« I can't change | トップページ | ねじTV① »

2010年10月13日 (水)

語感のセンス

にやられました。
地元の本屋さんが作ってくださったPOPです。
量産されることのない、その本屋さんでしか見ることができないPOPですが、
つまりは世界にひとつしかないPOPでもあります。
改題される前の「クラムボンと猫」の要素の強い、
不思議で奇妙な食感のポップですが、

すばらしいセンスだと思います。
Securedownload24
本の装幀とはずいぶん異なるイメージですが、このような雰囲気をたずさえているのも事実です。装幀は、物語の中にこめた温かいもの、見えないもの、を全面に打ち出してくれました。

そしてこのポップの景色は、わたしがこうこの目を通して眺めた、不思議な町の夜の景色そのもので、あまりに同じだったのでぞくりとしたくらいです。

|

« I can't change | トップページ | ねじTV① »

コメント

素敵なPOP!!うれしくなりますね。
今、夕帆読んでますよ。Webとは違う、紙の質感がやっぱりいいですねぇ^^。

投稿: maho | 2010年10月16日 (土) 00時31分

真帆さん!いつもありがとう。
やっぱり本はオーガニックがいいですね。紙でできているっていうのがいいですね!

投稿: もかこ | 2010年10月18日 (月) 07時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 語感のセンス:

« I can't change | トップページ | ねじTV① »