« JUNE発売!! | トップページ | 稽古場レポ »

2011年3月30日 (水)

創造的便秘…なう。

1000000528 1000000529
で、苦しくてゲロりそう。

まじでゲロりそうなくらい苦しい。

創造的便秘。

これは産みの苦しみというよりは(それを体験したことないからわかんないけど)
便秘の苦しさそのもの。

あー今日も出なかった…的なストレス。
からだに湿疹でるし。

ううっ。

てなわけでバンジージャンプの勢いでオリンピックイン再び。
今日は9階です。空にすこし近づいた。

ここは水の中に逆さに入れたコップの、空気の部分のポケットのようでいい。

自分の範疇で時間を区切れる。休む時間や、寝る時間や、ぼーっとする時間。
書くためにつかう時間。

普段は時間がたくさんあるので、日常ですこし消費してもなんてことないんだけど、いまは毎日稽古だし、2DKに姉妹3人で住んでるし、お店もあるし、
なかなかわがままに自分の尺度でざくっと時間を切れない。

そのことはわりと、響くのです。
脳内の世界の呼吸をうまく整えられなくて。関節が詰まるみたいに何もできなくなってしまう。苦しい。
じゃあ日記とか書いてないで小説書けよ、、とか思われちゃうんだけど、
助走が何よりだいじなわけ。

ほんと。

助走が跳躍の高さと幅を決めるのです。

なのでわたしは稽古場でも、ピアノ弾いたり体操したり、鼻歌歌ったりして遊んでるんですが、そういう時間がないとダメなわけ。
からだと脳みそ緩めないでセリフ言う練習とかしても全然だめになっちゃう。
長めの助走が必要なタイプなわけ。
でも、この一ヶ月くらい「船パリ」という小説にむかって助走してそろそろ、、、と思うとそれが遮断されて、また便秘になってしまう。
もうちょっとだったのに…(泣)
何回失速するの…辛すぎてまじゲロりそう。

稽古だけはほんとに助かっています。
気を遣わないでいいメンバーなので、遊んでる(ようにみえて)も怒られないし。
ともかくわたしは神経と気を遣いだすと完全アウトなので、
(イクイノでは苦い経験が、、、)
この、皆に魂預けられる状況にかなり救われています。
とくにめんたろうはわたしという役者の特性をよくよく把握しているので、ほんとごめんなさい!と思うのですがとてもとても、異常に優しく、ありえないくらい優しく(涙)(それが返って怖ろしくてたまにおしっこちびりそうです)

尊哉や岡ちゃんもわたしにスキルが全くないことをよく知っているので、
高度なことを要求しないし、ダメだしされてもそもそも気を許してる相手だから、おびえなくていいし(どんだけダメだしに恐がりなんだ!)
しかもわたしは「大きな声でセリフを言いましょう」という学芸会レベルのダメだししかされてません(笑 がーん。

役者としての才能もセンスもないので(あったら女優やってます)
感覚だけでやってて無計画、無作為なのでこみ入ったことや綿密なことが何もできません。
小説を書いているときがそうなように、芝居をしてるときはこれがどう見えてるかとか全くわかっていませんし、客観的な目線がまったくなくなるので、
「こう動いた方がおいしいな」とかも全くわかりません。
しかしここまで完全に主観に没頭させてもらえて幸せだなって思うし、
たかやとか岡田とか、なんで役を演じながら、
頭の中でシーンを組み立てることができるの!?どういう脳みその回線になってるんだろう??って思います。
すんごい不思議。すごいなあ。目が二個ある感じ?
わたしはじぶんの役をやってるとき、じぶんの目に映る世界しか見れないから。
そこで感じることしかできないから。
人のシーンを見てるときはどんどんアイデア浮かぶんだけどね。
だから書いてるときも主観でダダダダっと書いて、演出家として、読者として読む。

だから役の感情がよくわかってないところは超からっぽ(笑
潜在能力低いし、今回やると決めたときに、もう女優ぶって
「その感情だとこう動けません!」みたいな面倒くさいこと言いません!
とめんに宣言したので、よくわかってなくても「もっと大きな声だせ」と言われたらそうして、「こう動いて」と言われたら指示通りに動いてるんだけど、
整理ついてないとこは学芸会並(笑 とりあえず言ってるだけだからね(笑

でも、その自分の能力の低さを知った今回って、すごい稽古やりやすい。
だってできないんだもん。だからめんたろうが「それでいい」ってとこまでやったらそれでいいんだもん。いいかっこしなくていいんだもん。演出がイイって言ったらいいんだから。

今回の萌実という役は、じぶんそのものに当て書きされてるけど、自分の思考回路がいちばんわかんないから(計算してやってないからね)、ありのままでって言われても全然わからないんだけど、
感情とセリフが離れてるとこを、稽古場じゃなくて、家とか電車で、
「なんでこの子ここでこんなふうに言うんだろう」とか、何度も読み返して考えると、そこは物語を書き進める作業と同じでキャラクターの感情の答えや理由ってつきつめるとれっきと一つしかないから、答えにたどり着いたとき、あたらしい事実に気付いて驚愕したりする。

れいこさんが「もかと長くつきあって思ったっちゃけど」と言ってた、
「もかって、空気読まんと好き勝手しゃべってるように見えて、ほんとは相当なところまで考えて、裏の裏まで気を遣ってしゃべってるっちゃんねー。でも、みんなはそれに気づかんと好き勝手やってるみたいに思ってるったいね」

って言ってたようなことなんだけど、
わたしが人なつっこく思われてるとこ、人にずかずかいくとこって、
直感で合うと思って一瞬にして心許すパターンもあるけど、
だいたいは実はその逆で、
「どうせ理解されないし」って思って、だったら一生懸命話してもしょうがないなって思って「あたしアンディウォーホールかトリュフォーみたいになりたいですね」とかって軽口叩いちゃうんだなとかってことを知って「ぎょ」とか思ったりしました。
だから最初はずかずかいくんだけど、人が好きだから、好きになると嫌われるのが怖くてこんどすごい臆病になってしまったりするの。

めんたろうはよくわたしのこと分かってるな。

そうやってだんだん贋作・蝶番の世界に脳みそは馴染んできたところだけど、
とにもかくにも今日は船パリ。
贋作蝶番はめんが書くから他人ごとで、執筆に関してのいいアイデアとかも沸いちゃうんだけど、
これ自分の原稿となると、なんか抱えてるものが大きすぎて、
まじ、ゲロりそう。

でも、

支えは、

魔女と金魚のときもそうだったってこと。

こういうの書きたい、、って衝動でメモ的に書いてたものほど、
「書いてください!」って言われたら、からだのなかに渦巻いてるものが大きすぎて、どこから始めていいのかわからなくなる。

魔女と金魚も、
最初の3ページくらいが全然書けなくて、ストレスもあって、バリ島でガチにひどい便秘になったけど、書き始めたら10日で一冊かけたじゃないか。

この創造的便秘を乗りこえて、
どんなかたちであれ、明日の出勤前までには、
なにかを形にして吐き出してみせる。

これは「つもり」じゃなくて「誓い」

あまりにこの作品を書き始めるまで、時間をかけすぎているから。

写真は稽古場。

|

« JUNE発売!! | トップページ | 稽古場レポ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« JUNE発売!! | トップページ | 稽古場レポ »