« MATAHARI×またはり | トップページ | わたしはいま… »

2012年6月 8日 (金)

サロメ

248120_315780265175489_925816821_n
新国立で池下重大さん出演の「サロメ」を観てまいりました。
観劇後はコンセプトと連動してるこのチラシが大のお気に入り♩
麻衣子が演助か…?と思ったが違った。
だよね、いま麻衣子は自身の劇団MUIBOの稽古中であるはず。

いやーしかし宮本亜門なるほど!
ミュージカルの人がストレートプレイやるとこうなるか~

なんていうかね飽きさせない努力をとても感じたのであります。
舞台の上には役者さんの芝居だけでなく、音があって、装置(美術)があって、明かりがあるわけだよね。そのすべてを駆使して、ちょっと退屈になりかけると何かが起きて、その事件性でまた「おお!」と惹きつけられる。なるほどなあって思ったよ。
芝居用語でいうと【cause&effect(原因と結果)】をとても大切にしてある舞台で、
それが成功していたと思います。

【原因と結果】は連動する。

たとえば映画だと、流れているときに火事が起きても、映画は流れ続けるし誰もスクリーンの中の人はそのことに反応しないけど、
舞台上で火事が起きたらみんな反応する。役で、か、本人で、かはわからないけど、
必ず反応するし、反応しないのは生理的に気持ちがわるい。

だから、素人みたいな役者がよく、芝居中で上からなにかアクシデントが起きているのに全く反応しないで、稽古通りに芝居を続けたりしているともうそっちの方が嘘に思えてしまうっていうことが「舞台」にはある。
こないだメトロの通しをみたときは、さららさんがあり得ないシーンで、
「くちゅん」てくしゃみをしたんだけど、笑、王さま役の人が「そんな格好(腹だしドレス)してっからだ」とアドリヴを入れて笑いに変え、そのくしゃみもその物語の中で起きている出来事としてきちんと消化された。

本来cause&effectは芝居中のことで、人が死んだらちゃんど驚くとか、叩かれたらちゃんと痛がるとか、そういうことを指すのだけど、今回は芝居側と観客サイドという、
そういう意味で、退屈になってくると、観客が生理的に反応(結果)してしまう、原因(cause)が次から次に起きるという、生理的に計算されたつくりになっていて、やられた感がありました。ちょっと小難しい話でごめんなさい。

わたしはセットが好きでした。

麻実れいが妖怪みたいで良かったなあ(笑 とってもよかったなあ。

Rスケがチラシくれた次の日に重大さんからもメール貰ってダブルないざないで久々に行きましたが新国立やっぱりいいね。たまにはこういうとこもこないと。
大きな劇場の匂いもまた好き。

わたしは劇場と図書館の匂いが昔から大好きだ。

|

« MATAHARI×またはり | トップページ | わたしはいま… »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« MATAHARI×またはり | トップページ | わたしはいま… »