« うたタネvo.2 レポ | トップページ | ぬううぅうん(。-_-。)、との格闘 »

2014年10月 2日 (木)

祓え給い 清め給え

うたタネが終わってからの1週間、とても目まぐるしく、いろんなことがあり、
なかなかブログも更新できずにいまして。
また、このブログをどんな方向性のものにしていけばいいんだろう?みたいな気持ちもあり、
(そんなの自意識過剰なんですけどね)

ずっとバタバタしていたのですが、今週月曜、珍しくぽかりと完全オフがありまして、
わたくし改めてRUN!!してきました。

九月にスター☆たちと会ったわたくし、やはりスターになりたければまず汝からじゃないですけど、食っちゃ寝LIFEを戒めたいと思いまして、走りにでました。

Web_20140929_15_57_51

するといつもは気がつかなかったお宮の存在に!!!!

Web_20140929_16_03_34

Web_20140929_16_04_15

「祓え給い 清め給え 神ながら 守り給い 幸え給え」

お参りしようと思ったところにこの言葉が書いてありました。
(はらいたまえ、きよめたまえ、かむながら、まもりたまい さきはえたまえ)

そう読む、神祥詞(となえことば)三唱 、なのだそうです。

わたしなんだか、その言葉がとても胸にささって、
ああ、今日わたしは、この言葉を聞きに、ここへきたのだなと思いました。

色んなことが世の中にはあります。
過ちを犯してしてしまうことも。

いろんな人の、色んな感情にふれつつ、じぶんはどうあるべきかを問い直したひとときでした。(抽象的ですが)

自分は意外と気の弱いところがあって、自分を肯定し、応援してくれる人のエールより、
自分を否定し、ちっぽけに捉えている人の、些細なバッシングや批評を気にしてしまうことがあって。

でも、それって、凄まじく、不幸なことだなあと、
改めて思いました。

自分を肯定し寄り添い、連れ添ってくれるひとがいるありがたさ、
それを忘れて、自分から離れていくものに手をのばす、
これはいたってナンセンスなんだなあと感じた境内の午後三時半。

Web_20140929_16_04_11
お宮には裏参道があって、
それが左内坂に通じているとあっちゃ、いかないわけにいかないでせう!と、追いかけます!!

Web_20140929_16_06_16
情緒溢れる裏参道。

Web_20140929_16_06_07
野の花も咲いていたりなんかして☆

Web_20140929_16_09_54
みかんの木!!!!

Web_20140929_17_25_04

ラジオで、最近はまっていることは「ちょこっと散策」と答えたからには!と、リアル散策(笑

それでも胸の穢れが落ちたような、
なんとも言えぬ、充実のアフタヌゥウウン、でありました。

ありがとうございます!!笑

|

« うたタネvo.2 レポ | トップページ | ぬううぅうん(。-_-。)、との格闘 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« うたタネvo.2 レポ | トップページ | ぬううぅうん(。-_-。)、との格闘 »