« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2007年12月

2007年12月26日 (水)

たまには無防備に愛を書いても

どんちゃん騒ぎも幕を降ろして、一眠りして目が冴えてしまったこんなイブの夜更けには、たまには無防備に愛を書いてもいいではないか。

小説じみた日記でも。

さっき目覚めたとき、サンタさんは来てなかった。

そのことさえも忘れていた。

子どもの頃は本当に毎年サンタさんクリスマスが来ていた。12歳になっても。
17歳になっても。
あたしは両親が贈り物を置く瞬間を見たことがない。
17になったあたしは思った。
「これは相当のテクニシャンか、
もしくはほんとにサンタさんがいるか」

28の今もほんとにいると思っている。
ママが「サンタさん、東京は遠いんやってー」
と帰省時にサンタさんからの預かり物プレゼントをあたしに渡してくれる限り。
ママに預けるようになってから、サンタは来ない年もけっこうある(笑)


昨日のイブはおすしやさんの「ふくだ湯のみ」ですごした。

食べ物やさんで、イブを過ごす人たちの顔を見るのは好きだ。
時に和食やさんとっくり(おちょこ付き)のイブはいい。
お客さんも変な気合いがないし。ゆるやかに時間が過ぎていく。
昨日渋谷のBarにあたしの大好きな姐さんがふらっといらしたので、
距離が縮まったようで嬉しくて飲みすぎたのであたしはかなり二日酔いでしたが、
昨日はお客さんの入りはぼちぼちいい感じ手(パー)で、
わたしは親方にお土産をお願いしたが、わたしの支払った代金が
「ほんの気持ち程度」になってしまうくらい、握り、棒寿司、煮付けなんぞ、板前さんみんなで作ってくださって、
その誰もが「面倒くせえ」とか思わずに、ほんとに気持ちで包んでくださったのがわかったので、ほんとにあったかい気持ちで家路についた。

クリスマスチャペルはなぜか家族と過ごすものと思っている。


それはあたしが4人姉妹だからだと思う。
ありきたりな姉妹が思春期にさしかかり、クリスマスなんぞむふっ、と思い出す頃、年の離れた妹たちは、まだ、はいはいなんぞしていた。

そのため、家では、小さな妹たちを喜ばせるため、あたしが家にあるサテンの生地で姉妹全員分の衣装王冠をつくり、
そろそろ「そういうのはちょっと…」と思うすぐ下のアメリさんですら
強制的に衣装を着せられ、クリスマスソングを合唱したりしていた。

そういうのが「寒く」なかったのは、小さな妹たちのくったくない笑顔がそこにあったからだと思う。

東京に出てきて10年、小さな妹たちは大人になった。
パパにいわせると、わたしはパパが仕事しか見てないうちに、勝手に大人になってしまったらしいが、そのパパのせつなさ涙はちょっとわかる。あたしから言わせると妹たちがそうだ。

帰省するといつもひざに乗せていたのに、
いつのまにか、ひざには乗らなくなった。



上京してきたその日、誕生日が一日違いの一番下のもえと一緒に誕生日をした。何年か後にママが「なんとなく寂しい春でした桜」と手紙をよこしてきたその誕生日にあたしは18になった。もえはたった8さいだった。

妹たちが東京に来るときは、ふたりきり双子座にはできないので、
バイトにいく間、ちほに家にきてもらって、子守をしてもらった。
新幹線で泣きながら手を振り小さくなっていく二人の子どものつむじを
こんなにも思いだせるのに、

今では妹の彼氏が「お姐さんありがとうござんした」と荷物をもって、
品川駅までタクシーに乗って帰る。

今年のクリスマスはLUSHのバスボムを、大人な妹たちに贈った。
チビたちとちょっとした諍いをした後で、あたしは大人げないことに、とても凹んでいましたので、極力最小限のメッセージしか書かなかった。チビたちが大人な切り口で向かってくることに、慣れないあたしはこの数日しじみと化した。小さな殻を閉めて、十番というみそ汁の底に沈んでいた。

クリスマスは家族と過ごす日だ。家族か、もしくは家族と思われる人と。ナオミやちほや、家族といっていい人たちとばかり過ごしてきたあたしは、クリスマスに男と居たいと、実はあまり思ってない。
今年はすっかり、うちの2.5番目の妹になったtaeが部屋着でうろうろして、「ふくだスペシャル」を食べ、シャンパンを飲んで、ビデオを見て、なんてことなく過ぎていった。


20の頃、サンタの来なくなった枕元がとても淋しかった。
今ではすっかり慣れた、25日の枕元で、ふと
「愛晴れとはなんぞや」
と考えた。

そして、この東京にもすいぶん愛はあるもんだと、感謝した。

家族にも。

ディスコで働いてて一番つらかった頃、
帰省して温かさに触れるのが無性に嫌だった。おばあちゃんが持ってくる鍋とかが嫌で、ママが「いつ東京戻るの」と聞くのが嫌で、文句を言って、とんがって、
「こんなノリじゃ東京でやってけんから」
「あんたら甘いねん」
みたいな風にすれていた。
自分が「おじょうさん」と思われてバカにされるのがたまらなく嫌で、
その頃は悪い遊びげっそりなんぞにも平気で足を突っ込んでいた。
とことん染まってやりたかった。


そんなディスコに平気でかぼちゃの煮つけなんぞ、もってって、
上京してきたばっかの後輩にあげたり、
そういうことが、普通に出来るようになって、
一応チーフなのに「もかあさん(もか+おかあさん)」
などと呼ばれるようになってから、


あたしはどんな殺伐とした場所にも愛を見出せるようになった。


そして自分の家柄を恥じなくなった。

むしろ恥じてた自分を恥じている。


わたしは中流家庭の長女として、
パパにもママにも、産まれてくるのを楽しみにされて産まれた。
大事に大事に育てられ、かなり箱入りで、18になるまでアルバイトすらしたことがなかった。

そんな家庭に、今は感謝している。
妹には早めに社会を知ってほしいと思っているが。

だから、

たまには無防備に愛を書いてもいいではないか。

こんな朝方曇りで。

素直になれるのなら。



親方の包んでくれたお土産には
あたしの好きなトロタクがちゃんと入っていた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月20日 (木)

野田MAPとブルーノート

芝居と音楽の最高峰をずらり、ごちそうさまでした。
の週末でした。

木曜日。
野田MAP「キル」
071216_1032
再演モノで、今回は広末涼子ちゃんと妻夫木くん。
野田の大きなバジェットのはあたりはずれがあるんだけど、
見て損はないので見に行きました。チケット苦労して取って。

今回の観劇メンバーは咲子 ちほ そしてさおり。図らずもこの組み合わせになりましたが、あたしにはあるたくらみ電球がありましたので、
この顔合わせで野田MAPを観れたのは運命のいたずらだと思います。
果たしてキルですが、すばらしかったです。
実は野田MAPなのに休憩があるという異例のパターンを経験し、
ちょいとびっくり、それでもって最後の最後までストーリがつかめず、
??でしたが、最後の最後に、言いたかったことってこういうことなんだ、ってことが、頭じゃなくて、感覚として子宮にぶちこまれてきた時に、急に涙がとまらなくなりました。
野田の作品には大きくわけて二つ種類があると思ってて、社会的なパターン、と、あとは赤鬼のようにとってもシンプルなことを描くパターン。キルは前者だと思って、頭でいろいろ考えながら見ていましたが、どかんと後者でした。

野田秀樹という人間はなんて愛のあふれた作品をつくるんだろうと思います。

生きることは「キル」こと。

そうね、「おぎゃあ」と産まれて、産着を着たその瞬間に生きることが始まるのね。そして人は長い一生を、お母さんのお腹のなかで思い出しつつ記憶を失って、そしてまた生まれ変わるっていう、
言い伝えを、思いだしました。

生きて着て、脱いで、また着て。
魂はたくさん洗濯されて、何度も何度も生キル晴れのね。

野田はやっぱり最高だった。

広末涼子ちゃんが最高に素敵だった。彼女こそ産着のような、
まっさらの芝居だった。彼女の声、表情、動き、
彼女は野田の新しいMUSEです。

カーテンコールの彼女をみて、あたしは、この子はまっすぐでまっさらで、だから誤解されているんだろうなと、感じました。

あと今回も衣装がひびのこづえでしたが、今回はデザイナーネタものということもあって、一層マテリアルとテキスタイルに力が入っているように感じました。様々な素材の布が飛び交い、それはまあ圧巻でして、縫われて、服やモノになる以外で「布」そのものが主役になることがあまりない、このデザインの世界で、

テキスタイル(布)というものに魂をかけているテキスタイルデザイナーの我が妹アメリさんには見せてあげたかったです。
主役となって羽ばたく布たちを。


で、金曜日。
初のブルーノート!!!!
071216_1031 これまたちほちゃんと、あたしのお客さんと。
美味しい料理と、アメリカンレモネードバー
そしてMARIO BIONDI(マリオ ビオンディ)
最高!!!!!

昔クリスマスにベルファーレに行ったら、HOUSE夜の、生バンドのイベントで、かなりClub JAZZ&Houseなノリで、生音だけに最高だったことがあって、
Club Jazzならこのひとという彼のに行きたいなと思い、この日を選びました。

いやー最高。踊りたかった。

MARIOがちょい悪なんてもんじゃないの(笑)
190センチくらいあってさ。おじさんでさ。
Playerは結構若くて、イケイケの上げ上げでさ。

Blue Note 初めて来たけど、こんな場所があるのね。
欲言えば月に1回は来たいです…。 


とりあえず、ここのところは最高ね。ステファン様のイベントいって、
自分のPartyでMAYAの歌聴いて、踊り倒して、野田MAP、ブルーノート。

年末まで心して働きます!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月11日 (火)

コヨーテナイト★終了編

ご来場いただきましたみなさま、こころから、ありがとうございました!晴れ

写真写真



二日酔いですげっそりしかも一旦寝て起きてから、気持ち悪くなるという新しいパターンを経験しました。DJ BASSにいわせれば「それは年山羊座」らしい。(笑)

昨日は、APの年内最大のイベント「コヨーテ・ハングリー」の夜でした。来てくれたみんなにキスしてまわりたい気分ぴかぴか(新しい)です。

主宰で何かイベントをやるのは実は久しぶりでドキドキしてたあたしですが、今日の心地よい疲労感を思うと、ああ、なんか、いい夜になったってことだなって思いました。
集客は思ったより伸びなかったけど、大切なひとがたくさんきてくれて凝縮できた夜だったかな三日月と思います。

無計画で行き当たりばったりな性格を、5年かけてなんとか直したんだけど、今回は自分がイメージした雰囲気に8割がた近いものが作れたような気がします。ポスター、メニュー、展示物など、今までひとりで染めてた世界観を、共有できる仲間がたくさんふえて、みんなで同じ色を塗れるようになりました。もちろん当日オープンまでばった走る人ばった走る人したけど、リハもちゃんとできてちょい押しで、オープンできてよかったかな。


最高にCoolでHotな夜でしたよ三日月

ってなんであたしがいうのかっていうと、これはもう、ひとえに、
集まってくれたARTIST陣が素晴らしかったから。に、つきます。
そのおかげで、ほんとにARTISTICなPARTYNIGHT(Pantie night )になったんだと思う。

リハがはじまって、音が出て、KUMIたちが踊りだしたり、
MAYAが歌いだしたら、あたしはほんとにわくわくしてきて、客のような気分になってしまい、
「あ、このひとがオーガナイザーのMOCAさん乙女座」とか紹介されると、
一瞬?え?とか思うくらいに、この夜はひとり歩きを始めて、あたしは自分がオーガナイズしてること何度も忘れそうになりました。

トラブルでDVDが店に届かなかったり、バーテンのゆうかがインフルエンザになったり、残念なこともあったけど、開き直れる度量ができてきたように思います。DVDはかなりお洒落な映像になるはずで、あのJarbitのCoolなHouseをバックに、人の少ない時間に映像いれたらかなりお洒落だったろうに涙とは思ったけど、でも「なくても楽しめる」ための引き出しはたくさん用意してある、と、信じた。

今回はほんとに最初のJarbit(たっちゃん)のHouseがほんとにCoolで、ほんとに最初の空気をある種の色に染めてくれた。ステファン様もびっくりなお洒落な音だったよ。あたしが上がり矢印上下ました。
ShowcaseのDancerもほんとにGirlsダンサーとしては最高だったし、
あたしはKUMIのCurvyなラインが大好きで彼女のセンスもすきだし、
(前半あたしは自分のマイクをなくして、ずっと探してたけど。ださっかたつむり)
なによりMAYAのライブは最高でした。

あたしは彼女の歌はもちろん彼女の存在そのものがかもし出す空気が好きです。包み込むようなやわらかさがあって、でもしなやかで強い。
↓MAYAちゃん★
Photo_2 Photo_3

今回ある種の絆みたいなモノがMAYAちゃんとの間に生まれた気がします。
「同じ匂いがする」と光栄にもMAYAに言ってもらって(それはまあ別件なんだけどね)
二人で言ってたことは、
「プロデュースするときは、男前になろう。腹くくって。表現するときは、女になろう、めちゃめちゃに」(笑)
意味不明の決心ですが、うちらには通じる呪文のようなものです。ねえMAYAさん?


その後あたしが歌って、踊りちぎって、夜はふけてゆきました。
MAYA×MOCA
「Can't fight the moon light」
Photo_4
アブリルかけてもらい大はしゃぎです。
Photo_6
Photo_5
                               
カウンターの上から呼びたい名がある。「ヘイ。PU-PU-の奴ら」
宣伝したいことがある「この服はAiが作りました!」呼びたい名前はいっぱいあるんだけど、あまりに呼んで、身内のりになって、誰かが疎外感を感じるような空間にはしてはいけないし、、、、

とか考えてたら我がホーム「Always」という名と、「ちほのCDリリース」という二大柱を言い忘れました。げっそり悩むクマのツヨシになった気分です(笑)

あらためてみんなに感謝です。

素敵な衣装をデザイン&製作してくれたデザイナーのAI。
スーパーグラフィックデザイナーみずえ!写真撮ってくれてありがとう。結局は夜空バージョンもなかなかよかったね!
acco、あの赤ずきんちゃんが特大サイズになったんだぜー。見せてやりたかった。
SHOWCASE担当してくれたDJ AKIKOさん、あっこさんとの強い信頼関係があったからハラハラせずに最高のShowcaseができました。

ほんとは超!有名なDJ BASS。耳の肥えたお客さんから何通も「あのBASSさんて、めちゃくちゃ上手いね、何あのひと?」ってメールもらいました。
あのひとは伝説のRAPグループZINGIを立ちあげたメンバーの一人です。http://www.zingi.jp/home/
普段は福生とかでも回してます。正直気軽にお願いできないような大物です。が、友情割引で「ビール1杯で」引き受けてくれました。あ、ちゃんとギャラは払ったよ!ありがとう!BASS!
あとジニアスの幹部がちらほら来てくださってびっくりしました。
総支配人がいらっしゃったときはびっくりして、首にしがみついてしまいました(笑) 

月日ってのはいろんなものを洗い流すのね曇り
Club苦手なのに来てくれた人もありがとう。
あたしのShowcaseで少しでも何か返せたかしらね?(笑)
一般客に見せかけてめちゃめちゃ踊れたら楽しくない?
というコンセプトのもとに乱入してくれたダンサーのARISA、ありがとう!!今日HeyHeyHeyで郷ひろみの後ろで踊ってるから、みんな見てあげて!(ビデオ撮ってたら)

一緒に盛り上げてくれたプープーのみんなありがとう。
K

←たくらむK氏(演出家/作家)
いつもいつも、あたしが何かやると必ず来てくれるひとも、
次の日仕事なのに無理してきてくれたひとも、
「大丈夫かいな?」と心配の親心できてくれた人も、
タイミング合ってきてくれた人も、
いつも友だち誘ってきてくれる人も、
ひとりなのに、きてくれたひとも、
来れないけどってお花とかシャンパンとか贈ってきてくれたひとも、

ひとりひとり、ほんとは順番に名前よびたいくらい感謝しています。

最高の夜をありがとうね三日月

あたしは今からDuwriteMayの新譜の作詞にとりかかります。
新譜が旧譜になるまPhoto_10えにいそげー走る人
Photo_17
 
Photo_12
Photo_9 
Photo_7Photo_11
Photo_13Photo_16
Vfsh0018_5

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »