発信できる写真ってと思ったときに、
まずJourny、voyageを思いつきました。
というのも身近な人達が、UAE見聞録みたいなものをすごく面白がってくれたりして、
そうか!仕事の関係で中々日本を離れられない人もいるもの、そういう意味では毎年時間をつくってはどこらかしらに行っているということはひとつの希有な情報(身近な中ではという正し書きをそえて)になるのではと思いまず柱を「旅」とすることにしました。

ついで、日頃からなんとなく撮影したままカメラロールに埋もれていく「食べ物」の写真。
こちらはfacebook管理人でもあるさおりさんから「食は大切だから、そこいらもちゃんとレポするように」と言われて初めて「はっ!」と気づいた。

そして初めてUAEで撮った写真を「Food」という観点からファイルしてみた。

無いものを欲しがる、無いものを得ようとすることに時間を費やすのではなく、在るモノに気づき生かすこと。それを慈しむことに時間をかけること。

これは今年のわたしの大きな課題でもあります(いま初めてまとまって言葉にしたけども)

そんなわけでinstagram.
システムが整ってくると投稿すること自体は意外に簡単で。
UAEに行く前に整えるべきだったと反省したり。

ブログに関してはこれから練ります(笑
といいつつこういう感じでええかー。というゆるさもあり。

とりあえず、ここ数日でUPしたインスタを「インスタやってます!」の紹介と兼ねて、紹介。

Web20150307_035207_2

Web20150307_035155_2

Web20150307_035141_2

Web20150307_035132_2

(続く)

| | コメント (0)

2015年3月 5日 (木)

3月5日

3月5日

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月 4日 (水)

シルバニアス島の夜明け

膨大な写真をようやく整理し終わりましたので、
すこしづつ載せてゆきたいと思います。

今日は、シルバニアス島の夜明け。

むこうのひと月のなかでももっと静かで、もっとも印象的な夜明けでした。
Webimg_1612

 

まだ暗い夜明け前のビーチをひとり歩く。
コテージの前にはプライベートと呼ばせていだだけるような砂浜が広がる。
けれどほんとうは、この砂浜は、彼等たちの場所なのだ。

Webimg_1613
彼等たちの気配が残る夜明け前。

Webimg_1614

Webimg_1626

 

あ、まだいる!!

Webimg_1619
じんわりとあかるくなってゆく地平線。

Webimg_1621

 

Webimg_1615

Webimg_1609

風と踏みしめる足もとの砂音だけが耳に届いてくる厳かな夜明けでした。

| | コメント (0)

月曜モカ子

UPしました。サイドバナーよりどうぞ!
投稿 by 中島桃果子(小説家).

| | コメント (0)

2015年3月 2日 (月)

「月曜モカ子の私的モチーフ」

すこし前から考えていたことなのですが、さきほど風呂場にて、突発的に「今すぐやりたい!」と思い立ちまして、
毎週月曜、中島桃果子の作家ページに短いエッセイを載せることに今決めました。

中島桃果子(小説家)となってて、白黒の、万年筆持ってるわたしの横顔がカバー写真になっているページが私の小説家ページです。
(このページをPC仕様でご覧になっていただけると、サイドバナーから飛べるようになっています!!)

twitter,Facebook,ブログと、全部に同じ情報を載せているのでは、投稿する方もフォローしてくれている方も骨折り損というかそんな感じがして。
なので興味ある方は小説家ページにもぽちっといいね!してくださると幸いです☆

タイトルはこれまた思いつきで今、
ー月曜モカ子の”私的モチーフ”ー
にしようかと思ってますが変動あるかもしれません。
私的を(してき)でいくか私的(わたしてき)でいくかは、悩めるところです。

第1回のモチーフは本とらくだ。と言ってもらくだは直接的な関与はしません。本は、又吉直樹さんの「東京百景」です。

なぜそんなことを突然やろうと思い立ったか、は、
わたしが少しだけ、落ち込んでいたからかもしれません(笑

原稿はもう書きました☆
数時間後にUPします、よろしくどうぞ*.。(๑・∀・๑)*.。

Webimg_3135_2

| | コメント (0)

« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »