« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

2007年5月

2007年5月19日 (土)

れきしがうごいた日

おおげさなタイトルなんだけどさ。
あたしには歴史が動いたのよ。

芝居の話だから嫌いな人はスルーで。


今日稽古でニーナをやりました。
自分でもびっくりするような芝居ができました。
いやあれは演技っていうかんじでもない。
その後二時間、放心しました。

たとえば神様に
「このことを続けてっていいんだ」
と思わせてもらえる瞬間て、ごく稀にあるよね。

バスケをやってて、中学時代はずっとベンチで、
高校になって、引退試合のハーフタイム直前に、スリーポイントを決めて同点になって、さらにそれがカウントのファールでフリースローになってそれを決めて逆転したとき。

ジニアスで勤めて3年目のバースデーで、車に乗り切らないくらいのプレゼントをお客さんに貰って、さらに店をあげて、丸々三日間もお祝いしてもらったとき。潰れたくってもみんなが笑顔でいてくれて、背丈ほどもある花をもらって
「チーフは男前でカッコいい」と憧れてくれた新人もいた。
ほんとはトイレでいっつも泣いてたのに(笑)


そんな心境でした。


最近のわたしはどんな台詞をいってもしらじらしくて、
演じてても窮屈で、
こんなはずないのにっていうジレンマと、
実はあたしの才能なんてこんなちっぽけなものだったのかもという恐怖の間にいて、
でもそれならそれも受け止めなくちゃっていう腹据えもあって。

だから今日ニーナを演るということはまさに背水の陣だった。

あたしを見下してるやつにも、
きっとできるのにともどかしく思ってくれてる仲間にも、
なぜかあたしをいい役者だと思ってくれてる人にも、
共通して感じれるくらい、圧倒的な何かを与えたかった。
断じて圧倒的な何か。赤は赤であって青でないくらいの何か。

だから咲子やめんたろうがいないのは少し淋しかった。自己顕示じゃないんだよ。過程を応援してくれてる人に、過程じゃなくて結果で返したいと思ってた。たとえ転んでも。

久米とこうきさんが「いうことない」
と言って、あたしはこうきさんに、認めてもらえないから反発してたのかなという反省も頭のすみっこでしました。
「すばらしかった」
と言ってくれた一平にも、負けず嫌いかもしれないけど、彼が差し伸べてくれた手(題材)ではなく、自分の選んだもので、自分の力でこれを乗り越えたかった。
だからイトバンのサリーじゃなくて「かもめ」を選らんだんです。


わざわざ「よかった」とか「うまい」とか言ってくれたひとにも。トレープレフをやってくれた彼がわたしを絶賛してくれたのですが、

あたしは本当は、なりきる以外に力をもたない非力な役者です。しかもなかなかチャンネルをあわせられないアベレージの低い役者です。そして芝居以外に何もないわたしから芝居がなくなるのを死と同じくらい恐れてる、あきらめの悪い、ちいさな女です。

感情表現をコンスタントにできないのはプロじゃないと、メンタロウが言ってたね。
それでもあなたを素晴らしい役者だとあたしは思うけど。

ただ今日は、出そうと思えば感情をここまで出せるんだということを思い出せてよかったです。

「思い出す」

という言葉がぴったりなほど
長い間、こんな感覚を忘れていました。


そしてはっきりと、
演技というものを「技術」としてコントロールできる、一平とかともさんとは、あたしは違うタイプの役者なんだということも確認できた。

そういう意味でも歴史が動いたと思う。
自分がどういうタイプの役者かわかったのだから。


私は私生活がひどく芝居にひびくタイプです。
芝居しかないのに、恋愛に溺れて、びくびくして
「こせついた、つまらない女になってしまって、でたらめな芝居をしていた」
ときもありました。確かに自分がひどい芝居をしていると自分で感じるときの気持ちは壮絶なものです。
イクイノのとき、実は死にたかった。作品が素晴らしいだけ、余計にね。

アントン・チェーフォフは、女をうまく描いた劇作家だと思う。
「今となっては舞台に立つことも、物を書くのも同じこと。
 わたしたちの仕事に一番大切なことは、名声とか栄光とか、昔あたしが空想していたものではなくって、実は忍耐力だっていうことがわたしにはわかったの」

このニーナの台詞は、実は18のときにはわからなかった。
きっと空想してたからだと思う。

今はよくわかる。

昨日あたしはみんなの前で、ニーナと同じように雨に打たれて、がたがた震えて、絶望しながら、それでも芝居を手放せないでいた。

退屈まぎれに打ち落とされた「かもめ」が自分のように思えて、でも「そうじゃない」といいきかせる。
恋に破れて、精魂尽き果てて、自分をなんてつまらない女だと思いながら、中身のこもらない台詞を、空を切るように言う。
そしてますます空虚などこかにそれは吸い込まれて。

そしてちっぽけで自信のない、かもめの屍のようなあたしが残る。


今のあたしは、幸せだけどね。


こういう芋づる的感覚は女優特有のものだと思う。
男の俳優にはない感覚だと思う。

だからこそやりとげたい。
女に生まれたからには、男にできない芝居をしてやりたい。

来週ももういちどニーナをやる。

錆びてしまうのが、今から怖いけど、
「まぐれ」を「実力」と呼ばせるために、もういちどやる。
きついけどね。あたしみたいなブレのある役者には。

おおげざでひどく滑稽な日記だけど、
あたしを見捨てず、18年間連れ添ってくれているのは、
男ではなく、

演じることとともに生きるこの気持ち。

だれかにとってのピアノのように。
誰かにとっての歌のように。
誰かにとっての…。

誰にとってもそういうものはある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月17日 (木)

映画日記

GWは水曜から日曜までの四日間で映画をかなり観ました。

花とアリス
リリイシュシュ
プラダを着た悪魔
クリムト
カポーティ
そして一粒のひかり
プルートで朝食を
BABEL
揺れる

しかも毎日それなりに用事もしつつ。

カポーティあたりからはうちの妹のアメリーコマ子さんも加わって楽しく見ました。

花とアリス/リリイシュシュ
色が美しい。そして暗い。そして岩井さんの作品にでてる俳優はみんなほんとに素晴らしい。リリイに出演してた友達のかずさがとてもきゃわいくて、しかもクレジットが女子では3ばんめにきてて、芝居もすてきで、なんか誇らしかった。
「ほらね!」とまたソファーに寝転んで、ひとりでひとり自慢げ。DVD鑑賞中のただの女は忙しい(笑)
誰にほらねなのかわからん。

プラダを着た悪魔
わたしはこれが大好きなんです。買ってしまった。
メリルが素晴らしいし、元気がでる。エミリー役のひとの芝居が深く(コミカルなんだけど)何度もみるとそのたび発見がある。アンドレアの彼氏がとてもすてき。

カポーティ
これはフィリップ シーモア ホフマンの怪演をみるだけで価値のあるものです。シャインのときもそうだけど、カメレオンのように、完全にあるキャラクターを構成し、遂行できる役者が世界にはいるものです。すごい。

クリムト
超駄作。全編×2-8の倍速でみてしまった。
わたしはクリムトのファンで部屋にポスターもあるのに、
この映画はそれを汚したかんじ。

後半戦レビュー。

○BABEL
素晴らしかった。そして劇的に重い。
わたしは「21g」も好きだったけど、彼らしい独特の手法で描いている。すごく複雑で込み入った感覚をここまで描ききれる作品をみると、台詞で趣旨を伝えるってことがどれだけつまらないことか身を持って知らされる。プラカード掲げるより。えらそうにくっちゃべるより、なにより鮮烈な訴え方。
菊池凛子が素晴らしいが、このもてはやし方がthat's JAPANESE マスコミニュケーションって感じで気にいらない。
彼女の体当たりはすばらしい。無心さが伺えて驚愕した。
あたしは邪念の多い役者だなと思った。

ちょっとバタフライエフェクトっぽい。言いたいことは違うけど起きてることはそうだよね。

わたしの好きなケイト・ブランシェットが出てた。
彼女の作品では『ヴェロニカ・ゲリン』がお薦めです。
ブラッドピットが、一瞬「裕福なアメリカ人がこういうときに実際はする顔」っていうのをしたその瞬間がすごく劇的でした。
その瞬間彼はほんとに計算でなく感覚で演技をしてる、、から、これは演技じゃないんだろうな、と思った。

○揺れる
BABELを見終わって、世界のことを考えるにはあたしたちはちっぽけすぎるので、ゆるい邦画を、と見たのだが、これまた濃かった。でもとてもいい映画。
邦画が好きなひとには是非見てほしい。
女性監督独特の繊細さが日本映画感を強めています。
オダギリジョーと香川照之さんの二人の組み合わせが生む独特の間がすばらしかった。
個人的には、バスが去っても居てくれと願った。
そこで終わらせてほしかった。
実際はどうだったのかわからない。


○そして一粒のひかり
無名のコロンビア女優が初主演作にしてオスカーにノミネートされたことで注目された作品。

BABELでもメキシコとかでてきて、これもコロンビアでスペイン語の作品。
これも考えさせられる作品。
女優陣がみんなすばらしかった。
こういうことがふつうにありそうなリアル感を感じた。


コロンビアって国はほんとに貧しいんだろうと思う。



○プルートで朝食を
これはほんとにお薦め!!!!
みんな観て下さい!
映画はけっこうマニアなつもりのあたしが存在をしらず、ジャケ借りした映画です。

めちゃめちゃおもしろかった。
秀逸です。

喜怒哀楽の織り交ぜ方がかなり素晴らしい。
あと笑いのセンスが絶妙で、あたしと妹は始終、ぷっ。
と笑ってしまった。多分この笑いのかんじ、メンタロウさん、好きよ。

あたし、これはかなり好きです。
みんなにすすめたい。

主人公の着てる服がかなりかわいいです。
予告編はすごく社会的で暗い映画みたいになってるけどね。
あれPRの方向性ミスってるね。だからヒットしなかったのよ。あんなにいい映画なのに。

大満足。


みんなもこれは!ってのあったら教えてね。
明日鈴木清順作品を見ます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月 5日 (土)

SHOW「QUEEN'S DOLL」

無事終了!!
きてくれたみんなほんとにありがとう。

とても楽しかったです。

お客様のノリに乗っからせてもらった。
満員御礼大盛況でしたね。

APのブースも京都からおくれれてきたaccoの絵や、
RAGSEAの花などで、かなりすてきになったよ。


今回一緒にSHOWをやったみんな、ありがとう。

デザイナー、ダンサー、カメラ&ヘアメイクなどそれぞれの部門の集結といったかんじでしたね☆
みんな徹夜続きのなか よく覚えたわ振り付け。
ワンちゃん苦手のもかは あんまりそっちのお手伝いできなくてごめんなさいσ(*′з`)

フォトアップします!

Artistic Pantie ブースImg_5636Img_5681                                     Img_5633_3

Img_5639_1 Img_5634_1

【 SHOW 】Img_0024_1

Img_0020

Img_9991

Photo_1Img_0029_1

【 SHOW MEMBER 】                                              

Img_9833_mg_9820_mg_9785

Photo_2

  Img_9918                                                                                                          

  Mocatina_2Img_9900Img_9819

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月 1日 (火)

I'm alone at my sweet home

妹も実家に帰って、尚美もいない。

.

無駄にちらかして、ソファに寝転ぶ。
このうちは、今あたしが支配している。
誰にも叱られない。
ジャケットを脱ぎ散らかしても。
食べたものをごちゃごちゃのまま寝ても。

がらんとした部屋は少し淋しいなと思いながらも
ひとりの時間がとても楽しくて。
凹んでいる時間すら、浸れて楽しい。

このあいだお店でJUDY AND MARYの「アネモネ」をリクエストされたけど歌わなかった。何年も歌ってなかったから。
でも アネモネはあたしが当時一番好きだった曲で、
家に帰ってお風呂で口ずさんでみたら、歌詞も空で歌えた。
なんだ 歌えばよかったのに。
あんなマイナーなナンバーをリクエストされることはきっと今後ないんだろうな。そうおもうとすこし淋しくて、
家でジュディアンドマリーのカセットをかけてアネモネを聞いた。
”いつもよりも晴れた空を眺めてたら、少しだけ悲しくて少しだけ泣いてみて”
久しぶりに聴くYUKIちゃんの声はわたしを17歳の少女に引き戻す。

YUKIちゃんの声にはカリスマ性がある。
カリスマ性とか魅力ってなんだろうと、こんど28の私が自分に問いかける。

初めてちゃんとした映画を撮った、映画の中のわたしは、とても冴えなくて芝居もひどかった。
ちゃんとやったつもりだったのに。

そして大谷監督に
「いい女なんじゃない。女優さえやんなければ」
と言わせてしまった。

大谷監督のやるせなさはどこにむかうのか、
あたしたちの言い分はどこに向ければいいのか、
いやな感触の残る夜で、とにかくわたしたちが、お互い いい科学反応で作品をつくることができなかったことだけは確かなようだった。

文句のいいようはあるし、ただただ落ち込むこともできるけど
そうではない気がした。
「俺はあの人とはなにかをやりとげた同志って感覚があるからさ」という言葉を昨日 大谷監督と仕事したことあるめんちゃんに言われて、
そういう空間を持てなかったことは残念だなと思った。

またいつかどこかで一緒に作品をつくり、化学反応をおこすまで監督の中のあたしの評価は それだ。

女優さえやらなければいい女。

って。。。。。


あの台詞でまたあたしの中の何かが動いた。
ごとん。

それは決して感情的な感触ではなく。

誰かを敬いすぎたり、蔑みすぎたりするかんじとも違う。


ただ あたしが何か大きく変わらない限り、あたしはこうして
部屋を暗くして、毛布にくるまりながらDVDを鑑賞する、
ただの女のままだ。

六本木から傘をさして帰ってきた。DVDを山ほど借りて。
プラダを着た悪魔。ツゴイネルワイゼン。陽炎座。カポーティ。プルートで朝食を。花とアリス。リリイシュシュのすべて。クリムト。

どっぷり独りに浸るため映像の綺麗な岩井作品を、「リリイシュシュ」は落ちると聞いてたので「花とアリス」を見た。
映像がとても美しくて、窓の外で空が白み始めると、一層美しかった。

友達が二人出ていた。
そういう映画を観るのはあたしは大好きなのに、
今日はすこしむなしかった。
画面の奥とジャージで毛布にくるまっているあたし。

それは近そうで、とても距離のあるもののように思えた。
でも落ち込むというよりは、身の丈が知れたような感じで、
希望を含んだ凹みだった気がする。

知り合いのおすし屋さんが、実力ってのは不思議なもんで、
自分が「そこそこ」と思う奴はじぶんよりちょい上で、「下手だな」と思う奴と自分のレベルってのは同じくらいなんだよ。

という話を前にしてくれて、おもしろいなと思った。
そうやって見ると蒼井 優ちゃんは 神の域だ。

そしてあたしは凡人だ。
それでもあたしは空向きに歩く。つもりだから 
今後の対策を考える。

昨日2回泣いた。
一度目はめんちゃんの書いた詩があまりに素敵で。
多分生理前で感傷的になってたんやとは思うけど。
彼には色んな意味で才能があると思う。


昨日は久々のオフで、新宿3丁目で日本酒をけっこう飲んだ。
イトキンラーメンの隣の隣で。イトキンの芝居は好きだ。
こういう場所でバイトしてるのも「売れる前の役者」っぽくていい。そしてオフの日の日本酒は美味しい。
色んな話をひさしぶりにゆっくりできて楽しかった。
彼とわたしはまるでモノの見方が違うのでコメントにいつも驚く。へー。と思う。


終電解散してタクシーで帰ってたら、
ひさしぶりにだいちゃんから召集がかかったので、気分がよかったあたしは錦糸町まで行ってあげた。
そういう日にかぎってカズとか、会いたかったひとたちがやたら連絡をくれてて、あたしが感動したフレーズを借りるなら、昨日あたしのまわりは電波がすりぬけまくっていた。

いつも行ってたお店でスティービーをかけて誕生日をしてもらった。(ひきずりすぎやけどね 誕生日)
さんざん別な意味で泣かされたけど、
だいちゃんだけは毎年あたしの誕生日を必ずお祝いしてくれるなあ、そして3回目だなあ、と思ったら昨日ばかしはちょっとうれし泣きした。

時ってのは偉大だけど、多分寛大なのはあたしだな(笑)
うれし泣きしたりしていい奴、あたし。
だいちゃんとは別れてよかったと思う。そのほうが楽しい。

うちらの会合は常に唐突で約束がない。
この唐突な集合のせいで、(おごってもらったので)

来来週に予定されていた、
うちらの初の畏まって御寿司はなくなった。
けっこう楽しみにしてたのに。

なんなら寿司くわしてもらえばよかったと、朝方ねむりにつきながら思った。
今日はそのまま夕方まで寝た。あんなに飲んだのに二日酔いしなかった。美味しい酒だったからと思うことにした。

だいちゃんは相変わらず芝居の話だけは聞いてくれない。
そして海にもつれてってくれない。

きっとだいちゃんの目に見えてるあたしは毛布にくるまってDVDを見る女なんだろう。

そしてそうあって欲しいんだろう。

しかしあたしはそこから脱出する。

| | コメント (15) | トラックバック (0)

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »