« Mosque | トップページ | イラン »

2015年2月 5日 (木)

今を映す鏡

「日本人は2つの分かれ道に立ったとき、いつも平和に進む方の道を選んできた」

writters exchangeの作家のマリアムが、昨日の新聞のコラムで、
日本のことを、そしてわたしのことを書いてくれました。

わたしのことというよりは、たまたまマリアムがわたしが話しているときに、
日本人に脈々と流れる国民性を感じてその名前が出たというだけで、
わたしたち皆のこと、と言ってよいと思います。

全文がアラビア語なので、わたしたちは昨日アブダビのガイドのモハメッドさんに英訳してもらい、その後、本人とお茶をしながらそのことなどを話しました。

その全文をマリアムに英語で翻訳してほしいとお願いしたのでまた近いうちにシェアできると思いますが、彼女と話して理解した彼女のコラムの内容はこうです。

『日本は、原爆を受けたり、震災にあったり、また原発のことがあったり、また先日の後藤さんのことなど、たくさんの歴史的な事態に直面してきた。
そういうときいつも道は、戦争に向かう道と、平和に向かう道と二つあって、
日本人は自分たちの過ちや大きな悲しい出来事などを、誰かのせいにせず自分の胸にたずねながら、平和に向かう道を選び、そこへ向かって来た。

マリアム曰く、そういった日本人のいいところが昨日のミーティングからも感じ取られた。
そういう日本人を前に、我々(モスラムたち)も、
今回の出来事を機に、彼の頭(ジャーナリズム)を自分の頭に、肩に載せ、
それを我々の今を映す鏡としなければならない』

ざっとこんな感じです。

わたしは、モスラムとイスラム国が違うってことを伝えたい。
マリアムは、もちろんそれは疑いようのない真実ではあるけれども、
彼女は、同時に自分たちと同じ宗教を信仰する人間が、
こういうことを起こしていることについて、自分たちも何かもっと向かいあうべきものがあるのではないか?と投げかけて文章をしめくくっています。

正しい英文はまた掲載しますので、言葉のはじっこをとらえずわたしの印象というフィルターを通した全体を、みなさんに感じてもらえたらと思っています。

互いが極端に互いのせいにしたり知らん顔をしたり、偏見でもって相手をみるのではなくて、こうして相手に向きあいながら自分自身を、そして自分の国をわたしも肩に載せて、今を映す鏡に向かいたいと思いました。

マリアムは3月日本に やってきます。

20150204_195339 

|

« Mosque | トップページ | イラン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Mosque | トップページ | イラン »