« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月

2011年8月23日 (火)

いまさらフジロック!!!(後半)

Webimg_7754
ホテル〜。

うん。おととしの悪夢を何度も思い返す。
てかさあ、野宿ってすごくない?豪雨の降りしきるなかブルーシートの間に八つ橋みたいに挟まって寝たとかすごくない?起きたら水がシートに溜まっててじゃじゃじゃーーーとかってすごくない?思い返して、自分とたえのことを讃えた。そしてこの状況に再び感謝す。
前日深夜まで働いていたので夕方から壺井さん到着のPM7:30までぐっすり昼寝。

Img_1161
pm7:30壺井さん来タ!でも電話でいろいろまだ仕事してる・・・エライ・・
壺井さんの電話打ち合わせ終了してまず乾杯!いえーい!

Webimg_1157
仕事をする壺井さんを後目に飲んだくれるわたし。
Webimg_1159 Webimg_1155
エチゴビール♪(これうまかった!)
Img_1204
ひとしきりうだうだして、コールドプレイめがけてGO!!!!!
Webimg_1165
Webimg_1168 Webimg_1169
Img_1185
夜のフジロック〜!!
Webimg_1164

そして!!!
Webimg_1173
ライヴ直前!!どうせ雨だろうと一眼レフ置いてきたことを悔やむ〜!!!!
Webimg_1177 花火!
Img_1187
つーか♪Yellowでイエローになったらもう泣いちゃうよね

18歳のとき、あやめ(妹)が「ふと見つけた」と教えてくれた曲はアラニスのアイロニックでした。それから8年ほど経ったある日、ロンドンから来た一通のメールにはメッセージとともにある曲の歌詞が。
♪yellowって歌がなんだかとてもひっかかって最近ずっと聴いている
これが♪yellow との出会いで、当時まだ日本でcoldplayのことを知っている人はほとんどいなかった。ついこの間まで一緒に住んでいた妹だけど、当時はスカイプも知らなくて国際電話はとっても特別なとき、メールもなにか思い立ったことがあるとき。そんな風に連絡をとっていた姉妹の仲で♪yellowはとても特別な曲。一気に時間が巻き戻って、ステージいっぱいにはみでたyellowとわたしは踊り、たゆたった。
でもってそこからのin my placeとかまじでやばすぎ。

おととしのオアシスに比べてColdPlayのステージはほんとに美術と照明がすばらしく、
全体的に癒しの雰囲気で、とてもいいグルーヴがこの瞬間ここに生まれているのを感じた。
何千人、いや何万人の人が、いまここでyellowを、in my placeを、clocksを聴いているんだろう。

Fuji2011223

音楽はこうやって顔が見える。けれども同じことなのだと、同時に思った。
自分の本も、何千という単位で刷られている以上、こうやって見えない誰かに向かって歌い続けている。規模は違えどと言うことは簡単で、だけどもそれさえも望めば、または、人生の小さないたずらで、拡張し、縮小する。だからひとつ言えることは、彼らがここでしている仕事と自分がしている仕事は同じで、目指していくところも大きな意味で同じなのだと。

歌声は美しく、ピアノは切なくも力強くて、人々の熱気は空に向かって登っていった。
その蒼い雲に向かって祈った。
成し遂げる力をください。けして投げ出したりしないと誓うから
神様が空に留まって見守っていると確信できるようなライヴだった。

アンコールのラスト曲はFix You
「ヤングハート」というドキュメンタリー映画で大きく取り扱われた曲。
ColdPlayらしい選曲だと思った。たくさんの魂がきちんと空に登っていけるための曲だ。
そして残された命が向かうべき道を照らすための。

あの日ここにいる人たちが、ひとつになれたことを感じられたライヴだった。
みずゑが美しく写真を撮っているのでそれを載せよう。

Fuji2011229
このクオリティの差(笑 この一枚前もByみづゑ
ほんとに美しいステージだった。

その後壺井さんと夕食を食べてホテルに帰り、あれこれ話して就寝。
Webimg_1199
Webimg_1200
野菜カレーおいしす♪

Webimg_7753

Webimg_7758

朝。

Webimg_7757

フジロックよ、さらば。

Webimg_7756
Webimg_7747
Webimg_7751

ちなみに帰りはエチゴビールの白を飲みました。

Img_1211

すばらしきフジロック!!!いまさらですが。

| | コメント (3)

いまさらフジロック!!!(前半)

Webimg_7598
遅いんだけどさ(笑 写真をいっぱい載せるのって労力いるので・・・
しかし、この最高な夏の一日を載せないわけにはいかない!!

てなわけでフジロックに来ました!
お目当ての毛皮のマリーズが11:30AMにShowUpするので、
朝の6じには家を出ました。
Img_1122 Img_1123
新幹線〜♪

Webimg_7593
これ、バスに乗る長蛇の列・・・。一時間くらい待ちました。

Img_1130 カッパ娘。
2年前はたえと一緒に凍え死にかけながら野宿したわたしですが、
今年はなんと苗場プリンスにお泊まりなのダ!!
ホテルのコインロッカーに荷物を預け、志磨サマめがけダッシュ!
そういえば言い忘れてましたけど、フジロック、今回ひとりで来たのです。
音楽への飽くなき愛がこれで伝わったでしょうか(笑

11:30めがけ6:00に東京を脱出したわたしですがなんたる!!時間がぜんぜん足りなくて、やばいやばい。リストバンド交換に並ぶこと30分。ここからWhite Stageまでって西麻布から六本木くらいはありそうだなと青ざめつつ、猛ダッシュ!!!!
Whiteの手前の橋のところでピアフの愛の讃歌が聞こえてきて、
「あ〜なにこれ、客入れソングからもうヤバイじゃん!!!!」

さらに猛ダッシュでステージに到着するかしないかで1曲目のボニークライド。
おおおお!!!わたしの決死の勢いに押されてか、みなさん体をあけてくれて、最前列に近いところまで!
Webimg_7607
志磨さま・〜!のちに
Webimg_7611
Webimg_7628

マリーズの楽曲はいっぱいあるわけで、そのなかのほんの数曲しか、ここでは聴けないわけで。そんななかわたしにはどうしてもいま聴きたい曲がありました。
♪ボニーとクライドは今夜も夢中 が終わって、霧のような雨が降りしきるなか、志磨さんが次に言ったことは、
「みんなの代わりに、神様に向かって僕がこの曲を歌います”それすりゃできない”」

まるでよくできた夢の中に立っているような気持ちでした。
♪知らない街に降りしきる7月の雨〜

志磨くんが5月を7月に歌詞を変えて歌い、ほんとうに知らないこの街に雨が降りしきって、
6月に心の支えにしてきた曲を目の前で彼が歌ってくれた。
まだ7月だけどわたしの夏はこれでもう思い残すことはない。そう思った。

雨女で何事にも間が悪いわたしだけど、フジロックに関してだけはいつも引きがある。
音楽はわたしの人生にとってとても密接なもので、ただこのアーティストのこの曲が聴きたいという単純なことでなくて、いま人生のこのタイミングでそれを聴きたいから、そこにわざわざ行く。
でもそれを聴けるかどうかは神のみぞ知る。
2年前もこのWhite StageでCharaはTinyTinyTinyを歌ってくれた。
あのタイミングでそれを聴いたことはわたしにとってはとても大きいことだった。
そして今年、このタイミングでわたしは志磨くんが歌う「それすらできない」を聴いた。きっとここでこの曲を聴いたか聴かなかったかが、目には見えないなにかの部分、バタフライエフェクト的な部分で、わたしの人生を大きく大きく変えたはずだと思う。
そのことを確信するのはきっと何年も後のことだと思うのだけど。

毛皮のマリーズですべてのエナジーを使い果たしたわたしは、
放心の中、まずビールを買って、そこらをふらふらすることに。

Webimg_7634

Webimg_7637

Img_1151
ビールが美味い!!!!!
Img_1133 Img_1141
Img_1154
Webimg_1139_2
Webimg_7638_2
Webimg_7647_2
Webimg_7652_2
Webimg_7693
どこを歩いても生音、生歌ってサイコ〜
電気とはすこぶる相性の悪いわたしですが、土や山や自然とはあたりまえだけど、からだが合う。なんかとても健やかな気持ち。でも虫はキライ(笑

シチューがとっても美味しかった!(そうそうフジロックの屋台ってそこらの屋台とはわけが違ってすごい力入れてるの。おいしーんだよ♪)
が、雨の引きもはんぱないわたしは、シチューを買った瞬間にゲリラ豪雨に降られ、
傘禁止の場内で雨ごとシチューを食しましタ。
遠巻きに聴く大橋トリオがすばらしかった。
ほんとうに声のいいアーティストがね、映えるんですよ野外フェスは。聴き惚れたね。

その後一眼レフを持ってきていたわたしはしゃぼん玉に夢中。
Webimg_7677Webimg_7671
Webimg_7672
Webimg_7673
しゃぼん玉って大好き♪

Webimg_7681
Webimg_7682_2
Webimg_7682
飽きない。(笑)
接写することに奮闘する。
Webimg_7716
Webimg_7718
Webimg_7719
Webimg_7724
Webimg_7730
球体のものってなんかそそられる。

なんやかんやしてたらPM2:30
知り合いのF氏に連絡いれるも繋がらなかったので、チェックインの時間とかぶっていることもあって浅井健一バンド、シャーベッツは断念。
てくてく歩いてホテルまで戻るが、まあ長い長い道のり。足が痛くてもうダメ。とかって弱気になるくらい。あとさ、ふりしきる雨も体力を奪ってく上、あんま寝てないし。

やっとのことでホテルにたどり着き(これがすでに贅沢であることはよく理解しています)
シャワーを浴びて一眠りすることにする。幻冬舎壺井さんはコールドプレイに合わせての到着予定。(続く・・)
Webimg_7755_2 パジャマに着替えた!

| | コメント (0)

2011年8月17日 (水)

引っ越しハガキ

Omote_2
accoさんに作って頂きました!えへ♪かわゆす♪欲しい方は連絡ください。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年8月10日 (水)

(紡)発売!!

Img_1216

Img_1215
挿絵が素敵です!みなさまよろしくお願いします!
先月29日に発売されました。
Img_1277
月子のイメージキャラクターみいきさん♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »