« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年5月

2009年5月30日 (土)

風邪と本

日曜からずっと体調を崩してて、水曜にとうとう熱が出て、今も調子が悪いんだけど、
精神的には少し抜け出せたかな。熱が追い出してくれたのね。

最低な5月がもう少しで終わる。

行き詰まることと「病む」ことは違う。
行き詰まっても、病まないで解決したい。と 思って、ぎりぎりのところに居て、
けっこう辛かったけど、

熱が出てすごく楽になった。

6月は頑張って働こう。

で、寝て寝て、風邪だから起きるとつらいけどもう寝れないとこまで寝たってあたりで、
昔から風邪で学校休むと、2日目はずっと本を読んでいるんだけど、

今回もいろいろ本を読みました。

Img_0123 吉本ばなな/アルゼンチンババア

昔からわたしが一番好きな作家です。私は、江國さんの大ファンだと思っている人もいると思うのですが、江國さんの本に出てくる女の子や、本のもつ佇まいが、昔から「わたしみたいな人がいる」って思ってて、それは江國さんにお会いしても思ったし、江國さんも言ってくださってたけど本質的に「似てる」のです。だからこんな「似てる女の子」がいるんだってことに感動して(それまで街でも浮いてたし、同士を小説の中に見つけた気分ね)好きとか嫌いとか、じゃない、って感じでした。

もちろん江國さんはわたしがいる階段の地点のところより遥か先のところにいらっしゃいます、ということは言っておきますね。

とにかく、吉本ばななは宇宙船に乗ってるって感じで、ひゅるーんってゆっくり迂回してる感じで、階段というカテゴリにいない。

一番最初に読んだときから、吉本ばななの本に出てくる女の子に強く憧れがありました。考えることや、行動や、言葉が、わたしにとっての「こんな風にあれたらいいな」なんです。そにたんびにわたしは女々しくて、情けない女だと思うのです。そしてため息をついて江國香織を読む。すると、そこにはなんとまあわたしとよく似た女々しい女の子がいるではないですか。でも、本にして読むと、この女々しさはもはや潔いのかもしれないと思って、そこに仲間を見つけたような気分になるのです。そんな中高生でした。

そして、アルゼンチンババアを読みましたが、やっぱりこんな風に生きれたらって憧れます。
こんな女の子になれたらって。吉本ばななと江國香織と山田詠美というのはもはや、ジャッジの領域ではありません。わたしの青春Ⅱだからです(JUDY AND MARYも青春といいましたよね) ああ、吉本ばななをもっと読みたい。

Img_0124 江國香織/あかるい箱

ひとつの疑問は宇野亜喜良と江國香織の相性はいいのかしら??ということです。そんなこといってジャミパンも持ってるんだけどね。

こういう西洋のおとぎ話みたいなの。好き。

   

   

  

Img_0125 山田詠美/アニマル・ロジック

これはまだ途中。

山田詠美の本に出てくる女の子たちは、もしクラスにいたら、
きっとあたしのことを「面倒クセぇ痛い」と思って、冷ややかな目で見るだろう…ってことを、昔から思ってて、山田さんの本は苦手だったりするんだけど(その時点で小説にのみこまれすぎでしょ 笑)でも読んじゃう。

だってほんとうにほんとうに面白いんだもの。
使う言葉、そこで起きる様々が面白すぎて、読むのをやめられないのです。

 

Img_0128 山崎ナオコーラ/カツラ美容室別室

   

わたしには読書氷河期がありまして(演劇中毒のリハビリを終えるまで 笑) 新しく出てきた作家さんを全然知らず、最近知った作家さんですが(おそっ)出版社のひとや色んなひとに聞いたところ、カツラ美容室が面白い、とおっしゃるので、読みました。

最後まで「これって女が書いてるんだよなあ」っていう男っぽさ。
やっぱバンブーだわ、という結論に至りました。

 Img_0127                                                 

川上弘美/ニシノユキヒコの恋と大冒険

川上さんも実は親友に薦めてもらうまで知らなかった作家さんです。
私本はすごく読んでましたけど、西洋の児童書や、日本の児童書(児童書ばっかり!)で、その後、日本文学、西洋文学(ヘッセとか)にむかっていって、読み落としている作家さんたくさんいるんですね。

初めて読んだのは「センセイの鞄」でしたけど。
ニシノユキヒコ~はむかつく。こういう男むかつく(笑

なんでそんな何人にも気安く「結婚しよう」だの「してくれ」って言うんだよ!
なんて思って、同じように、右も左も真ん中も同時に愛するニシノユキヒコを憎みました。

それはわたしがきっとニシノのような男を愛したからです。

本は大変面白かったです。続けて「どこからいっても遠い町」を読んでいます。

川上さんの本に共感することはできない、なぜなら川上さんの本は深いから。
懐が深くて、たくさんのこといっぱい痛みも優しさも無力も、もっとたくさんの感情を咀嚼して、海や川にさらされたまるい石になって、ただ、そこに落ちてるみたいな本だから。

人間としての自分の未熟さを思い知る。理解できないことの多さにわたしはまだまだ若いなと感じる。このひとはすごい器の人なんだと思う。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009年5月27日 (水)

JUDY AND MARY

わたしはJUDY AND MARYの大ファンです。
いまでも大好き。

このWARP TOUR FINAL
明け方にちょっと観るつもりが、釘付けになってしまいました。

あの頃YUKIちゃんがすべてだったなあ。でもYUKIちゃんというより、バンドメンバー全員に華があるんだなあ。危険な華やかさだよ。

わたしの青春です

JUDYにもMARYにもなれないまま大人になってしまったけど、あの頃そんな風になりたいって思ってたの。甘酸っぱい感じね。

再結成しないかなあ(笑

517ljwyheyl__sl500_aa240__2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月26日 (火)

ムラタ式幻影回路

わたしの好きな映画監督に、山口洋輝くんがいます。

グシャノビンヅメという映画で彼の世界観にだだはまりして、その後、彼のつながりでaccoと知り合い、今ではaccoとのつながりのほうが深いんだけど、

ほんとうに才能ある監督。

花タンでアニメ作ってくれたのです。

その山口くんが作った短編映画集が「ムラタ式幻影回路」
オプションでaccoが山口くんと作った昔のアニメもはいってます。
それを見て、花タンアニメのお願いしたのだ。

ほら、わたしここんとこ落ち込んでたから、いろんなDVD見たり音楽聴いてたりしたの。

しかし「ムラタ式幻影回路」めちゃくちゃおもしろい。

発想が面白い、独特の世界観がおもしろい。

Murata1 くわしくはhttp://www.meifazi.com/kanren/yamaguchi.htm

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月21日 (木)

Diablo Cody

Diablocody1q_3821_2Diablocody1q_3821_3Diablocody1q_3821_4

        
      
     
     
    
    
        
    
Diablo Cody(ディアブロ・コディ)

ある意味わたしが今一番大好きな作家です。
抱きしめたいくらい大好き。
映像の彼女も動いてる彼女も全部好き。
「キャーッ」ってくらい好きな作家さんです。
わたしの2008ベスト一位の映画は”Juno”
これは前にも日記で書きましたねー。エレン・ペイジがジュノを演じてるんだけど、あまりに可愛くて、また、あまりに愛があるのにぶっとんでるので、Juno熱がさめずDVDもサントラも買っちゃったんだけど、これの脚本を書いたのがディアブロ・コディなんです。

Junoを見終わったとき、なんて、裏切りつづけてくれる脚本なんだろうって、しかもこんなにシニカルなのに可愛くて、ちゃんと愛もある脚本なんだろうと思い(あとセリフがリアルなの!)、さっそくネットで調べました。そしたら1978年生まれ、同い年なんだよね。
で、オスカーをとったの。ジュノで。はじめて書いた脚本でよ!
しかもその一年と少し前はストリッパーをやってたの。
彼女のブログに魅せられたプロデューサーが、脚本を依頼したのね。

わたしは物事の一面しかない話って、すごくいらいらしちゃうわけ。
たとえば、10代の妊娠継母ってでてきたら、このワードを料理して脚本にするとだいたいが、親の愛に恵まれず、妊娠して→家出して→みたいになるでしょ。
でもジュノは違う
(以下ネタバレあり!)
ジュノが中絶を思いとどまった理由は、受付の女の子が(その子もただのアルバイトでロッカーみたいな子なの)へんな色のコンドームをくれたことと、中絶反対運動をしてる同級生がに言われた言葉に、「えっ?赤ちゃん、もうツメはえてんの???」
継母は、十代の母親環境は劣悪ですという超音波士をこてんぱにやっつけちゃう。「あんたの仕事なんて、教えたらわたしの5歳の娘でもできるわ、ご意見はけっこう」

昨日、自分の原稿が終わった(第一段階)ので、取材でなく、好きなDVDでも見よう、と、またJunoを見て、また泣きました。
ディアブロは教えてくれる。で、思う。
わたしってシリアスに書きすぎ??もっとChill Outして、温かくロックしていこうぜ、と。文字を崩すことをためらう自分に、リアルでいいじゃん、いい子になって文学人しなくていいじゃん。いいものはちゃんと伝わる。(←自分への励まし 笑)

ディアブロは最高です。いま一番尊敬してるかもね。Diablocody_248
Cody2_dpa_gr
   
   
あとわたしが一番好きな言葉が、ジュノが「わたしの大人度をこえた事態」に直面したときの言葉。
ジュノが、
「愛し合うふたりが永遠に一緒にいられる可能性って少しでもあるの?」って父親に聞くと、父親が、
「ありのままでいられること」
って答えるの。
「きれいなお前、 醜いお前、 ふきげん、上機嫌、…そのぜんぶをありのまま愛してくれるひとを見つけたら、きっとうまくいく」
って言うんですねー。
ここで泣けてくるわけ
(※いちばん俺が俺でいれるって言われてたんだけどなあ…。でもダメになるケースもあるね。)
やっぱり愛を信じたいしね。
こういうセリフが、
「あたしのおなかには生命の神秘ってやつが入ってるのに、あんたのお腹んなかはタコスだけ」
とか、(白髪の高校教師とつきあう友人に)
「キース??まじでそれやめて(名前で呼ぶこと)、すげえ気持ち悪いよ」
とか、そういうのにまじってちりばめられてるわけ。絶妙にリアル。
みんな是非見てよ。

ジュノっていうと、
「ああ。10代の女の子が妊娠しるやつでしょ」
ってみんな言うのよ。
そう…そうなんだけど、まるでそういう感じじゃないから。

今You Tubeで英語の勉強がてらディアブロのインタビュー見るのが目下の趣味です(笑 本もほしー。でも読めるかな。読めなそうだなぁ…
DiablostrikeDiablostrike_2Diablostrike_3   

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年5月18日 (月)

Innocence Define[イノセンスディファイン]

June
      
       
     
       
       
      
      
      
     
   
    
    
   
     
    
Innocence Define[イノセンスディファイン]
これ、新作のタイトル。JUNEのリニューアルストーリー。
Defineって、(定義する)とか(境界線)とか、そういう意味。
innocenceは(純真)とか(心の純潔)とか(潔白)とか(無罪)とか
ようするに
純潔を定義する、とか純真さの境界線って?とか、無実の線引き、とか、そういった感じで曖昧に広くって感じ。

Innocence Defineという大きな湖の中で”JUNE”というストーリーを泳がせていくことにしました。

今回、めちゃくちゃ辛かったです。
大好きな話で書きたいテーマなのに物語が出てこない。いつも〆きりの前の日まで書かないんだけど、それは書かないんであって(脳内で物語をふくらませてる)、書けないっていうのじゃなかった。
でも〆きりが来ても書けず、締め切りを延ばしてもらって。
いつもは〆きり前でも遊ぶんだけど(書くだけならぶっつづけ7時間あればいいから)、今回は、書くことすらわかんないから、 そのせいで、いくつか予定をキャンセルしてしまいました。
出版社にも もちろん失礼だし、〆きりが守れないことで他の約束をキャンセルしたり、ほんとに申し訳ないしふがいない。
森川ピアノ少年のライブも行って上げられなかった。花タンメンバーは家族なのに。

