« Innocence Define[イノセンスディファイン] | トップページ | ムラタ式幻影回路 »

2009年5月21日 (木)

Diablo Cody

Diablocody1q_3821_2Diablocody1q_3821_3Diablocody1q_3821_4

        
      
     
     
    
    
        
    
Diablo Cody(ディアブロ・コディ)

ある意味わたしが今一番大好きな作家です。
抱きしめたいくらい大好き。
映像の彼女も動いてる彼女も全部好き。
「キャーッ」ってくらい好きな作家さんです。
わたしの2008ベスト一位の映画は”Juno”
これは前にも日記で書きましたねー。エレン・ペイジがジュノを演じてるんだけど、あまりに可愛くて、また、あまりに愛があるのにぶっとんでるので、Juno熱がさめずDVDもサントラも買っちゃったんだけど、これの脚本を書いたのがディアブロ・コディなんです。

Junoを見終わったとき、なんて、裏切りつづけてくれる脚本なんだろうって、しかもこんなにシニカルなのに可愛くて、ちゃんと愛もある脚本なんだろうと思い(あとセリフがリアルなの!)、さっそくネットで調べました。そしたら1978年生まれ、同い年なんだよね。
で、オスカーをとったの。ジュノで。はじめて書いた脚本でよ!
しかもその一年と少し前はストリッパーをやってたの。
彼女のブログに魅せられたプロデューサーが、脚本を依頼したのね。

わたしは物事の一面しかない話って、すごくいらいらしちゃうわけ。
たとえば、10代の妊娠継母ってでてきたら、このワードを料理して脚本にするとだいたいが、親の愛に恵まれず、妊娠して→家出して→みたいになるでしょ。
でもジュノは違う
(以下ネタバレあり!)
ジュノが中絶を思いとどまった理由は、受付の女の子が(その子もただのアルバイトでロッカーみたいな子なの)へんな色のコンドームをくれたことと、中絶反対運動をしてる同級生がに言われた言葉に、「えっ?赤ちゃん、もうツメはえてんの???」
継母は、十代の母親環境は劣悪ですという超音波士をこてんぱにやっつけちゃう。「あんたの仕事なんて、教えたらわたしの5歳の娘でもできるわ、ご意見はけっこう」

昨日、自分の原稿が終わった(第一段階)ので、取材でなく、好きなDVDでも見よう、と、またJunoを見て、また泣きました。
ディアブロは教えてくれる。で、思う。
わたしってシリアスに書きすぎ??もっとChill Outして、温かくロックしていこうぜ、と。文字を崩すことをためらう自分に、リアルでいいじゃん、いい子になって文学人しなくていいじゃん。いいものはちゃんと伝わる。(←自分への励まし 笑)

ディアブロは最高です。いま一番尊敬してるかもね。Diablocody_248
Cody2_dpa_gr
   
   
あとわたしが一番好きな言葉が、ジュノが「わたしの大人度をこえた事態」に直面したときの言葉。
ジュノが、
「愛し合うふたりが永遠に一緒にいられる可能性って少しでもあるの?」って父親に聞くと、父親が、
「ありのままでいられること」
って答えるの。
「きれいなお前、 醜いお前、 ふきげん、上機嫌、…そのぜんぶをありのまま愛してくれるひとを見つけたら、きっとうまくいく」
って言うんですねー。
ここで泣けてくるわけ
(※いちばん俺が俺でいれるって言われてたんだけどなあ…。でもダメになるケースもあるね。)
やっぱり愛を信じたいしね。
こういうセリフが、
「あたしのおなかには生命の神秘ってやつが入ってるのに、あんたのお腹んなかはタコスだけ」
とか、(白髪の高校教師とつきあう友人に)
「キース??まじでそれやめて(名前で呼ぶこと)、すげえ気持ち悪いよ」
とか、そういうのにまじってちりばめられてるわけ。絶妙にリアル。
みんな是非見てよ。

ジュノっていうと、
「ああ。10代の女の子が妊娠しるやつでしょ」
ってみんな言うのよ。
そう…そうなんだけど、まるでそういう感じじゃないから。

今You Tubeで英語の勉強がてらディアブロのインタビュー見るのが目下の趣味です(笑 本もほしー。でも読めるかな。読めなそうだなぁ…
DiablostrikeDiablostrike_2Diablostrike_3   

|

« Innocence Define[イノセンスディファイン] | トップページ | ムラタ式幻影回路 »

コメント

ありのままをさらけ出せる人と、
ありのままを愛してくれる人とは別ですよ・・・

すみません。
わたしもずっと都合のいい女でいたクチなので、
すごく同情してしまいました。

お互いがんばりましょうね。

投稿: 通りすがり | 2009年5月24日 (日) 12時10分

通りすがりsan
ありがとうございます
絶望したり、愚痴ったりするのはお洒落じゃないと思って小粋に生きられるようもっと自分を磨きたいと思います(←強がり 笑)いい大人になると、都合のいい扱いをする誰かでなくて、そうされている自分がふがいなくなりますね。
ありのままと、ありのままを愛してくれる人は別だけど、自由に呼吸できる場所がなくなるのは堪えますね。
自由に呼吸できる、気がしてただけなことにも。

投稿: もかこ | 2009年5月24日 (日) 22時49分

ジュノはわたしもすごく心に残りました。モカさんすすめてくれてありがとう!
継母が超音波士をやっつけたとこはスカッとして泣けた…
わたしもサントラほしいな…

投稿: さ | 2009年5月26日 (火) 20時52分

「さ」さん

あの継母いいよねー。嘘っぽく優しくないとことか、
「あんたがいるから犬飼えないのよ!」と喧嘩するとこもすてき。

投稿: もかこ | 2009年5月28日 (木) 11時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Diablo Cody:

« Innocence Define[イノセンスディファイン] | トップページ | ムラタ式幻影回路 »