« 母親の幸せスペック | トップページ | ノスタルジイ… »

2012年10月 2日 (火)

さいきんのできごと

新作執筆のため怒濤のように過ぎた9月、ずっとブログ更新できていませんでしたが、
本日さいきんの出来事を一気にブログにまとめました!

実は先週木曜日に入院しまして、カテーテルアブレーションという不整脈の手術を受けました。入院前WPWと言っていましたが、実際は「房室結節リエントリー性頻拍」という病名で、まあ、病名というよりは先天的なものなのですが、正確にはWPWではありませんでした。

「房室結節リエントリー性頻拍」というのは、心臓の上と下のお部屋を繋ぐところにふつうは一つある電気信号の通り道が、ふたつある病気です。トンネルが二個あるせいで、
あっちのトンネルからきた信号がなんかの拍子にこっちのトンネルから戻って、またあっちのトンネルからきてとリエントリー(ぐるぐる何周もすること)することで、頻脈になるという理屈だそうで、その余分なトンネルを焼きました。

カテーテルブレーションとは開胸、つまりメスを入れずに足の付け根から針金くらいの管を入れて心臓まで到達させて余分なあれを焼く治療で、管をいれたところが止血されたら、傷はまったくないのと同じになります。すごい技術だなって、体感してつくづく思いました。

まあその経緯なんぞもまとめましたので、お時間ある方はここからさかのぼって頂くか、
9月27日の日記から順に読んで頂けたらと思います。

Photo_6

|

« 母親の幸せスペック | トップページ | ノスタルジイ… »

コメント

心配していましたが、無事に手術が終わって良かったです(^^)

投稿: ゆうひかり | 2012年10月 2日 (火) 07時32分

私も昔から頻脈発作がありカテーテルアブレーションを13日にしました。同じ房室結節リエントリーでした。今はいつ起こるかわからない頻脈発作に別れを告げて喜びと医師に感謝してます

投稿: 不二子 | 2013年3月17日 (日) 18時52分

ゆうひかりさん

コメント頂いていたのにレスしてなかったんですね!ごめんなさい!心配かけましたが今は元気はつらつです!

不二子さん
あの「いつくるかわからない」感じは不安ですよね。わたしもこれが治ったことですごく人生が新しくなったのを感じます!

投稿: もかこ | 2013年3月22日 (金) 08時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 母親の幸せスペック | トップページ | ノスタルジイ… »