« | トップページ | accoがお好き »

2012年6月14日 (木)

POPの貴公子は…

「POPの貴公子はaccoがお好き」

これがブログのタイトルですが、記事はふたつにわけることにします!
ということで、関連した二つの記事をひとつのタイトルにまとめてみることにしました(笑

昨日とうとうがんこ堂石山店へ行って、POPの貴公子、みうらサマ
にお会いしてきました!!
Webimg_3832 Webimg_3835
Webimg_3839
こちら↑がPOPの貴公子!みうらサマ!!

Webimg_3836 Img_3840
わたしがtwitterで唐崎店さんに「眠らないため息(ソメイヨシノ)」は石高がでてくるんです!
と呟きましたところ、こんな風に展開してくださっている@石山駅前店。
「ソメイヨシノ」のPOP初めて見た〜!!素敵だ〜!!

みうらさんのPOPはほんとうに素敵だ。全国には展開されていないPOPだけど、
あの誰JUNEのすばらしいPOPも滋賀県のがんこ堂さんでは浸透しているわけで、
あのPOPの「いざない力」ったらないと思うのです。

みうらさんには、物語の本質を掌握してそれをビジュアルにするセンスがとてもあるのだと思うのです。
頭のなかに浮かんだ物語を文章へ。文章から装幀へ。装幀から帯を。
帯からPOPを。と人から人へ伝導してゆく中でなかなか伝わらないところがあって、
みな「同じ景色」を見るために苦戦するのですが、みうらさんはいつもど真ん中を射貫いてしまう!!

「WEBで読んでいて先にPOPを作ったら、あがった本が全然イメージが違うくって、あれえという感じで…」

とおっしゃってくださっていた「夕日に帆を〜」のPOPでも(くわしくはこの2つほどまえのブログを!)あれは連載→単行本化にあたって、ビジュアルイメージを転換したからであって、宮沢賢治や別役実や萩原朔太郎デビットリンチのような不可思議な感覚を踏襲していた連載時の「クラムボンと猫」のまさにあれは完璧なPOPだったのであります。

こんな風に知らないところで色んな方が、時間や感性や労力を注いでくださって、いまわたしの本は本屋さんに並んでいるわけなのです。
だからちゃんと前もって、新しい本をお送りしたり、こういう方向で進めているといことをきちんとお伝えしていかなくてはいけないなと改めて思いました。

Webimg_3834
そんなわけで、POPの貴公子みうらさまと♪(笑

そしてここからなんですが…
Img_3838
えっとこのように「がんこ堂」さんでは、あたりまえのようにaccoが描いたJUNEが、誰JUNEの横に添えられているのですが、これはほんとに奇蹟のような偶然で、

accoは我らがArtisticPantieの画家さんで、ずっと一緒に物作りをしていて、ご存じの方もおられますがキラ星のフライヤーも毎回描いてくれています。
この「誰June」も連載は毎回accoの挿絵だったのですが、
単行本化にあたり、装幀は写真のイメージ、このPOPのようなイメージで行くにあたり、
accoの絵は封印というか、イメージが混濁しないようにどこにも出していなかったのです。

わたしはaccoの絵が大好きだから、ブログのトップにしてたんだけど、acco
自身から、
「わたしの絵をつかってくれるのはうれしいけど、ワンイメージで通した方が、インパクトあると思うよ」

と言って頂き、いまわたしは全部をあの誰Juneのビジュアルイメージで統一しているのです。だから正直ここでaccoの絵を見つけたとき、とても嬉しかった。
しかもaccoへの肩入れではなく、
「JuneのイメージはやはりBlueだから、そのJuneの象徴的なイメージとして、この絵を使わせてもらっています」という大栢さん(守山店)のコメントにもわたしは感動したのです。

accoさん、やっぱり君の「プルシャンブルー」は無敵なんだね!!

ということでタイトル「POPの貴公子はaccoがお好き」
正確には「お好き」というより「accoをチェック!」なのですが、このほうがタイトルとして面白いので、お好き、で行きたいと思います。(笑

わたしはがんこ堂石山店を後にしたあと、大阪へ向かいaccoの個展に行ってきたのです!!

えっと、ここにその様子を書き連ねようと思いましたが、
個人的に時間が来たので(なんの時間だよ!って感じですが)

続きは明日!「POPの貴公子はaccoがお好き」の、「accoがお好き」の部分をお楽しみくださいませ。

では、アデュー!!

acco個展「デメニギス、空の上」は絶賛開催中であります!!!

|

« | トップページ | accoがお好き »

コメント

POPって、本の装丁が「顏」だとすると、「背骨」にあたるものなんじゃないかと思うのですね。
その本がうまく旅立てるように、支える部分というか。そういったところをきちんとなされている本屋さんは気持ちがいいものですし、書き手にとっても嬉しいものですね(^o^)
わたしもaccoサンの個展にいつか行ってみたいです♪すてきなブルーですよね。

投稿: まほ | 2012年6月15日 (金) 09時04分

まほさんへ
この方のPOPはほんとに素晴らしいんですよ!
accoの個展もまた東京でやるようなことがあれば是非!!!

投稿: もかこ | 2012年6月19日 (火) 15時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« | トップページ | accoがお好き »