« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

2007年6月

2007年6月27日 (水)

「THE BEE」を観た日。

役者という職業は、ほんとうに忍耐の必要な仕事だと思います。でも細々とでも表現しつづけることがほんとに大切だなと思う。

テレビや映画に友人や知り合いが出てるのも楽しいものですが、大学時代の芝居バカたちが、ひょこっとのったバスの中吊り広告にクレジットされてたり、昔なら「観る」ことしかできなかった規模の劇場に出演してるのを見ると、感動はひとしおです。
しかし最近そんなことがけっこう多くて、あたしは嬉しい。

この日記は長いです。

昨日はオフでした。

野田MAPの「THE BEE」を観にいきました。
シアタートラムという劇場があたしは大好きです。
そこで野田MAPを観る。
最近技を覚えて、完売のチケットをオークションで、定価で落として、ちほと観にいきました。

つい最近水戸で、後輩が主演した芝居の相方の女優さんが、元宝塚のひとで、あたしが昔お世話になったひとだったという偶然を話しながら劇場に入ると、もぎりの子がひとつ下の後輩で、「えー!!何やってんのー?!」なんて騒いでると、
「麻衣子さんとまともさんも中にいますよ」という。

えーー!!
麻衣子はあたしが唯一才能を認める演出コースの同期で、在学中は仲が悪かった(笑)でも卒業してからは仲良くなった。今は串田さん(串田和美)の演出助手をやって長野にいる。
もうひとりのまともくんは、ほんとに素晴らしい役者で、わたしとちほは在学中ほとんどの公演を彼と出演した。彼も串田さんの舞台に出ていて長野や水戸が多く、もう2年くらい会ってなかった。

あたしの芝居にちほは欠かせず、麻衣子の芝居にまともは欠かせない。
このペアが、野田MAPの「THE BEE」という素晴らしい公演で、打ち合わせもせず同じ日に観にきたという偶然が、うちらの興奮度を高めてしまい、あたしたちは開演まえに振り切れてしまった(笑)あたしとちほも昨日思い立ってチケットを買い、二人は昨日水戸から帰ってきたばかりだという。

しかも「パンドラの鐘」という野田MAPの大作を、あたしはまともと観にいったのだ。
7年前。
公演の稽古中で、午前の稽古が終わってすぐ、午後の座学をさぼって行った。公演後、池袋のカフェでふたりレモネードを飲んだ。
今から思い返せばその公演には我らがAlwaysの栄順さんが出演していたのだから人生はおもしろい。


「THE BEE」は素晴らしい舞台だった。
最近野田MAPの本公演はいまひとつなモノが多いけれど、
こういう番外公演は、ほんとうに素晴らしい。

赤鬼、パンドラ、THE BEE、
野田MAPを観た日、あたしの歴史は動く。
ゆらゆら、ひらひら。
秋山菜津子さんという女優さんを初めてみたが、
生生しく生活感があって、素晴らしかった。
生っぽくて生活感があるということが、舞台でこんなにも強い感覚を見ているひとに与えるのだということを強烈に感じた。
これはある種の発見だった。

わたしも生っぽく生活感のあるタイプの役者(というよりむしろ人間)だが、あたしはそれを隠して、すましてしまい、空回りしてることが多かった。

原作は筒井康隆で、もう30年も前に書かれたものらしい。
昨日来てたらしいがきづかなかった。
ひとつ言えるのは、時代を創るひとは、時代を読むでもなく、
時代に乗るでもなく、多分人間ていうものをどっしりと見据えているんだろう。人間はそう変わらないといういことを感じた。

舞台美術は言うまでもなく本当に素晴らしかった。
基本、紙一枚だけ。小道具は多いが。
それが矢継ぎ早に色んなものに変化していく。
今回珍しく映像も使っていたがそれもものすごく斬新だった。
斬新でシンプル。

みんなにも観にいってほしいがあいにく完売している。
前日に電話すれば当日券買えます。

わたしは妹と、ロンドン公演にも行くつもり。
同じ芝居を最初にロンドンでやったのだ。それが輸入されて、
今の日本バージョンが終わったらロンドンバージョンに切り替わる。ロンドンでじゃないよ!
生生しい女役を今度は野田がやる。
全編英語バージョン。
美術もまったく違うらしい。
ここはお金使っとくとこやなと思っている。


