« 僕らのティンカーベル | トップページ | 麒麟児の世界 »

2011年5月24日 (火)

引っ越しスーン。

Photo Img_0740

引っ越しをするかも~とちらっと書きましたが、
引っ越しをします!!審査も無事通りました!!!

あさって家賃発生で、6月1日引っ越しです。

連続出勤&執筆&引っ越しの準備で、からだが弱なわたしはもうヘトヘト。
本日またもや整体行ってきました。ひと月しかあけないで整体行くのはこの6年で初。どんだけからだが弱っているんだ~いつもは悩みを抱えて飛び込む駆け込み寺なんですけど(ちょっと特殊な整体だからね)、
本日わたしが取ってほしいもの、それは霊でも邪気でもカルマでも悩みでもなく、、、ただただ「疲れ」(笑

からだ中心にがっつりやってもらったので、瞬発力のないわたしは、いつもそうなんだけどまず「具合が悪く」なるのね。これ、わたしだけのようです。みんなすぐ元気になるんだよね~。
ひさしぶりに壺井さんと白金の高級だけどカジュアルな雰囲気のフレンチに連れて行っていただいたのに、ちょっと不整脈ぽくて、帰宅後自宅ですこし寝ていましたので、
電話くださった方でられなくてごめんなさい!

で、話それたけど、今回の引っ越しはわたしには大きな意味のある引っ越しになるそうです。
家賃をすこし背伸びして、
お金が「ある」から引っ越すんではないこと。
「ない」からこそ、冒険をする感じに新しい場所にゆくこと。
しかもこのぐらぐらの2011年に!
そのおかげで本来より安い家賃で住めるけどね!

14年前に一式そろえた、いまはむろん買い換えたりしたものもあるけど、ワンルーム用の若造仕様の家電や家具をほぼ置いて新しく買いそろえること。

その家具を四十歳になっても使うかもしれないと思うので、
大人っぽいラインナップでとり揃えることにします。

値段じゃないのよ。
例えば大きな仕事机、たとえばダブルベット。それなりのサイズのテレビ。

誰かが来たとき「自立して暮らしている大人の女の家だ」と思ってもらえるような。今回10年ぶりにひとりで住むし、初めて1LDKという大きさの家にひとりで住みます。これはある意味覚悟。

そして今回は、肩肘はらずに、たくさんの人、家族ではなく他人に助けてもらっての引っ越しです。

いらない掃除機あげるよと言う人、引っ越し祝いなにがいい?って聞いてくれる人、おまえお金あんの?貸そうか?って言ってくれる人、なにがどうって明記できないけど、そのひとがいなかったら引っ越しはできなかったっていうくらいの手助けをしてくれた人(れいこさんだけどさ)、ほんとうは新しいじぶんの城に住みたかったのに、いまの家に残ることにしてくれたみいき(これは家族だね)

わたしはある独特の家庭環境で育ちましたので、血の繋がっていない人に助けてもらうことは許されないような風潮があって、だからいままでのわたしであったらきっと「いやいやそんなそんないいです!じぶんでがんばります!」ってみんなに言ってたと思う。
「なんか買ってやろうか」
「じゃあ洗濯機おねがいします!」
とか絶対言えなかったと思う。いままで言ったのれいこさんくらい。

「誕生日何欲しい?」
「ipodで!(2008)」
「あ、じゃあデジカメで!(2009)」
「あじゃあエスプレッソマシーンで!2011」
あつかましいな。。。

もちろん家族にはいつも支えてもらっています。
でもいま東京で生きているわたし、そのわたしをわたしたらしめてくれ、中島桃果子という作家たらしめてくれているのは、あきらかに家族ではなく(もちろんあるけど)たくさんの血の繋がっていないファミリーの手なんですね。
そのひとたちのおかげでわたしはこの街でご飯が食べていけるのです。
わたしはまだベストセラー作家でも、執筆だけしてれば生きていける人間でもない。週に4なり5なり夜がっつり働いて、あいまにせっせと物語を書いて、でもそれもまだそんなに売れていない、それが32歳のわたしです。
芝居でギャラをもらったことがないわけだから逆にいうと芝居でできた借金とかもちょこっと(といっておこう)あったりして。

でも、もっといい仕事をしたいと思う。
いい生活じゃない、いい仕事がしたい。
いい物語を書きたい。
もっとたくさんの人に読んでもらえるような。
もっと世界を動かせるような。もっと登場人物たちが躍動して。
そんな新しいお話をわたしはかきたい。
書きたくてたまらない。

それを支えてくれるたくさんの人に助けてもらって、わたしは新しい城に引っ越します。
そのことを忘れないようにしたいと思っています。

おそらくリビングは事務所化というか仕事モード全開で、
自室は「寝」だけのほんと寝室と化し(だって相当量の睡眠がわたしには必要なのだ。寝てることを叱らない人が結婚したいひとの条件なのだ)
「暮らし」というものを感じさせる部屋になるのかどうかは疑問ですが(男っ気もなさそうだし。内見したとき”執筆”の匂いしかしなかった)
みなさん遊びにきてください。

あしたはIKEAに行ってきます。
前述したとおり、
「引っ越し祝い何がいい?」と言ってくれた人がいたので
(まあスティモーロの柏木くんなんだけど)
「机!!机!!いい小説がかけそうな大きなやつ!」
と即答させていただきました(笑)

こうやって助けてくれたみんなに、わたしは何で恩返しできるかな。
有名になります!とかそういう思い上がったことじゃなくて、
そのひとたちがほんとうに助けを必要としているときに、
正しく助けられるように、いまからがんばりたいと思う。

写真はわたしの新しい城~!

きのうミスプロフェッショナル(あやめ)に、内見&インテリアプランたててもらいました!

  

Photo_3   Img_0833 

|

« 僕らのティンカーベル | トップページ | 麒麟児の世界 »

コメント

モカさんお久しぶりです。整体に行ってるんですね。わたしが行ってる整体は美容鍼もしてるんですよ(どうでもいい情報(笑))

一人暮らしするんですね。みいきちゃん寂しがってませんか?

素敵なお城にしてください。次回お会いできる機会があれば、素敵な(かどうかわかりませんが)引っ越し祝プレゼントしますね。

投稿: ★☆あけみ☆★ | 2011年5月24日 (火) 10時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 僕らのティンカーベル | トップページ | 麒麟児の世界 »