« きき湯のネロリ | トップページ | 場当たり(ねじ) »

2014年10月31日 (金)

水はチョロチョロしか出ない。

週2回のRunも4週目に入り、
ようやく、うんともすんとも動かなかった体重がグラム単位ではあるが落ち始めてきた!

RUNは4週目、ヨガは3週目、
この2週間は「道場」なヨガが週1あったので、Run(1)、ヨガ(1)

なんかね、
わたし、知らない間に、すごく時間をかけて3キロ肥ったから、
(おそらくひと月500グラムとかそういうレベルの太り方)

逆にこういうのって落ちないのよね。

4月からプチ断食とか、なんか色々試したけどまあ、落ちない・(>_<;)・゚゚

なのでもう落ちない前提で、

食べる量はほんの少し気をつける程度にして、
代謝をあげて、普段よりアクティブに動くというやりかたに変えました。

一日に200kcalくらいをいつもより減らして、
一日に300kcalくらいをいつもより動く。

それこそ一日に500kcalくらいのあれなのですが、10日で1kg減る!?とかいうくらいのスロー。

実は案外、量は食べない人なので(なのに痩せないタイプなの)、
もし食事制限をメインにして痩せて、食べたら戻るのじゃ意味ないし怖いなと。

食べることにおびえず、食べても肥らない、というからだにしていくべきかと、
まあ、焦れるんですが細々とやってきたら今日ようやく☆

「運動」というのは素晴らしいですね。

近所に美味しいイタリアンがあるんだけど、
今日は晴れてて走りたかったから、ふらっとランチ行くのやめたもんね。
で、走って帰ってきたばっかりって食べたいのは梨とかそんなだしね。

やっぱ、「動く」ということを皮切りに色んなことが変わってくるなあと。

そんなあたくし、毎度言ってるようにRunの間にお宮参りが組み込まれているのですが、
必ず手を清めます。

その龍の口がね、ほんのチョロチョロしか水が出ないの!
もう、いらいらするくらい(笑

でも今日はここでもハッと。

人はおうおうにして、溜まった分しかみないものだと。
チョロチョロを置き忘れて、そんな大きな結果がでるならそれわたしもやりたいとか、
そう思ってしまうもの。
クラシックダンサー達が光を浴びれば、そういうのもあるのかと思ってみたり、
それだけお金貰えるならやってもいいよ、とか。

でも中村小山三さんは、勘三郎さんとふたりで口上をやると思って歌舞伎の後見やってたわけじゃないんだよね。
(この話はわたしがずっと書きたいのにかけていないトピックです)

5歳から歌舞伎の世界に入って、でも世襲の関係で、わかりやすい言い方をすると黒子に徹して生きた小山三さん。勘三郎さんの初舞台も後ろで支えた小山三さん。
その小山三さんが平成中村座で、勘三郎さんとふたりで口上をつとめたのは勘三郎さんが逝去された年。実に小山三さん、92歳でした。

お宮の境内にたゆたう、どっぷりとした水溜まりは、このチョロチョロが支えているのだ。
このチョロチョロの積み重ねだ。それが人生なのだ。
溜まっている方ではなく、チョロチョロを大切に生きていくのだ。

そんな具合に最近は、

♪目に映る〜すべてのことは、メッセェージ〜♪

『感じること、書き記していくこと、前に進むことが、中島桃果子ですね』

これはラ・カグでのひとこまを綴ったブログに次女あやめっくすが寄せてくれたコメントです。

そういうふうな中島桃果子でありたいと、いま、強く、思っています。

|

« きき湯のネロリ | トップページ | 場当たり(ねじ) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« きき湯のネロリ | トップページ | 場当たり(ねじ) »