« 日本戦じゃー!!! | トップページ | マルホラ☆ »

2010年6月30日 (水)

岡田ジャパンに惜しみない拍手を

48

いまでも感動に胸が震える。

サッカーはチームスポーツだってことを証明するっていうんでやってますんで

ほんとにすばらしいチームプレイだったと思う。
みんなで一丸となって、戦ってくれた。

敗戦の後にも清々しさが残るのは、彼らがあまりにも胸を打つプレイをしてくれたからだ。

延長戦なんて、どんだけのアスリートでも、体力消耗してるよ。
それでもちいさなきっかけから大きなチャンスにつなげようと、とことんあたってく姿に惚れた。

今日、テリー伊藤が
ネガティブになったり、ちょっと引いたり、客観的にしか物事を見れない傾向にある日本人を彼らが変えてくれたと思う

って言ってたけど、
ベスト4を見据えた、彼らの魂のプレイは、死闘ともいうべきプレイは、
日本人のなにかを変えたと思う。

できないかもしれないことにがむしゃらにトライしてくことは、
こんなにもカッコイイんだってわからしてくれたと思う。
ヘタクソは泥臭くあれ
って闘莉王が言って、

その泥臭さに賭けて、チームが生まれた。
互いを信じて戦う男たちひとりひとりは、華麗な技で魅了する他国のスーパースターたちよりも、ずっとずっと輝いて見えたよ。

昨日の帰り道、イギリスでサッカーを知り、ヨーロッパのそれらしか見てこなかった妹が、

サッカーが、チームスポーツなんやってことを、とことんわからされた試合やったわ
ぽつん、って言った。ヨーロッパのサッカーを見る限り、わたしは一度もサッカーをチームスポーツだと実感したことはなかったけど、と。

過程と結果、それのどちらに重きがあるか、それはわからない。
勝負のあるものは結果がすべてだけど。

それでも、一瞬もあきらめないで、その結果を欲し、がむしゃらにまっすぐ駆けてく、その過程こそが、人の心を動かすものだと、あたしは強く信じている。

ベンチで必死に、いつも必死に声援を送っていた川口や、直前で先発からはずれた選手、
ピッチで戦った選手、岡田監督、そのすべてを含む岡田ジャパンに
惜しみない拍手を贈りたい。

冒険と感動をありがとう。
Img_3376 Img_3379 Img_3381
Img_3372 Img_3386 Img_3383
Img_3374
一緒に応援した仲間。ともだちでもない、連絡先も知らない彼らと、円陣を組んで、
手をつなぎ、共に祈った。

|

« 日本戦じゃー!!! | トップページ | マルホラ☆ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 日本戦じゃー!!! | トップページ | マルホラ☆ »