さっきようやく書き上げたところです。究極に個人的なものは究極に大衆的であるか?というところに挑戦してます。
自分のなかにある嘘を見抜いたときに、物語が動きはじめました。
わたしは気に入ってる。
でも、今まで10人に見せて8人が「まあいいんじゃない」っていってくれるところを書いたとしたら、今回は10人中1人かもしんない。でも、そのひとりは死ぬまでわたしのファンでいてくれると思う。 かなり丸裸になりました。

私にとって、清志郎が死んだことって大きくて。
いまもまだショックなんだけど。なんていうか、一曲でいいんだなって思ったの。清志郎のファンで全曲聴いてるひとと一緒にお弔いする資格もないなって思って、中途半端な時間に斎場行って、なんとなく帰ってきたんだけど、自分でもびっくりするくらいショックなんよね。
カラオケにも入ってないんだけど、自分の奥を深く温めた曲があるんよね。
それの入ってるアルバムとか。
それで、いまこの人死んじゃったらどうしよう。生きてるうちに生で聴かなかったこと後悔しちゃうよって思うとしたら誰なんだろう?って思ったら吉井さんだったりするんよね。イエモンのファンじゃないのにさ。
JAMがある以上、吉井さんが死んだらわたしショックなわけ。

そういう部分で思ったわけよ「叫んでいかないといけないな」て。
三輪さんだって叫び続けてるじゃない?どれだけ弾圧されても。
だから、小説というフォーマットという既成概念とか、今こういうものが小説と呼ばれていますとかいうところにおさまったり、それなりのものを書くんじゃなくて、恐れずに裸になっていかないとなって。
だから、たとえばアカデミックなシチュエーションで門外にされても、届いた誰かひとりの生きるバイブルになればと思い、
そこでこのJUNEの題材に取り組むべきと思って、

イノセンスを叫んでみた。

多分これ、嫌いなひといる。理解に苦しむひとも。
でも、それを恐れていてはいけないってことを、清志郎が教えてくれたから。

あの人みたいに溢れる愛を叫べないので、せめてイノセンス(純真)を。

それは残酷にも愛の不純なカタチだったりするんだけど。
画像は昔JUNEの表紙にしてた写真。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年5月11日 (月)

LIVE FOREVER

Img_0099 このドキュメンタリーにはまってます。

もう3回も見ました。

イギリスの90Sのロックシーンを追いかけたドキュメンタリで、UKロック好きにはたまらない一枚です。日本に住んでるとアメリカとイギリスの区別つかなくなるというか、たまにいっしょくたになっちゃうんだけど、いかに自分の趣味がUK寄りなのか、思い知りました。

うちの妹はそのすぐ後にロンドン行ってるので、かなりリアルタイムに彼らの音楽を聴いてたんでかなりはまった模様。

GWの終わりの方に、まあこれが連載に直結するわけじゃないけど、気になってることをとことん掘り下げないと気がすまないたちなんで、ロックに関する映画やら、ドキュメンタリやらライヴビデオを12本くらい借りてきて、流し見(とかいいつつちゃんと見?)してたら、
この「LIVE FOREVER」がかなりのツボで、結局連載とか執筆とかとは全然違うDEEPなところに入ってしまった…。

ここのところ傷心のわたしとしては、熱狂的にはまれるものの存在が、なによりの救いであって、このドキュメンタリにはまれることは、生きていることに放心せずにすむことでもあった。

Img_0097

これはわたしがTSUTAYAでかりてきたロックの数々。

面白いものもあれば「?」っていうのもある。ROSEは素晴らしかったけど、

シドアンド・ナンシーとかは、最悪。
でもなにより、えっ?これゲイリーオールドマンなの?っていう驚きをくれたからOK。

まだ見れてないのも全然あって、すなわち、これを見終えるまでは自動的に原稿が書けない…。

そしてわたしは十八歳のときにオアシスを聴き込まなかったことを後悔しているのであった…。

一冊本が出て、やっと、少しなんらかのめどってやつがたち、i tuneを心ゆくまでいじったり、一晩中You Tubeでリアムを見たり、本を買って読んだり、「ライブとかに行きたい」とか思えるようになった。去年までは、芝居と仕事と、「もっと努力しなければいけない」に縛られ、生活に縛られ、金銭的にいつもきつくて、ほんとに振り向きもせず走ってきたけど、

今更、90sの熱狂に、十代の多感でそれを閉じ込めることもできないし、
清志郎のライブにだってもう行けないわけで、「え?ほんとに好きなら聴くでしょ」って思うかもしれんが、本当に新しいものをイン・プットする時間がなかった。
バイトを4つして週7で働いて、たまの休みは死んだように寝て、恋人とゆっくり過ごす時間があるわけでも、つまりれっきとした恋人がいるわけでもなく、たまにセックスして、
おきてる時間のほとんどは夢をかなえるために、残された時間の「カチカチ」におびえ、たくさんのことを調べたり、芝居をたくさん見て、そこまでして、わたしは役者になりたかったのだね。

無我夢中の人生を後悔してないけど、見落として、見過ごしきたものもたくさんあるんだろうなあ。もっと海外に行けたかもしれない。去年は海も行ってないしね。

そんなわけで、今年のわたしはLIVE NOW!って感じね。
フジロックとかいっちゃうし。毛皮のマリーも行ったし。誰かを思いきり愛したりするわ。
今はそういう時期じゃないとかって、キャリアウーマンぶったりしないで。

そして本屋に行きました。

成城学園前の本屋↓
Image331Image330  こういうおおきーい本屋さん久しぶり!!!!!あがるー

見よこのぎっしりの本棚。
女性作家の棚。
すごい充実ぶり!!

けやき坂のTUTAYAとか、ほんとに置いてないからね。

まあ六本木なら、青山ブックセンターとか、あおい書店にいくべきなんだけど、ここの三省堂はほんとなかなかだったよ。
買うつもりなかったのに買ってしまった本は、

著/山崎ナオコーラ 「論理と感性は相反しない」

Img_0095 

理由は、ハイ。宇野亜喜良です。

宇野亜喜良って、あたし、実際そんなに好きじゃないんだよね。

でも宇野亜喜良×串田和美

とか、

宇野亜喜良×本

とかって、どうも吸い寄せられてしまう。

そして購入。

すらっと読めました。山崎ナオコーラって、初めて読んだけど、まず、たぶん同じ日に同じ大学の入学試験受けてるんだ…って思って親近感(笑 おない年の作家ってけっこういるんだなあ。津村記久子もそうだし、本谷有希子もそうだし、(彼女なんて劇団立ち上げた年も一緒だもんなあ。わたしのほうは長続きしてないけど)、わたしがはまった、魚神の作家さん(千早茜)もおない年なんだなあ。※敬称略ね。名詞として扱いマス。
なんかおもしろいなあ。

役者が豊作の年とか、作家が多い年とか、いろいろあるんだろうね。

山崎ナオコーラさん、初めて読んだわたしの印象は「バンブーみたいな作家さん」
読みやすくって、からっとしてて、バンブーみたい。放っておいても、腐ったりしないし、瑞瑞しく緑で、でもそこに地球があります。みたいな。

おもしろいなあ。わたし花だと、カラーとかバンブーとか、そういうシンプルで「凛」とか「にょきっ」てしてるのが好きなんだよね。

本の装丁見るのが好きだから、今日本屋でほんとはいっぱい買いたかったけどまだ読んでない本とか家にたくさんあるから我慢。

そしてUKロック好きな人!(PULPとかトレインスポッティングとかBlurとか)
絶対LIVE FOREVERを観た方がいい!
イギリスのドキュメンタリのクオリティが高いことは妹から聴いてしってたけど、歴史的なバックグラウンドとかもうまく絡めててほんと面白い。

そして、今更オアシスに、しかもリアムにはまっているわたしに、そこはスルーでお願いします(笑
家の中にはミス・シニカル(妹)がいて、どんな批評家よりも辛辣なひとことをいつも用意してくれていますので(笑

