« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年5月

2008年5月10日 (土)

最近の行動

5月1日
小道具のクリコと汐留の電通図書館へ。
意外とあたしの探してるものは出てこなかった。。。日芸の江古田の図書館はすごい埋蔵量だがGW休みで行けずいらいらがつのる。
でも資料館はおもしろかった。1960年から今日までのヒットCMが全部見られるんです!自分の生まれた年のCMを見て時代を感じました。


5月2日
ママチャンのお見舞いに行きました。
その後無事ポリープは摘出されました。よかったよかった。
久しぶりに病院に行きました。


5月3日
この日やっとゆっくり気が済むまで寝れました。ママチャンともち玉へ。(もち玉はわたしがよくいく京風居酒屋です)その後インフォキュリアスへ。今月の展示のタカさんに、
「ずいぶん両面テープの後がついてたけど山羊座?」と言われギクリ。
オーナーのせいにしました(笑 タカさんの展示のなかに一枚1979年ものがあって感動。あたしの生まれた年です。


5月4日
ビデオやさんで「この世の果て クラブ進駐軍」を借りる。
これ時代設定が1947年(昭和22年)つまり花タンの年なわけ。
映画ってのは全部がつまってるからね。

そしてBANJO青木に泣きつく「あの頃の資料が全然ゲットできないのー泣き顔!!!」
そしたら青木くん素晴らしい。どっから掘り出してきたのかいくつもサイトを添付してくれました。助かるー涙

5月5日/6日
最悪なことに…海外ドラマ「HEROS」にはまってしまうという事態!
なんでこんなにおもしろいの!やることが山ほどあるっていうのに!
アメリさん(妹)とHEROSの世界へ突入。

合間に青木サイトから広がっていろいろ資料ゲットしました。調べ物してると5時間ぐらいあっと言う間。

11dancecommons

342bluesuitBluegardenia3                    

5月7日
もはや実家に帰るゆとりなんてなくなってきた頃、衣装デザイナー(地元。小学校の学芸会時代からあたしの衣装をつくってくれてるんです)から電話「あんた、あたし5月中にはデザイン画あげときたいねんけど打ち合わせどうすんの?」

生地見本とかも持ってきてくれてるらしく、あわてる私。結局11日に帰る約束を。

アメリさん情報:けやき坂のTSUTAYAはやばい!確かに。汐留の資料館にもなかったような文献がわんさか!ほとんど英字だけど探せばかなり、ある!HEROS片手に読みふける。ほしい本¥9000もする。悩む。

5月8日&9日
HEROSで締めくくる日々。

あったかくなってきたんで、虚弱なあたしはまた心臓の調子が…。
明るくなってきた時間に寝ると、交感神経と副交感神経が困って、まぶた閉じても目がぐるぐる。心臓がぱくぱく。
やばい!
9日は自宅のリビングのソファでカーテン締め切って寝る。
遮光カーテンを買うことを決意!

銀座にAlwaysのお姉さまがお客さんと来てくれた手(パー)
以後二時間くらい店がAlways化しました。
そのときに思いました。なんてオールウェイズとは個性的な人間の集合体なんだろうと(笑)オネエ様一人きたことで、一瞬で店が染まるなんて!!お客さんも個性的だったんで余計だけど、
this is the reason we suviveだわと思いました。

そして店に財布忘れました(バカ)


でもあたしはほんとに働く場所には恵まれてますよ。銀座もねえ、お姉さまたちがみんな素敵でね。

私は、鮨屋、CLUB(♪)、六本木、銀座と働いてますけど、働く人は素敵です。夢を追いかけるひとも素敵ですけどね、あたしは追いかけてきた人ですから逆に、なにかひとつの仕事を極めてそれに打ち込んでお金を稼いでるひとってすごいなって思います。親方もすごいし、ママチャンもすごいし、銀座のお姐さんも凄い。
そのあたりは盗んでいきたいよね。

ところでそういえばあたし演出もしながら主演に近い役をやるんだけども、なんでできるかって、多分今やってることが役作りなんだと思うわ。オーガナイズして、人集めて、お客さんからお金頂いてさ、ほんとに次から次へと新しい問題があって、いやでも予定はずれこんでくるし、毎日いうたらそれで心臓バクバクよ(笑)
でもそんな日々をくりかえしながら時々蘭子のセリフを口に出して言ってみると、この人だけが本当のあたしの気持ちをわかってくれてる気がするんだよね。逆だけど。そういう言葉で溢れてるの。二十歳のときにはわからなかったことがやっぱりわかるよ。ああ、こういう意味だったんだって。だから私は楽しみです。蘭子を演じることはね。

まあその前に遮光カーテン買わないと寝れやしない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »