« 壽三升景清 | トップページ | お知らせ!! »

2014年2月 3日 (月)

あの「まじょきん」が文庫に!

幻冬舎文庫の2月の”旬な女たちフェア”で

と金の文庫と、
○短篇”妄想RUN”が収録されたソフト官能アンソロジー「密やかな口づけ」

が発売になります!(•'╻'• ۶)۶なんと2冊!
よろしくどうぞ!!旬な女たちフェアだって!笑 えっへん!

Img_0992_2

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2010年に単行本発売された「魔女と金魚」が装いも新たに、文庫になります。文庫版には本編の他に、「魔女と金魚」の前身となる短篇スピンオフ「恋とアイスクリーム」も収録。なんかバラバラになっていた家族が一緒に住める一つ屋根を貰った気分です。ううう。(涙)
あとはわたしのあとがきと、そして、な、な、なんと、
そして文庫というものには解説というものがつくらしいのだけれど、それを、ドレスコーズの志磨さまこと志磨遼平さんが引き受けてくださってこれまた同じ本の中に家族よろしく収まっているのであります✧*。ヾ(。>﹏<。)ノ゙✧*。
こんな日がくるなんて2011フジロックでは思いもしなかった!
(わたしの志磨さまへの情熱は、ブログのカテゴリに”志磨サマ”があるほどですのでそちらをご参照頂きたく)

Webimg_1008_2 Webimg_0706_2

装画は小倉マユコさん。
幻冬舎装幀室の方が、単行本が出たときから文庫版には小倉さんでとイメージを温めてくださっていたらしく、そう相成りました。みなさまに早く装幀をおみせしたいです!

また、2011年に発売になった「眠らないため息」(ソメイヨシノ収録)を彷彿とさせるソフト官能アンソロジー「密やかな口づけ」ですがこちらは2011年に幻冬舎文芸誌gingerに単発掲載された「妄想RUN」が加筆修正のち収録されました。ソメイヨシノとはまた全く違うタッチの、疾走していくブレーキ感ゼロの妄想モノローグ小説です、巻き込まれて頂ければ。笑。

Img_1010

ちなみに「密やかな口づけ」はわたしの担当編集者壺井さんが命名したタイトルだそうです。こちらも装画とマッチして美しいしあがりです。発売は2月8日!

|

« 壽三升景清 | トップページ | お知らせ!! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 壽三升景清 | トップページ | お知らせ!! »