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009年5月 4日 (月)

海開き

Img_0042            

       

         

             

               

              

                 

             

            

サーフィンしに、海に行きました。昨年、忙しすぎて海に入れなかったので、今年は!と思い。GWから海開き。まずまずのスタートです

今年はたえこ(あんな)と海にじゃんじゃん行こうと思ってます。
MATAHARI(マタハリ)というお店が代官山にあって、そこの店長さんたちと一緒に行ってます。このMATAHARIってお店、できたとき、わたしが昔書いて次に連載になる「JUNE」にでてくる、JUNEのお兄さんがやってるお店のイメージにそっくりでびっくりしちゃいました!

 Img_0028                                                                

行くとき、はじめて「海ほたる」通っていったんですが、
びっくり!すごい千葉が近い!!

 

   

  

Img_0032Img_0033 あんまり、波は大きくなかった。
というか、最初入ったところが、かなりジャンクで初心者(とわたしみたいなヘタクソ)は無理だろうって、小山さん(店長)が言い、移動しました。

昔一回はいったことあるなあっていうポイントでした。

ウェットのゴムが劣化しすぎてて、
着るのに15分くらいかかったあげく、

窒息死しそうになった…
そういえば5mmって着てなかったね…

実際、運動不足のあたしは、足がつったりとか、久しぶりの千葉にびびったりしてて、(ボディボードなのによ!) たえこと、ちょっと入っては休憩、はいっては休憩してました。

でも、夢に見るくらい飢えてた波乗りをできて、ほんとに幸せです。
午後からはお天気もよくって、あとけっこうすいてたし、(みんな茨城とか福島に行ってるか、明日から波あがるからそっちにあわせてる??)

ほんと楽しかった。

実は明け方、車がマンションのしたにつくまでは、落ち込みすぎて、胸が苦しくて、寝れないくらい落ちてたんですが(べつにたいした理由じゃないです)

海ってほんとにいろんなものを洗い流してくれるんだなって、思いました。
今年はもっとじゃんじゃん行くぞ!

Img_0038 Img_0039 Img_0041

PHOTO BYたえこ。

れいこさんにもらったデジカメ大活躍。

Img_0043

これは、全部、ガラスのかけら。綺麗でしょ?

拾って持って帰って、

瓶につめて、変わった照明をつくったり、可愛い白熱灯スタンドつくるんだって。

それって素敵なエコじゃない??

TOPの写真は、それを洗う桶に木が映りこんでるの。素敵でしょ?

Img_0045

これはPHOYO BYわたし。

たえこさんが懸命に、ガラスのかけら洗ってます。

そのあと、お昼食べて、温泉入って、仮眠して、帰ってきました。
千葉を出たのが夜の8じとか。堪能したなー。

Img_0046Img_0062 Img_0055Img_0056 Img_0049Img_0051

Img_0064Img_0048これがMATAHARI(マタハリ)

わたしの尊敬する典子さんがオーナー?
店長?でもあります。

お店出したいと、お金を貯めていたときから知っていたので、お店が出たときは感動しました。

わたしより9こくらい上なんですが、20代にしか見えない。
すっぴんでも可愛いし、たいがいすっぴんだし、
博識で、お酒や飲食にはめちゃめちゃ詳しい。

でもまったく気どってなくて、サーフィンもがんがんやるし、
同じ目線で話してくるので、年の差を感じないひとです。

典子さんのバースデーだったので、乾杯してから帰宅しました。

マタハリ、いい店だなあ。自分でお店やるとしても(ぜったいやらないけど)こんな内装にしたいなあって感じ。お店やるより、映画撮るほうが現実的か。

こういうお店がでてくる映画を撮りたいです。

ちなみにわたしはドライカレーを食べました。美味しかった。

充実した一日で、心地よい疲労感に包まれて、幸せでした。

わたしの心の中には乗り越えなくてはならない壁がたくさんあるけど、
いろんなところに出かけて、したいと思えることを実行できる自分になって、
またひとつ新しい自分を見つけよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »