« 誕生日でした!! | トップページ | 桜 »

2012年4月20日 (金)

ねじリズム「鈍詰」

Webimg_3359

第4回公演「鈍詰」公開ゲネを見てきました。
結果・・・初めてねじを見て泣いた(笑 
いや、スタッフ&キャストをみんな知ってて出演もしてりゃ身内なんだけどこれは身内びいきで泣いたわけでないのだ(いやちょっとそれもあるが)
でも同時にこれは、いままででいちばんお客さんに理解してもらうのが難しいだろうなということも思ったんだ、頭ではさ。

でもこれを作ったおまえら・・・かっこよすぎるぜええ(T−T)/

と思って、あの岡田終わりのストンとした幕引きをみて、明転したら、なんかもう泣いてた(笑 
いやー芝居ってこうあるべきだよねっ、説明するんじゃなくてさ、
「ここが海です」といってしまえばそこが海になるっていう、
観客の想像力の果てしなさを信じて作ることにこそ、あたしは実は、お客さんへの敬意が(説明するよりも)あるって思ってる。実はお客さんの想像力って何よりも力を持つし芝居を芝居でなく「本当にそこにあるもの」にしていくものなんだよね。
まあこれは串田(和美)さんの受け売りだけどさ。
大がかりなセットを作って「これが山だ」と言ってもそれはやっぱりニセモノでしかないんだけど、役者がそれを強く信じて「いまは夜だ」と言えば、その一言で明かりが漏れるようなテント小屋でも一気に真っ暗になる。お客さんが一緒に夜を見たいと思う心が足されて。ないものを心から信じて本当にする。それがお芝居だ。
終わると風のようにそこには何も残らなくて、だからこそその刹那が美しい。

だからこそその刹那に「生生しい息吹」がとことん必要で。

「いやここまで媚びなくしたか・・・わたしそれに感動」と言うと、
「待って待って、俺全然、超媚びたいんだけど」と主宰(めん)
※媚びるって、ここであたしたち使ったのは、きちんとお客さんに伝わるように丁寧にシーンを演出したり、まあそういう意味ね。めんたろうは「伝える」ってことへの意識がとても高いからね。

いやでも感性だけが服きて歩いてる岡田戯曲ではそもそもそれは無理というかこうなるわなあ、という感じ。

実際一般的な目線で見ると「わからない」「むつかしい」部分の多い作品だったと思います。解りやすい反応はこない・・かも?
でもわたしは「おまえら最高」って思った感じ。
なんせ役者がいいよ、ねじリズムは。
身内なんであんま変な褒め方あれだけど、ほんと才能の塊だこの劇団は。
たった4人なのに書けるやつが3人もいて、それだけで武器なのに、みんな芝居がこれまたいいんだもん。

今回作演から離れためんたろうは、その余裕もあってぶっ壊れかたが半端なさすぎて笑けるし、あたしが激愛している丸山正吾こと正ちゃんが番外公演に続き今作も出演してくれてあがるし、祥ちゃんは、去年出演したとき一緒に組んで思ったけどほんと心を動かして芝居してる。岡田はほんとどうしようもないヤツなのに感性の塊で、それが凄すぎてむかつく(笑 
「物事なんてだいたい突然だろ」
この一行だけでもあの戯曲は完璧だし、あの一行が台詞というか生身の言葉になって舞台の上におかれた瞬間の間とかがもう秀逸だった。
あの一行を書いた岡田が憎たらしい(笑 が、サイダーおごってくれたし許すわ。
&今回の尊哉はいままでみたなかで1番良かったな。昨日「そうか、尊哉って日本男児なんだな」って改めて思いました。笑 なんか素敵やったよ。

そんな感じでみなを激ボメしているのに、
ねじメンズはみななにやら浮かない顔・・・
めん「モカコが号泣したとなると・・・・」
尊哉「まずいな。これ、お客さんに受けないかも」
全体「こえええな・・・・(-_-;)」

ああ、感性が世間とずれていて悪かったよ!

個人的には旗揚げからずっとがっつり関わってきたから、今回ノータッチとはいえ、「あたしもねじの仲間だもん(。・・。)」でいたいので、ゲネ後にPOP作りに参加できてちょっと嬉しかったなあ。10代の頃から一緒に演劇やってる照明のはめちゃんや、ブカンの主侍さん、制作の松嶋さんや音響の権藤さんやらみんなに会えてうれしかったです。ちゃっかり岡本さんに写真撮ってもらったし、満足!!

みなさん、是非下北沢へ!
そういやOFF OFF天井低すぎだけど、今回昭和で、あのバトンの低さも生かしたドライでのぺっとした照明GOOD!

Webimg_3352

Webimg_3358

|

« 誕生日でした!! | トップページ | 桜 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ねじリズム「鈍詰」:

« 誕生日でした!! | トップページ | 桜 »