« わたしの座標軸 | トップページ | 吉本ばななではじめる。 »

2010年8月28日 (土)

I Learn

潔く何かを正すとき、決心するとき、それはすこし偏っていてもいいと思う。
それくらいかたよってないと、またなぞるようにしか歩いて行けない。

 

後ろをふりかえったときに、癒えない傷もあれば、許されないあやまちもあるし、もう二度と落ちたくない穴もあれば、誰にも言えない秘密もある。
そういう全部が、鏡の後ろに映りこんで、今のあたしがよく見えなくなった。それで背景を消して、いまのあたしだけを見ることにしたの。

 

節目や転機なんてものは、だいたい、そんなんじゃない顔をしてやってくる。
平らだと思ってた地球が実は丸かったみたいにそれは突拍子もなくて、
Life has a funny way of sneaking up on you
Life has a funny, funny way of helping you out

ー人生は不思議なやりかたであなたを欺くし、人生は不思議なやりかたであなたを助けるー

フラットに生きたいと思ってて、もしフラットに生きてると思っていたとしても、たいがいそれはフラットじゃなかったりする。結局フラットだとかたくなに思ってるだけのことだったりして、かたくなな時点で全然フラットじゃない。でも生きてるってそういうことだと思う。

なのでせめて、じぶんの”今”にだけはちゃんと向かい合っていたいと思う。
変わることや、傷つくことをおそれている自分に目をそらさずに。
納得のできない過去を抱きしめることができる優しさと、
いつでも正しく新しくなれる潔さを持っていたい。
自分に起きたすべてのことを、
誰かのせいにしない自分でいられるように。
人を愛していられるように。
だから潔さだけは偏ってていいと思う。


転機だと思ってたところに点は実はなくて、あたしはずるずる線をひいてここまで来てただけ、そして息継ぎくらいに思ってたところで、いきなりに改ページした。 

ああ。ここだったのか。
すこしおどろいたけど。
アラニスを聴いて、歩きだそう。
もう何年も、人生の大切なときを、この曲と過ごした。最初はへんてこが面白い曲だと思ったけど、それから十数年、聴くたびに曲の深さを思い知る。きっとこれからも聴く度に何かを思い知るんだろう。

(前略)
Well life has a funny way of sneaking up on you
When you think everything's okay and everything's going right
And life has a funny way of helping you out when
You think everything's gone wrong and everything blows up
In your face

人生は不思議なやりかたであなたを裏切る。
なにもかもが順調でうまくいってると思ったときに。
そして人生は不思議なやりかたであなたを助けてくれる。
そうすべてが悪い方向にいってしまってすべてにそっぽをむかれたと思ったときに。

It's like rain on your wedding day
It's a free ride when you've already paid
It's the good advice that you just didn't take
Who would've thought... it figures
And isn't it ironic...don't you think
A little too ironic...and, yeah, I really do think..
.

ほらちょうど結婚式の雨とか、
それは払ってしまったあとのタダ乗りとか、
そうは選択しなかったあとのいい忠告。
誰もそうとは、、、思わなかったこと。
それってすんごい皮肉じゃない?
皮肉すぎるでしょ、ほんとそう思う。

Life has a funny way of sneaking up on you
Life has a funny, funny way of helping you out
Helping you out

人生は不思議なやりかたであなたにそむく。
人生は不思議なやりかたであなたを助ける。

そう、助けてくれるのよ。

ーアラニスモリセット”Ironic"より抜粋ー

  

|

« わたしの座標軸 | トップページ | 吉本ばななではじめる。 »

コメント

「後ろをふりかえったときに、癒えない傷もあれば、許されないあやまちもあるし、もう二度と落ちたくない穴もあれば、誰にも言えない秘密もある。」
ああ、ずきんときました。
ありすぎるほどあります(笑)

投稿: toro | 2010年9月 1日 (水) 22時45分

toroさん
 
年を重ねていくってなんでしょうねー(笑 かといって19歳の自分に戻りたくはないです。

投稿: もかこ | 2010年9月 2日 (木) 02時26分

もかこさんといつだったか、この歌詞についてお話をしたのが印象的です。
これは非常に図々しいリクエストなんですが、いつかアラニスの「アイロニック」をベースに、小説を書いてほしいです。
(たぶん、もかこさんの語り口で読んだら、私泣いちゃうだろうな。笑)。

投稿: まほ | 2010年9月10日 (金) 11時56分

真帆さんへ
アイロニックをベースに小説!!!思いつかなかった!
アイロニックとyou learnはいつでもわたしにとって特別な曲です。

投稿: もかこ | 2010年9月10日 (金) 16時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« わたしの座標軸 | トップページ | 吉本ばななではじめる。 »