« 小雨とヒヨコ饅頭と | トップページ | お知らせ!! »

2013年10月15日 (火)

フィリア・ドゥ・フェティソ

フィリア・ドゥ・フェティソ
いつの時代の話かは知らないが、一世を風靡した、旅回りのサーカスの一座があった。
サーカス、むしろ見世物小屋といってもいいかもしれないその一座は、町から町へと渡り歩き、儚いひとときの幻を、永遠に人々の胸に閉じ込めて、煙のように消えていく。その華やかな光、瞬きも忘れて見入ってしまう曲技の数々、どこからともなく聞こえてくる不思議な音楽。一座が放つ妖しい香りに引き寄せられて、人々はそれをひとめ見ようと行列をなした……
ー艶蜜花サーカスー*フィリア・ドゥ・フェティソー

官能押しばかりしていましたが、文芸作家が書くライトノベル、というところで、その物語性にも入魂しています。
本編5編+表舞台の楽屋裏(スピンオフ)の計6編から成る、いつかのどこかのサーカスの一座の物語。3話目からどんどんお話が繋がってゆきます!好評発売中!!よろしくどうぞ!

http://www.amazon.co.jp/s/ref=nb_sb_ss_i_0_2?__mk_ja_JP=カタカナ&url=search-alias%3Daps&field-keywords=艶蜜花サーカス&sprefix=艶蜜%2Caps%2C371

|

« 小雨とヒヨコ饅頭と | トップページ | お知らせ!! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: フィリア・ドゥ・フェティソ:

« 小雨とヒヨコ饅頭と | トップページ | お知らせ!! »