« お知らせ | トップページ | ナオミとランチago »

2013年2月20日 (水)

モモ

16418_426263844127130_1756139899_n

2009年にかつて溺愛していた児童書を順番に集め始めました。
その中から一冊。
『モモ』です。ほんとうに不思議な食感の小説で、宇宙人が書いたんじゃないかしらって思ってしまう。

ミヒャエルエンデ。

映画の「ネバーエンディングストーリー」の原作「はてしない物語」を書いた人です。
高熱を出して学校休んだ2日間に二段ベッドの上で読んだので、ほぼラリッてるのと同じ感じのトリップした記憶があります。

「あなたは過去と未来のことばかり考えて、そこをいったりきたりして”いま”を生きていない。だからあなたは、いまここにいない」

ということをあるひとに言われて、
その後 ”腰痛は怒りである” という本の中にも、
「いま・ここ」を生きれば腰痛は治るというリンクする言葉を見つけ、
※医学的根拠があるかないかは別として。

ああ、なんか「時間」がヒントなんだ。と思ったときに、たまらなく『モモ』を読みたくなった。きっとなにかを見つけることができる気がして。

『モモ』は時間泥棒のお話です。
時間なんてあってないもの、とかって言い出すと哲学的で解らない。でもいま、いつかの為だけに「いま」を生きると、
永遠にその「いつか」には辿りつけないんだってことだけはわかった。
「いま」の為に「いま」を生きないと時間は、つまり絨毯は、どんどん延びて、ずっと城に辿りつけないんだ。俯いたその目先に映るの絨毯の赤だけを見つめて足を出していると、いつのまにか城にぶつかる。なんかそういうことなのかな。

わたしが今持っているのは昔持っていたのとは装幀が変わってしまっていて、本来はこの、絵みたいなやつが装幀です。

45792_426263877460460_1836131596_n

|

« お知らせ | トップページ | ナオミとランチago »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« お知らせ | トップページ | ナオミとランチago »