« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月

2012年9月30日 (日)

中秋の名月

本日朝無事に退院いたしました。
コメントくださいましたみなさま、いいね!押して下さいましたみなさま、みなさまの励ましに感謝しています。わたしの心臓は無事リニューアル。
そのリニューアルテストよろしく本日は台風なり。
(※以下長いので暇なかた〜)

いつもなら台風なんかが近づけばズウウン…と重たくなる心臓が重たくならない不可思議と、それに慣れない体の記憶が「なんか重たいかも」なんて思わせぶりな雰囲気を醸し出すも一瞬、わたしのからだは信じられないくらい健康で、カテーテルという手術方法の凄さを実感するばかり。

ということで退院後わたしが最初に駆けつけた場所はやはり芝居小屋なのでありました。もはや運命(さだめ)のように、地震の日も芝居小屋、今日も芝居小屋、賞を獲ったのも本番直前の芝居の稽古場、人生のすべてが芝居のよう、もはや死ぬときも小屋にいるんではないかしら。ですからわたしは毛皮のマリーズの「ビューティフル」のあの歌詞の「音楽」の部分をついつい頭の中で代えてしまうのですよ、志磨様!

『まるで人生のような物語、まるで物語のような人生』

物語と芝居、この区別がわたしにはつかない。

本日事情を知っているねじのファンのみなさまびっくりしてらしたよ、そして温かいお言葉ありがとうございます!

もうねじとかは始まる前に泣いてしまいそうな。身内の芝居ってこれだから嫌(笑
しかし身内ってことに甘えてこない彼らそれぞれの「ひとりズム」がとても良かった。誰かに甘えている役者がわたしとてもキライだから。ある意味深くていいタイトルだったんじゃないかなあ「ひとりズム」ちっくしょー、いい役者ばっかり4人も集まりやがって!とか思うし!!

今日はその後、妹ふたりと母とご飯。
「ふつうね三十歳すぎて母が東京来たらおいしいものとか食べさせてあげて欲しいものとか買って上げるものだよねぇー」
とか言いつつ金欠のワタクシ、ブルジョワな?笑 母に甘えぱなしでおいしい和食をごちそうになりました♪
そしてさきほど我がダブルベットの半分で母が就寝後、ちょっとベランダに出てみたら、台風が去って中秋の名月が煌煌とそこに佇んでゐるではないか!!
速攻母親が買っていたらしき「丸くなるな星になれ」を冷蔵庫から持ち出し、月見で一杯。(お酒ももう飲んでよいのだ!飲み過ぎないけどっ!)

思えば去年の今日もこうして志磨くんのラジオを聴きながら月光浴をしたなあなんて思いつつ。一年は早い。
去年の今頃はわたしの無配慮でとても大事なひとを傷つけて、その返り血に傷ついて、からだ中から血が噴き出したような苦しい苦しい九月、月の光は傷口を優しく照らしていた、きっと忘れないように。まるく柔らかい月だった。

今年は言葉通り新しいわたしになって、数日前よりも逞しいわたしの体を射すスポットライトよろしく、その月は真上のような位置に煌煌とあった。
(はめちゃん、これはまさにモカコサス!(*゚▽゚)ノ 藤子サスでも蘭子サスでもない、モカコサス!!!※サスとは照明用語でピンスポのこと。だよね?)

去年の今日、自分に向かって掲げた目標、ヘドウィグの監督が撮った「ショートバス」のパンフレットにあったある言葉を、月を眺めながらもう一度じぶんに問いかける。わたしの努力は、きっとまだまだ足りない。でも、もっと出来そうな気がする、今日の自分は。

井上ひさしが書いた戯曲『花よりタンゴ』
ここから「蝶番」という言葉を貰って、登場人物、桃子の「中秋の名月だからじゃないのー」という台詞を追いかけて、わたしとちほは走ってきた。
それはすなわち上海バンスキングの背中を追いかけてきたのであって。
でもとりあえず「花よりタンゴ」から追いかけたわたしたちの船出は間違っていなかったことを、大正を極めたいま、わたしはとても感じている。
きっとあの井上ひさしの戯曲があって、上海バンスキングがある。だから順番は、本当がそれで良かったんだ。
あのとき上海バンスキングみたいなことがやれるかもしれないって、あの台本を図書館からひっぱりだしてきたちほの嗅覚。あの頃わたしたちは本能で動いていたけど、本能は理屈をおいてけぼりにして物事の本質を引き寄せる。
あのころのわたしたちは、あんなにも何も知らなかったのに。こんなにも的を射貫いていたよ、そのことに12年気づきもしないくらいにそれはど真ん中だった。

次に中秋の名月が来る頃は、この街のどこかで『船パリ』の幕が開いているといいなぁ、みたいな夢を見てみる。そしたらちほにまた「中秋の名月だからじゃないの」と言わせよう。だってわたしは作家で演出家だから。笑。勝手に台詞つくっちゃうよ?
でも今日だけは執筆はお休み!

Photo_3

写真は色々。魚眼アプリにはまる病室のわたしとか『ショートバス』の例のページとか。いやしかし、ぐんと寒くなった先週の今頃、毎日胸が(きゅううん…)ってなってて、甘い恋の記憶かだったしらとか、その(きゅううん…)の正体を必死に辿っていったら…え? 恋でもなんでもなく、12年程前の、夜稽古が始まる頃の日芸の校門のあたりを抜ける風の感じとか、地下の稽古場の明かりの感じとか、そこだったことに気づいて「結局芝居かい!」と自分で自分に突っ込んでしまった入院前。
芝居だけでなくて恋の(きゅううん…)とかも欲しいけど!?
無意識のきゅううん…すら芝居とあればもうこれは物語と心中ですな。

いやはやほんとうにみなさま、ありがとうございました。

久しぶりにPCからなので長くなってしまいました。
芝居がしのごの言う前に、モノを読んだり書いたりという行為は呼吸のようにわたしに備え付けられていて、ほぼ無意識のうちにしてしまう…つまり芝居よりずっと手前にあるんだよなぁ、じぶんが生まれたときから女であるみたいに。

ただただモノを読み書く人を作家というのであれば、わたしは芝居人である前に一生モノ書き、生きていることがモノを書くということのようです、どうやら。

| | コメント (0)

ひとリズム

身内として、これ見逃すのはナシだろ…と思っていたねじ番外公演。
ほんと嵐を乗り越えてひとつの作品に結実したことに拍手。
楽屋というものはいつも慌ただしくって、そういうのを全部飲み込んで出来上がっていく芝居っていうものはやっぱりいつでも替えのきかない究極の生モノだ。

あるいはそれは、どれだけがんばってカメラに納めてもその本当の輝きをそこには残してくれない今宵の月のよう。

瞬間に、その空間で頂くことが正しい食らいかたであって、
思わせぶりな匂いを放てば放つほど芝居ってものはどんどんと愛しい。

254442_325419820890137_1979101257_n

| | コメント (0)

2012年9月28日 (金)

術後

399651_362737223813126_90805659_n
【ご報告】

今朝、無事に手術が終わりました!わざと不整脈を誘発して悪いところを治すのでかなり辛くて「いたいよぅ…」を連発してましたが、手術は大成功だったみたいです。みなさまありがとう!

現在、カテーテルを入れたところの止血中にて全く身動きとれないのでベットにて我が溺愛のロンバケを鑑賞ago。寝返りを打てないので腰が痛い以外は元気で、台風近づいてるのにほんとに心臓が重たくない!感動!

みなさまほんとにありがとう!

| | コメント (0)

2012年9月27日 (木)

ーFacebookよりー

※臨場感お伝えすべくそのままコピペしてます〜

みなさま、たくさんの励ましコメントありがとうございます!全く予想をしていなかったことですごくびっくりして驚き、感動しました!
電波があまりよくないのでひとりひとりに返せなくてごめんなさい!感謝の気持ちを、暇を持て余した病室で、モカコの「異常エモ部位」に関するレポを今日のママに関する笑える話と共に綴ってたら、起承転…くらいでfb落ちて、また起承転け…くらいで落ちて、さすがに同じことまた打つエネルギーがなくなってきたので、それはまたブログにでも書くことにします。

とにかくママは可愛いシューズ履いてたってことと、デジカメの中身がだいたいパパとのツーショットやったってことと、「もうすぐ満月やから!な!窓から見なさい!な!」の満月押しが凄かったから、
おそらくこのひとにも異常興奮部位はあるっぽいよね、と思ったことと、
「杉田さんみたいになりたくなぃ…>_<…」

を連呼してたのに見事なエモcry(T . T)を見せたバースデーさおりにもその部位あるっぽいなとにらんでるってことと、
わたしから異常興奮部位が焼却されたら、エモーションもかこじゃなくなるかも、とか、そーゆーどうでもいい話です。

写真は異常エモ部位をまだ携えた術前もかこ、わらび餅を食べる、の巻。

手術は明日朝9時です。
みなさまほんとにありがとう。

また治療がすんだらきちんと報告します~

486834_362496477170534_2118714767_n

| | コメント (0)

《お知らせ》

えっと、本日から数日入院しまして明日不整脈(WPW症候群)の手術をします〜
カテーテルの手術で開胸ではないです。なんか頻脈発作を起こす信号を発している心臓の電束をレーザで焼くのだそうです。
こう書くとなんだか怖い感じがしますが、お医者さんからすると簡単な手術なんだそう。そうだよね数日で退院できるわけだし。
病院も噂によると、WPWに強いとてもいい病院だそうです。
病院キライですがこれであの鬱陶しい発作ともオサラバ!と思ってがんばります。

また退院したらみなさん遊んでくださいね。
とかかいてたらママ到着 笑 (写真) 
「ママ、やってきたヨ(*゚▽゚)ノ」的な、なんか笑えるポーズしてくれてたのに撮り逃した!

Photo_4

| | コメント (0)

2012年9月26日 (水)

無題

訳あって1日だけ原稿の呪詛から解き放たれた本日、すごい寝ました。
時間じゃなくて、何にも追われず「安心して寝られる」という睡眠とはこんなにもすばらしいものかと感動した。

| | コメント (0)

2012年9月23日 (日)

つゆのあとさき

【銀座6丁目のダンスホールを経て乃木坂のカッフェーで働く女給モカコ】

『女給の君江は午後からその日は銀座通りのカッフェーへ出ればよいので、市ヶ谷本村町の貸間からぶらぶら堀端を歩み見附外から乗った乗合自動車を日比谷で降りた』

これが最初の2行。
この2行だけでいろんなことがわかって収穫もさることながら、市ヶ谷本村町って馴染みの店があるところやん、ほんでまさに「市ヶ谷本村町の貸間」にそのお店のオーナーはお住まいではなかったかい?(。・・。)/
そんなことで一気に親しみやすくなった永井荷風の「つゆのあとさき」

四ッ谷から神楽坂へ向かうあの大通りの感じとか、日比谷から数寄屋橋に高架をくぐってぬける感じとか、店終わりの君江を懇意の客が四ッ谷まで追いかけてきて
「荒木町か牛込で一杯」と誘い、結局神楽坂の待合(平たくいうとラブホ)に円タクを拾っていく流れとか、描かれている建物とかは昭和初期のそれだけど、いまの東京に置き換えても身近な話題だし地理も頭にはいってるとなお面白い。

永井先生の描写になぞらるとさしずめわたしは、

『芝居を志し銀座の6丁目のダンスホールに四年程いた昭子はわけあってそこを辞め、その後芋洗い坂の歌声喫茶、カッフェー・オウルウェイズの女給に落ちついた』

ということになります。昭子はその後、文壇にデビユーし桃果子と名を改めたがいまのところいまいち売れ行きがかんばしくないのと、そのカッフェーへの思慕もあいまって、週に三度ほどはそのカフェーに顔を出し、姐さんと円タク(いまは千タクだけどね)にのりあって霞町の交差点を横切り家路につく…笑 
うん、わたしライフもなかなか江戸前。
ちなみにカフェーはいまでいうクラブとかキャバクラとかの類い。まあオウルウェイズはスナックですけど…

しかもわたしが小説中につかっているカフェーの名前と永井先生がつかっている名前になんと笑えるシンメトリーがあったこの奇遇さよ!笑
刊行した船パリを読んだ人は、「”つゆのあとさき”に影響をうけてこうしたのね〜」と思うでしょう。が、そうではないことを友人達には知っていてもらいたいぜ!
これはまったくの偶然です!
↑と、いつかウィキペディアに書いて欲しい……いまはページすらない…
そして限りなく永井ワールドに近い発想までわたしはきていた……というか置き換えてみるとまるで平成の”つゆのあとさき”のような暮らしをしている自分がここにはいるのでした。

大正投稿ばっかですいません。しかしアマゾンてもうほぼアスクルだよね「明日来る」もんね。永井先生は夜の世界では有名な遊び人でございました…。
そしてこの頃、渋谷とか新宿はまるで田舎だったから、だいたい銀座から人は牛込や神楽坂や四ッ谷に流れていたみたい??大正〜昭和初期の小説には渋谷や新宿で遊ぶ描写がまったくありません。
それを思うと市ヶ谷本村町、荒木町、神楽坂あたりで飲んでいる近年のわたしの遊び方ったらとっても昭和初期!!注:近頃待合には行ってません!笑

Photo

| | コメント (0)

2012年9月22日 (土)

浪漫子

とりあえず歴史という歴史を片っ端から浪漫に変えているいま。

アールヌーヴォ→巴里→船→恋=浪漫。
ジャズ→お酒→ダンス→密着→口づけ→浪漫♡ 
着物→脱がせる→男が着付ける?→浪漫。
山の手線開通(1925)→男と女も開通?→浪漫♡

え〜浪漫はいかがですか、浪漫のてんこ盛りはいかがですか? 
もはや昼ドラのプロットとか書けそう。いやしかしドロドロはいらなんです。
浪漫子だけで大変結構。昼ドラ的ロマンス−ドロドロ それは巴里。
ああ、寝みだれてアールヌーヴォ〜、アールヌーヴォ〜みだれ髪。

20100316070651

| | コメント (0)

2012年9月16日 (日)

大正モカコ

Img_5342

「だらだら記」にて貧しくも楽しい日々について書きましたが、お金がなくてずっとお買い物とかできてなくて、先日思わずこれを衝動買い。執筆のテンションをあげる為の羽織。千円也(笑)

今日、返さなくてはならない本を返しに図書館行ってまた一杯借りてきたんだけど、時代、だいぶ極めてきた感を感じた。必要な本があるべきエリアに行くと、瀬川さんの本や毛利さんの本や、三澤氏にお借り中の本などがポツポツ並んでいて「これとかもう家にあるしね!」と勝った気分(笑 

加えて、谷崎潤一郎の単行本を借りるついでに、じゃ永井荷風も単行本あるかなと「ナ」行をふらふら見てたらなんと「中島桃果子」を見つけてこれはご機嫌!
(。・・。)ポッ
友達から図書館で借りたよ〜♪とか聞いてたけど、自分が通ってる図書館に自分の本があるとは……きゃー!!(>▽<)ノ
そしてやはりそれはまじょきんなのか…とマーケティングリサーチ…そしてなんの因果かalwaysのみゆきと名高(くはな)い?わたくしの隣は中島みゆき女史であるというこの事実…
明日明後日は自宅に缶詰でこの羽織きて執筆に励みます。さいきん某友人に飯を食わせてもらってばかりで申し訳ないところの大正モカコ33歳、がんばります。

| | コメント (0)

2012年9月 6日 (木)

ーだらだら記ー

昨夜バカみたいに寝てしまいました…ときどきやらかしちゃうね。そして今日も晴れている。
快晴だと困るのが、プールに行きたくてたまらなくなること。

すべての細胞が入れ替わって身体が変わるまで半年かかると篠田さんに教えてもらった情報と照らし合わせると、自炊を増やして野菜を圧倒的にとるのを始めたのが5月で週2プールを始めたのが6月だから、まだまだ半分。それでもすこしづつ変わってきた感じがあります。体力とかね!
体重は一キロ減りました(笑 1キロってバカみたいな数字だけど、食事制限をしてとりあえず減らすという目盛りのことではなく、生活の中で、動かぬ数字として1㎏落ちたってのはなかなかいい。

からだを動かすのはすてきなことで、特に先月末からは怒濤の調べ物で毎日すごい分量の文献や資料を読んでいると脳みそが煮え立ちそうになるので、そうならないようにプールに行く。
特に芝ぷは50㍍という長さと屋外のバカンスちっくな風貌が気に入って、プールじまいになる15日までになるたけ行きたいと思っているところ。

あんなにバカンスなのに区民プールというカテゴリゆえ、バス行き帰り400円、プール2時間400円と、あわせても800円、夏目漱石さま不要の低出費で堪能できるのである!!(*゚▽゚)ノ
先月あまり働かず映画撮ったり図書館いったりなんぞしていたので、極貧の底にいる今月のわたくしは、我が憧れの時雨さまとはまったく馬があわなかった、貧乏をあっけらかんとしたため一躍スターに躍り出た、林芙美子氏の「放浪記(みなは森光子でおなじみかな)」をみならい「だらだら記」と冠うった以上、ここ数年にない経済的苦境に立たされている自分のことも芙美子氏のように記していこうと思う。いやはやしかしどこへ出かけるにも右手を上げていた昨年までの自分が懐かしい。

