« ガリ勉 | トップページ | お知らせ!! »

2013年7月11日 (木)

オススメの官能漫画

この4日間、数時間の仮眠とオールウェイズ以外、70時間以上ほぼ執筆しています、官能小説。
あたしはガリ勉で、研究熱心。
でもほんとガリ勉の熱意って名作を引き寄せるよね〜

ってわけで、最初カスばっか引いてた参考官能文献も、「うおおおお!」っていう気合い入ってる作品との出会いに変わってくわけで。だんだん核に近づいて行く感じ。

「抜ければいいしょ、イケればいっしょ」って感じじゃないところでこっちもやってますからぁ! そしてかつ、確実に女子を濡らし、男子をいかせたいですからぁ!
っていうガチなとこ、目指しているよねーっていう気合いに触れられると、負けていられない気に。これね、作ってるほうって結構真剣に取り組んでいるのよ。

熱意こめてやってると参考文献からの執筆じゃなくて、書き終わってから、似たような軸をもつ面白い作品に出会い「あたしって間違ってなかったやん!」とかのご褒美的な気持ちにもなるのです(*´˘`)♡
わたし、パクリ&リリースにアフレイドないですから。

といわけで、ガチでFDF艶蜜サカスにむかうモカコの、ガチレコマンドの3冊はこちら!
Img_8629

左は女性向け、真ん中はボーイズラブ、右は男を上手に描いています。
面白い作品の共通点はね、**向けとか言ってるけど男女問わずに楽しめると思われるところ。つまりどっちかに都合良く偏ってない作品なんだよね。

女向けなら、めっちゃカッコイイ男が「この俺が、おまえにはどうしても振り回されちゃうんだ!」ってこれといって特徴のない「あたしなんか…」な平凡なひとりの女の子にぞっこんになり(そんな都合いい話ないって…)

男向けなら、清楚で巨乳のめちゃ可愛い女の子が「欲求不満なんです〜もう我慢できないのでここで抱いてくださいっ!」みたいになって…
(そんな可愛かったら引く手あまたで欲求不満な状態ならんやろ…)

求めるものが違いすぎて、
もしかしてセックスって、男女最大の行き違い行事なのでは!!!
(* ̄□ ̄*;と思っているわたしなんですが、

面白い本はそういう行き違い感も上手に描けてておもしろいな〜と。
それでいてちょっとした偏りはそのマーケットの読者を満足させられるようにちゃんとあって。
ボーイズラヴとか、ヲタ女が読むと思ってるあなた。これね、モテちゃう女子をくすぐってしまう雰囲気なんですよ…まったく。笑。

てなわけでFDFもまだまだ冒険して行きたいと思います!
FDFの偏りで言うと、今までモカコ作品には多々でてきた優柔不断ではっきりさせるのが苦手で、誰が好きかわかんなくて女いっぱいいて、優しいところについ流れてしまう男の子像……封印してます!笑
グレー恋愛…封印してます!!

みんなかっこいいです!!みんなココってところで決断してくれます!
ひゅ〜♪ そんな小説もよろしくどうぞ。

ご心配なく。船パリにはなにせ山嵜比呂十さんがおらっしゃるのです。この厄介な男のひとと関わるためにはみなさんFDFを読んで、ラヴ注入しておいてください。大正のリアルが追いかけてきますからぁ!

というわけで今回も長くなりましたが、これがわたしのストレス発散なので許していただきたく。あ〜、これがコラムになれば林真理子さまですわ、anan後ろから開かせるほどの引きのある内容わたしは書けんけど。

|

« ガリ勉 | トップページ | お知らせ!! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ガリ勉 | トップページ | お知らせ!! »