« 雪の日に… | トップページ | 地図 »

2014年2月19日 (水)

妄想Run/ Now on sale

ヒールを慣らして夜がまもなく明けそうな芋洗い坂を、麻布十番に向かって歩く。夜中じゅう開いているけやき坂のスターバックスもこの数時間だけは朝一番に向けての準備中の朝五時三十分。冬の帰り道に必須のお気に入り、キャラメルマキアートもこの時間は買えない。なんて寒いの。ほんとうにこんな凍りそうな気温の中でも彼等は彼等の芋を洗ったのだろうか。アスファルトの奥に冬の川をイメージ…

密やかな口づけ(幻冬舎文庫)
妄想RUN 中島桃果子・著 

ーーーーーーーーーーーーー-----------------------------------

アイコンやらfacebook中島桃果子ページでは、まじょきん文庫版発売のお知らせをずいぶんしていますが、ソフト官能アンソロジー「密やかな口づけ」も同時発売されております!その中にワタクシもひとつ「妄想Run」という短篇を寄稿しております。

 実はこの短篇、文庫化にあたり、自分で読み返して「全くエロチシズムがないではないか!!༼☉ɷ⊙༽」と驚愕し、しかも妄想がRunする話とはいえとっ散らかりすぎている!!とかなり加筆修正に苦戦いたしました。
 2011年に書いた話を2013年のわたしの持ちうる実力と技術をすべて投じて加筆修正した新しい妄想Run、こちらも本日発売!楽しんで頂けましたらこれ幸いです!

【内容紹介】
娼館に売り飛ばされ調教された少女。大きい胸をもてあましている女性。不倫の恋人に飽いて、高校生に惹かれていく病院受付の女性。SMの世界に足を踏み入れてしまった地味なOL。湯船の中で前日の甘い記憶を思い出しながら一人で楽しむ女性。生徒と関係を持ってしまうピアノ講師。様々な形の愛が描かれた気鋭女性作家による官能アンソロジー。

吉川/トリコ
1977年愛知県生まれ。2004年「ねむりひめ」で、第3回「女による女のためのR‐18文学賞」の大賞・読者賞をダブル受賞

朝比奈/あすか
1976年東京都生まれ。2006年「憂鬱なハスビーン」で第49回群像新人文学賞を受賞

南/綾子
1981年愛知県生まれ。2005年「夏がおわる」で第4回「女による女のためのR‐18文学賞」大賞を受賞

中島/桃果子
1979年滋賀県生まれ。2008年『蝶番』で新潮エンターテインメント大賞を受賞

遠野/りりこ
1975年、東京都生まれ。2008年、「朝顔の朝」で第3回ダ・ヴィンチ文学賞読者賞を受賞。11年、『マンゴスチンの恋人』で第12回小学館文庫小説賞受賞

宮木/あや子
1976年神奈川県生まれ。2006年に『花宵道中』で第5回「女による女のためのR-18文学賞」大賞と読者賞をW受賞しデビュー

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
他の短篇も読ませて頂きましたが、どれもすばらしかったです。
これはお得な一冊だと思いますのでみなさまよろしくお願いいたします!

41vzautbxkl_sl500_aa300_

男の人の中に潜む、六歳の男の子が顏を見せる瞬間、
それをいつも心待ちにしている気がしている。
性的で猥雑な行為のはざまでも、その無防備な一瞬は、なんだかすごく尊い気がするし、その表情にはどの瞬間より嘘がなくて、隙だらけで、純度が高いんだもん。

|

« 雪の日に… | トップページ | 地図 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 雪の日に… | トップページ | 地図 »