林芙美子という人はわたしは実はその雑草的強さがすこし苦手で、粋でお洒落な時雨さまが野暮ったいと嫌ったのもわかると思いつつも、なんとなくハイソな文章ばかりが散りばめられている「女人芸術」の中で、
ーああわたしの頭にはプロレタリアもブルジョアもない。たった一握りの白い握り飯が食べたいー
という彼女の文章はひときわ小気味いい生活音を立ててそこに居る、と感じた。ほとんどの日本人が芸術や思想の前に生活と隣り合って生きているのであるから、この放浪記がみなの共感を得たのは当然かもしれない。

ともかく船パリを書き上げその印税が入ってくるまでは極貧の中、バンスを返して生きて行かなくてはならない2012年後半、わたしは貧乏を楽しむことを決意し、
アマゾンで大量購入してきた文献を図書館に通うことに切り替え、飲みに行くことを我慢し、ジムではなく芝ぷに通い、外食で費やしてきたお金をピーコックに投入することにして、そうしてできた少しの余力で皆にスタバをふるまうことにした。
わたしにとってスタバはそれだけで贅沢になれる代物であるので。
お金がなくなっても、いままで自分が他人に対してしてきた親切は形をかえても同じ熱量でしていきたいと思う。

お嬢様然とした考えかたかもしれないけど、お金ってお金じゃないんだと思う。お金って気持ちなんだと思う。だから120円の缶コーヒーでも「おつかれ」って誰かがくれるとすごく嬉しいし、いつもあれこれしてくれる先輩に対しても必ず毎回「ありがとう」って言いたい。その逆は悲しい。

ありがたいことに洋服だけはmiss・MODEと呼んで差し支えないモデルの中本奈奈姐さまがシーズンごとに不要な服や靴やらを下さるので、しかも奈奈さまは時雨さまよろしく、中古とはいえものすごい美品しかくださらないので、いっちょまえの服やら靴を身につけることができる。

そして話は漱石不要の芝ぷに戻るのであるが、先日、中本奈奈姐様とご一緒した際、2階にあるテラスが非常にバカンス〜♪であることを知って、以来2階に基地を構え、昨日も無理くり行った。
しかしさおり嬢に『いいだろ自慢(*゚▽゚)ノ』をしていたら『もうすぐマジ雷雨ですから早く帰宅せよ!』的返信が来て、あれよあれよと言う間に空は真っ暗、小雨の中を飛ぶように帰宅し一難はまぬがれたのですが、このスカっ晴れをみていると、今日にすればよかったなあと思いながら、ようやく斎藤憐さんの「昭和のバンスキングたち」を読み終えたとこ。

斎藤憐さんは文章の中で昭和初期のジャズエイジに思いを馳せる。
わたしはその文章の中で「ひきかえ今は」対比としてでてくる1980年代初頭の東京に思いを馳せる。
憐さんが取材に伺った厚生年金会館裏の路地。
上海バンスキングの初演の年に生まれたわたしはそのころ2歳。そのころの新宿はどんな感じだったのだろう。

2010年の上海バンスキング再演のゲネプロにいらしゃっていた憐さんも昨年惜しまれながら亡くなった。もしかしたら憐さんに直接お話を伺うことができたかもしれないところまできていたのに、いまこうして彼の筆致からしか憐さんを知ることができないことを寂しく思う。ベティ稲田というジャズ歌手の方が「当時(戦前)の六本木といえばゴトウ花屋と角の古本屋くらい」とその本の中で語っている。
ゴトウ花屋とはいまのGOTTOのことだ。2010年の秋にその花屋で半日を過ごした。

わたしがおばあちゃんになってもGOTTOはあるだろうか。
そしたらそのときわたしを取材する誰かにその日の思い出を語りたい。
そしたらその誰かによって2010年のGOTTOもセピア色の物語になる。
ノスタルジーは誰かが誰かに思いを馳せるバトン。

262809_354764951277020_1015886837_n

| | コメント (0)

2012年9月 4日 (火)

朝日クロニクル週刊20世紀

(上)坂口安吾先生、1947。
(下)中島桃果子、むしろ杉田昭子氏、2012。
資料が膨大すぎてデスク乗り切らないのでソファを基地に。

527081_353465358073646_994474435_n

| | コメント (0)

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »