« JUNE vo.2 発売!!! | トップページ | 新幹線にて »

2009年12月22日 (火)

ブリタ二―マーフィ死去

ショック。

17歳のカルテにでてくる変なぽっちゃりの少女がブリタニーマーフィだと気づく人はいたかしら??

8mileでエミネムと共演していらいすっかり可憐なブロンド美女のイメージだったけど。

好きだったんだよね。

ショックだわ。


親戚が亡くなって、いま横浜にいるんだけど、

ほんの一年前会ったときは生きてたのよね。

みんなで超高級なすきやき食べにいったのよね。
そのとき「一緒に行くんですよねー」って聞いたら、
「ううん」
って笑ってた。
結局あみちゃんのお母さん以外で食べたよね すきやき。

人が亡くなるって、

あたりまえのことだけど

ここにさっきまでいたひとが
いなくなることだよね。

それってやっぱり全然

受け入れられないよね。

お通夜のときは、意外と誰も泣いてなくって、親戚だけの空間て近すぎてそんな感じで。ビールやオレンジシューズを抜く「ぽんぽん」て音がやけに元気で。

解散してからも、父とホテルでごはん食べて、飲んで、
呼びつけといて追い出されて、いまひとり備え付けのPCのまえでこまごまと仕事すませたり、いつものように牧場やったりしてるんだけど、

そいでもって母から電話がかかってあれこれ報告したり、
ドイツのみさきと電話して「絶対ドイツ寄ってよね!」と念押しされて、フランクフルト→ヒースローのフライト調べたりしつつ、風邪ひきはじめの痛い喉を気にして、Alwaysのシフトつくんなきゃとかなってるんだけど、

人が死ぬって、こういう「いま」が一気に過去のものになって振り返ることしかできないことなんだよね。

母の長い話を右から左に流したその声を言葉を思い出そうとしても「昨日の話だけどさ」とは言えなくて、父の自慢話にもうすこしつきあってあげればよかったと思っても遅くて、

たとえばゆっくり解きたいと思ってたわだかまりとかも、それすら置き土産になってしまうことだよね。

そんなことを考える。
そして慣れないDELLのパソコンのキーボードは固い。
これだけの文字をはきだすにも労力を要すキーボードで、

死ぬことってなんなんだろうと打ち続ける。

そして親戚同士の弔いは賑やか。
ホテルのベッドは無駄にダブル。

|

« JUNE vo.2 発売!!! | トップページ | 新幹線にて »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ブリタ二―マーフィ死去:

« JUNE vo.2 発売!!! | トップページ | 新幹線にて »