« 2月の近況報告Ⅲ(3週目) | トップページ | 女優モカコの告知!! »

2012年2月24日 (金)

2月の近況報告Ⅳ(4週目)

2月20日(月) 風邪っぴき
本格的に風邪を引く。前の週がなにげに船パリでいっぱいのところに急な予定が降ってきたりなんかしてバタバタしたせいもあるかもしれない。
小説のことを考えるとき、実は長い時間をかけて空間を自分のものにしなくてはいけないのに、なかなか慌ただしい週で自分のペースが掴めず苦しかったせいだと思う。
鍋を作り葱を入れじゃくる。そして寝じゃくった。

405835_244362215650628_100002305556
えっとこれはわたしの机。この日の日記は、

「わたしが家の中でいちばん大切にしている場所。
この場所を愛すべき思い出がそこにはあってそれはいつどんなときも、たとえなにか大きなうねりに翻弄されても絶対に褪せることがない真実だから、この机をわたしは恋人のように愛している。
だからどんなにつらいことがあってもこの机の前に座るとき、わたしはいつも幸せなのだ。この机だけは誰かの手によって汚されたくない。

思ったより風邪が酷くて午後薬飲んで夕方まで寝てさっき起きた。
出かける用事もなく、珍しく人の出入りもなくこの空間がわたしだけのものになっている。こんな時間はひさしぶりだなあ。よく寝たから朝までがんばろう」

こんな感じ。あとね、全然関係ないけど、
428373_243760052377511_100002305556
「なにこれ⁈ 美味しすぎる!!(((o(*゚▽゚*)o)))」 笑。



2月21日(火) 生ネコバニーリハ

これはfacebookのタイムラインに沿ってダイジェストでお届けしたいと思います。

AM11:00
「今日はいまから「生ネコバニーの冒険」リハーサル的なものを兼ねて「生ネコバニーの散歩」という即興劇を収録してきます。これ29日の本番の前にプロフとあわせて配信されるらしい。即興なんでなんの準備もできませんがエモきもくなるのをやめよう・・とか思うのをやめようと思います。この土俵でおとなしくしてどうすんじゃい。じゃ行ってきまーす。タカヤの稽古場入ってたおかげで久しぶりの芝居じゃないから緊張せずすみそう。
http://namabani.com/shengbani_zong_hesaito/Welcome.html

PM1:30
「がーん!( ̄◇ ̄;)生まれて初めて家に財布忘れた!
Suicaの残金だけが心の頼り@高田馬場」

PM2:00
「@山口ヒロキ事務所/なぜか入口に尊哉の舞台のチラシが!エ?(゚o゚;;
なんとわたしが代役した椿さんと須藤の役をしていた網川くんは山口作品に出たことがあるらしい。で、昨日山口くんも昆虫美学観たんだって!世界せまっ!」

419215_244966652256851_100002305556

PM3:30
「監督の山口くんと~。
撮影の合間に昆虫美学に出演してた須藤役の網川くんから山口くんにメールきたり、山口くんが昆虫美学の舞台セットで撮った写真見せてもらったりして、なんかあの稽古場に行ったことってここに繋がる必然なんだとすら思ったぜ!」
418740_245048892248627_100002305556

そして最後に山口くんに千円借りました(笑 しかも山口くんはピースボート(世界一周の船旅)に映画監督として乗ったことがあったので、船パリの参考にと彼が編集したDVDを2枚お借りした。時代は現代だけれど何千人もが乗る大きな船の、その船旅の空気感など参考になるはず。3ヶ月乗ってたというしね。


2月23日(水) ポトフ

「いまから野菜を少し買い足してポトフをつくります。昨日財布忘れたおかげで一日でsuica +710円しか使っていないわたしはおりこう!今日も中学生の一日よろしく千円で済ませます(*゚▽゚)ノ ちなみに710円てのは山口くんに借りた千円より。29日にちゃんと返すもん」

てなわけでポトフ〜
429753_245696722183844_100002305556
冷蔵庫の悩みを解決する魔法のレシピです(*゚▽゚)ノ

そしてこの日は、借りてきた本を3冊ほど読みました(資料ね)特に、
図説になってる「ヨーロッパ、名家の令嬢物語」うんなんかこの時代ってほんと不幸。
妃は若い内に国境を超えて嫁いでくるんだけどだいたいが政略結婚で、男には愛人がいて正々堂々とラブラブしてたりする。愛人はなんていうか「力」は得られないけどそれなりの愛は得られているから寂しい思いをしているのは若い妃だったりして。
かといって他で恋愛しようものなら幽閉されたり引き裂かれて気が狂ったりして大変。
大人しくしてても寂しいし孤独だからたいがいは文学サロンのパトロンになったりする。
もちろん妃にはそれなりの力があったりはするので、それを行使しじゃくった気の強いというかえげつない女たちもたくさんいます。逆に男を翻弄した悪女たちもね。
まあただ純愛の成り立たない時代だなあという印象。
ミケランジェロの晩年の純愛と、エリザベス女王とその幼なじみくらいではないでしょうか。愛しあってそばにいたカップルは。でもそれだって日陰の恋だしね。
うん。考えさせられる本でした。


2月23日(木) ラピュタビルと味方良介

ここでようやくここに辿りつくわけです。
ラピュタビルと味方良介。その後わたしはまたも中央図書館へ。
うん、すばらしい。でもだんだんやっぱり色んなこと把握できてきた。
まだ依然濃い霧ではあるが少しずつ晴れてくるというか、
霧の向こうに物語のシルエットが見えてくる。


2月25日(金) 本日
ココログを整理しこの2月を振り返る。

|

« 2月の近況報告Ⅲ(3週目) | トップページ | 女優モカコの告知!! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2月の近況報告Ⅲ(3週目) | トップページ | 女優モカコの告知!! »