« jataka-世界はくるくる回ってる- | トップページ | 詩声 »

2010年8月13日 (金)

ほぼ今日観た映画(DVD)

※一本一本のレビューは短いですが、映画嫌いなひとスルーどうぞ。

一気にDVD借りてきて一気に見た。台風のせいで心臓がぐるぐるいってたのでバスケもあきらめて(うえーん(>_<)ゞ) DVD鑑賞。せめてカラダを温めようと竹の湯いってプチ発作出て本末転倒よ!くそー台風め!不整脈ってイヤ!
ハイ本題。
これだけ一気に見れるってあたし映画に飢えてたんだわと思いました。
そして、ぜんぶを通して思ったことは、日本映画界、なかなかすてきな若い俳優が男女問わずたくさんいるんだなあということ。
そして最近の邦画はどの邦画を見てもそこに香川照之と大森南朋がおらっしゃる、ということ(笑 香川照之なんかほぼ、出てるよね。

まず洋画。あやめイチオシの映画です。
500日のサマー
「恋するひとに」とあやめさん言ってたけど恋するひとにはどうだろう?(笑
超ラブロマンスなのかと思って、現在ラブロマンスをくそ馬鹿にしている(人生において。恋なんか風邪よ!高熱は必ず下がります。)Meとしては最初ぶすっとしていましたが、かなり大人なつくりというか、最後に「おー。そうきたか」という感じ。なので満足!

次。洋画と邦画のあいだ。
TOKYO!
一話/ミシェル・ゴンドリー監督の作品(エターナルサンシャイン)
こないだ阿佐ヶ谷カラオケをした藤谷文子ちゃんが出演してたのでうれし。後半になって監督のカラーが出てきてからはよかったけどそれまでは退屈。

二話/これも、殿山の北見さんが出演なさってるといううれしいお知らせですが、映画自体は奇っ怪すぎてあたしは苦手

二話/この話は面白かった。香川照之さん&蒼井優ちゃん。蒼井優がカワイイ。

そして邦画。
パンドラの匣
これはまあ、魅力的な俳優がたくさん出てました。窪塚洋介が邦画的に大好きなんですが、とくにこういう昭和っぽいのをやらせると映える。そして川上未映子さんがまあ色っぽくて、本能的ですばらしい。太宰文学をよく理解してるということになるのだろうかさすが純文学作家。主演の染谷くんもすてき。仲里依紗ってゼブラーマンで初めて知ったけどとってもキュート。仲さんと川上さんの対照的なそれでいてどちらも肉感的というかちょっとえっちな雰囲気がある感じ、絶妙なキャスティングと思いました。

ホノカアボーイ
これは映画としてとってもすてきです。必見!
重力ピエロ以来、岡田将生をほんとに賞賛しているMeですけど、これも彼の愛らしい魅力が全開で、すばらしい。松坂慶子さん、そしてなんていっても倍賞千恵子さんが、愛らしすぎて涙がとまりません。長谷川潤も現地っぽくてよかった。あー彼女を見ていると学生時代の友人みちこを思い出すよ。垢抜けてて女らしいのに奔放で日本人特有の湿度がナイ感じ。
この映画こそ恋人や好きな人と一緒に見てください。家にいてもハワイのコテージにいる気分になれてSooo Good!夏を感じられるよ♪

ゴールデンスランバー
あああなんと。これ伊坂作品と知らずに借りてきてしまった!冒頭ですぐ伊坂作品とわかったけど。伊坂ああああ!と絶叫でしたよほんともう最後のほうとか。伊坂作品でだいたい中村監督が撮っていて、重力ピエロは違うのだけど、映画自体のニュアンスはあまり監督色がなく、伊坂ワールドをいかに忠実に再現するかというところに重点がおかれてる気がするので、本を読んでる感覚とあまりギャップがない。

伊坂さんの作品の感想を一言で語るときあたしの頭にはいつも「カタルシス」という言葉が浮かぶ。伊坂作品にはいつもあるカタルシスがある。カタルシスってななんとなくしか意味わかんないけど「心の中に溜まっていた澱(おり)のような感情が解放され、気持ちが浄化されること」を意味するギリシャ語らしい。

ゴールデンスランバーに限っていえば、いつもの伊坂作品よりも爽快で、切な痛い、みたいな涙を流さずに、いい気分で寝られそうです。
アヒルと鴨にも出演してた濱田岳が、アヒルと鴨のときとはまったく異なる役柄で出演してるのですけど良すぎておしっこちびりそうでした。

濱田岳は伊坂作品に合いすぎ。

以上です。
感想はあたしの主観のみによって書かれています。
あしからず。
あーよくみたなあ。明日サイドウェイズを見て完遂です。
重力ピエロと同じ、小日向さん&鈴木京香さんの取り合わせ。
鈴木京香さん…死ぬまでにもう一度会いたい(T_T)

でもって微妙に「さん」がついてない俳優さんとかいるけど、みんなに「さん」つけてたらなんかもう自分がすごい業界人みたいだし、全員知り合いなわけでもないし、家では、
伊坂あああああ これ以上泣かせてくれるなよお〜」とか、「濱田岳よすぎ!!」とかって絶叫してるんで、その感じキープしました。さすがに伊坂さんを呼び捨てはしてはいけませんね。ハイ。

寝ます!

|

« jataka-世界はくるくる回ってる- | トップページ | 詩声 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« jataka-世界はくるくる回ってる- | トップページ | 詩声 »