« 天下のananに… | トップページ | 上海バンスキングのゲネを観た!!(号泣!) »

2010年3月 6日 (土)

文庫本発売の告知!

上海バンスキング(実は上海バンスキングもう3回も行ったのだ!)と、
魔女と金魚と、クラムボンと猫と…新作の構想、に溺れる日々を送っていてすっかり忘れていました。
でんでんでん♪
昨年4月に書いた「はじまりのものがたり」という短編が(パピルスに掲載されました)文庫本になります!

発売は4月10日!
魔女と金魚が4月26日発売なので、
一気に2冊幻冬舎から出ることになります!

スタートライン*始まりをめぐる19の物語*

著者一覧
光原百合  三羽省吾  金原ひとみ  恒川光太郎
三崎亜紀  中田永一  伊藤たかみ  島本理生
橋本 紡  宮木あや子 柴崎友香   津村記久子
中島たい子 朝倉かすみ 藤谷 治   西加奈子
中島桃果子 万城目学  小川 糸


なんて豪華な… ベストセラー作家ばっかじゃないですか!

そこに加えていただけるなんてありがたやありがたや。

個人的に気に入ってる短編だったので、
本になってくれて嬉しいデス。

みんな買ってね♪

|

« 天下のananに… | トップページ | 上海バンスキングのゲネを観た!!(号泣!) »

コメント

まぁ~何て素敵なお知らせでしょう!楽しみです!

偶然なんですけど、今日パピルスのバックナンバーを図書館で読んでいたところ、モカコさんの短編(はじまりのものがたり)を見つけたんです!
感想を書き込もうとして今日、訪問したところ・・・この新着記事!ほんとに驚いてしまいました。
桃果子さんと気持ちがシンクロしたみたいで何だか嬉しかったですょ

あの短編は、不思議な心地よさがありました。子宮のあたたかな羊水の中の感覚まで伝わってくるようでした。うすぼんやりした、そんな懐かしい感じ。何だか身に覚えのあるようなあたたかさでした。素敵な作品だったと思います。
この世を去るときがきても、わたしも誰かの記憶にとどまれる人間でいれたらいいな~と思いました


投稿: maho | 2010年3月 7日 (日) 17時36分

真帆さん
あれは、わたしが亡くなったひいおばあちゃんに日に日に似てくるというトピックから思いついた話デス。
そんなタイミングで読んでいただけたとは。
この「はじまりのものがたり」は、
どこかモンサンの日記に通じるものがあります。
そういう意味ではクラムボンと猫も同じくくりになっちゃうんですけどね(笑
ありがとうございます。

投稿: もかこ | 2010年3月 8日 (月) 01時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 文庫本発売の告知!:

» かのこちゃんとマドレーヌ婦人【万城目 学】 [本・月のうさぎ堂]
かのこちゃんは、猫語、犬語は解かりませんが、『鹿男あをによし』の主人公を彷彿させるお父さんの子供らしく動物の心情を非常に理解し機敏に対応します。最後の婦人の恩返しは涙ものです。 [続きを読む]

受信: 2010年3月11日 (木) 00時36分

« 天下のananに… | トップページ | 上海バンスキングのゲネを観た!!(号泣!) »