終演後4人でお茶をした。
串田和美監修のもと、来月松本で麻衣子が演出をてがける。
こんなに嬉しいことはない。もちろん、ちほと駆けつけます。
泊り込みで。
わたしのように好きなことばかりかいつまんで蛇行してるタイプと麻衣子は逆で、彼女は自分の作品を生むことをぐっと我慢して、串田さんの助手に徹してきた。もう何年も。
コツコツやってる人の上には大きな花がさくのだなと思って嬉しくなった。

役者をやるという作業は、まわりが思ってるよりずっと地道な作業のくりかえしで、「俺はそんなことない」と思ってても、そういう奴ほどすぐには絶対売れないし、結局は見えない愛情の積み重ね。演じることにたいする飽くなき愛情の積み重ね。

それでも長い道の道すがら、たまに偶然友に会って、元気を貰いあったり、たまに大事な奴にやっと陽が当たって嬉しくなったり、ああ、あいつとまた一緒に演りたいなと思ったり、そうやって登っていく。だからあたしは役者って仕事は、絶対に他人や人間に関心があって愛情がないとできないと思ってる。


舞台も映画も個人主義ではむりだと思う。
完成させることはできても、なにかを生むことはできない。


「THE BEE」は国境を越えて、
言葉をこえて、何かを生み出している、
それは、感動とか、そういう類のものではないけど。

Bee Maiko
Maiko_1

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年6月25日 (月)

映画撮影など

週末の出来事です。

土曜日、「スノブリ」こと
『くもり、のち、スノーブリザード』の撮影が、さっこさん家で行われました。

眠い目をこすりこすりあざみ野まで行きました。そしてバスに乗りました。
それはとても晴れた日で、雲ひとつなく、Coccoの歌を思い出しながら、迎えがくるまで、バス停で、空を見ながら、空にわたしの映画を映してた。

何かがおきそうなそんな朝だと思った。

「スノブリ」は西山咲子演じるメグと、めんちゃんこと石川伸一郎演じるタケの、十八番的作品で、
もちろんのことこの役をできる女はさっこ以外にいないし、
芝居達者な一平も、めんちゃんを越えるタケはできない。
同時にこれは作家久米の「暖かくButぶっ飛んでる系ヒューマン」な作風と、さっこの笑いを誘う表情や動きがうまく融合されて、サブタイトルの「メグは躁鬱病」を、重くも軽くも取り扱いすぎず、ありのままにテーマを打ち出している、等身大の作品であたしは好きだ。

もともとは舞台の脚本だった。

今回またそのメンバーが揃ったことであたしはかなりわくわくした。あたしはキャメラマンをやらせていただいて、好きにアングルなど決めさせてもらって、けっこうあたしの好きに撮った。映像をやりたいのだが機会に恵まれなかったあたしには、
かなりいい経験だった。

芝居も凝縮されて、久米も気合いが入ってたし、細かい小道具や照明のぜラに関するディレクションとか自由にいれさせてもらって、モノ作りをしてる気がした。


やっぱりこいつらいいなと純粋に思った。

NANAの大谷監督にとってもらったやっつけ仕事の映画にクレジットされてることより、
この作品に、スタッフでも関われたことの方が誇りがもてると思った。申し訳ないけど。
愛がある。ここには。

DAYの撮影だけで抜けなくてはいけず残念だった。


その日に7月にお手伝いするめんちゃん作品の脚本も読ませてもらった。おもしろかった。
かなり焦げた内容で、いい。
ツタヤでko-seiの出てる映画を借りようとしたらなかったので、めんちゃんの出てる「OUT」を借りた。
このドラマ、ほんとにおもしろい!!!

ちほちゃんSongの作詞には追われています。
限られた音のなかに、言葉を籠めていくという作業はほんとに体力使います。
けっこういい歌詞はつくれてきてるんだけどね、
「けっこういい」とかそういうんじゃだめなんだよきっと。
うん。難しい。
070618_1927_1              070618_1930 写真はオークションで買った靴。
37800えんのが7500えんで買えたの。
めちゃめちゃ可愛いんだけど、右足だけが微妙に無理久利じゃないと入りません(泣)
こんなに可愛いのに。

ちょびっとだけ長すぎる右足の中指と薬指に同情を!
生まつきです。

パイレーツを見てからまたちょっとだけメソッドを肯定しはじめた。パイレーツのイメージで、全身がドロドロの、デイビットジョーンズ的なめくじ姫のイメージでマクベス夫人をやってみた。
けっこう楽しい。
新境地が開発できそうです。
かなりなめくじです(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月13日 (水)

作詞するんですが…

Duwrite Mayのギタリスト信太郎くんの作曲した曲が、
ギターインストメンタルで贈られてきましたけど、

素晴らしすぎて、逆に混乱してます。

イメージがすごく膨らむ反面、あたしの書いた歌詞が曲を台無しにしてしまわないかという不安もあります。

都会の夏の夜の窓際と、サーフと、スイカ&蚊取り線香のような、相反するものがたくさん出てきました。


聴きこんで、いい歌詞&ちほに似合う歌に仕上げたいと思います。


みなさまお楽しみに手(パー)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月 2日 (土)

『藤原紀香のワンボトル』

って番組しってる??

これはもともと大阪だけでやってた番組で、
ゲストが持ってきた赤ワインワンボトルバーを飲みきるまで番組は終わらないという企画で、
一回に二本収録するので、だいたい2人目のゲストが来る頃には紀香さんはかなり酔っ払いさん目がハートで、関西弁爆発で、かなりおもしろいです。

あたしは昔から食いしん坊なんで、料理番組は艶がなくて嫌いなんだけど、深夜にやってた「たかじんのBar」とか、
昔、岩城滉一が女性ゲスト相手に料理をつくってた
「デザートはあなた」とか好きで、 好んで見てたんだけど、
この「藤原紀香のワンボトル」もかなりおもしろいです。

わたしはこれで彼女のファンになりました。
昔は叶姉妹とたいして変わらないと思ってました。
正直いうとお高くとまっるようにみえて嫌いでしたの。

わたしは弱いくせにお酒が好きで、とくに赤ワインが好きで、
赤ワイン用のでかいグラスがたまんなくすきなんです。

まずそれにお酒が注がれてゆくさまが「目がハート

あとはゲストによります。
年始にやった、わっキーが来たやつはけっこうつまんなかった。

実は今日二日酔いで朝早く目がさめてしまって、
水を飲みながら、You Tubeで、大黒真季がゲストで来てる初回のを見てました。

自分は今は酒のみたくないのに、
二人が飲んでるワインと焼肉は
「おいしそー」と思ってしまった。
食いしん坊Girlです、俺冷や汗

六月になり、また妹と2人暮らしに戻ります。
自分の部屋をお洒落ではなく、文学者風に、ごちゃごちゃと物を出し広げたい。


あたしはあんまり「仕舞ってあること」に美味を感じません。

なので東京soraの板谷さんのお部屋本とか好きでした。

瓶のお酒が何気なく置いてあるのも好きです。


本棚が好きです。

雑多なコーヒーカップが好きですコーヒー

気がつくと買い足してしまう(笑)

同居するひとには迷惑かけっぱなしですが。


最近髪を巻くことに凝り始めました。
そしてシャドウをきれいにがつっと入れることにも凝っています。

なのでけっこう小奇麗にしています、わたし。

Inner Beautyが一番大事ですけど、それを外に反映させることも大切よね。

六月は自分磨きぴかぴか(新しい)と執筆えんぴつの月にしますわ。


暇な人は「ワンボトル」みてみて。
紀香さんもかなりInner beautyが素晴らしいです。
香港にいる友人のみちこを思い出しました。
性格が似てた。

今は連絡がつかない。
元気にしてるのかな。
わたしやちほがちびちびとARtし続けてること、
知ってるのかしら。

会いたいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »