Top&News!! <2018 August>

中島桃果子は、芝居をこよなく愛する日本の小説家です。
現在、神楽坂のタウン誌「かぐらむら」に、長谷川時雨さんの評伝を連載中。

pen時雨美人by かぐらむら 第5回(99号)配布開始されました!
*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・*

Img_5784_10
Img_5791_3

 
#時雨美人伝 第5回は「林芙美子」にスポットを当てています。

 タイトルは、林芙美子と長谷川時雨ー「ルンペンの日記(市ヶ谷左内町/放浪記)」

Img_5785

神楽坂のいろんなお店で手に入りますので、ぜひ手にとってみてくださいませ( ´ ▽ ` )ノ

【かぐらむら】
■冊子で読みたい→http://kaguramura.jp/store
■WEBで読みたい→http://kaguramura.jp/symphony(まだ反映されてませんsweat01

■「かぐらむら」バックナンバー
【第1回】「時代の”今”を見つめて”誰か”のために筆をとり続けた人」
【第2回】「太陽と太陽の結婚」(前編)

【第3回】ふたりを繋ぎ留めるもの(「太陽と太陽の結婚」後編

【第4回】時代の森羅万象を映し続けた鏡(長谷川時雨と”女人藝術”)

virgoタイトルをクリック!

fullmoon店舗一覧はこちら

fullmoon「かぐらむら」HPはこちら! 
遠方、地方の方は、ArtisticPantieのSTORE から、
「かぐらむら」のバックナンバーを購入していただけます!
※「今すぐ購入する」ボタンをクリックするとショートカットで購入ページに飛びます。ボタンを押しても購入は直ちに完了しませんのでご安心を!


fujiKUMAMOKU Project  by Aritsitc Pantiefuji

去年から始めたKUMAMOKUプロジェクトshineshineですが
HPができました!!!
happy02 happy02 happy02

🌳


20180803_200132

ブログも新しくなっています、ぜひご覧くださいませ!

* * * * *


penお仕事の依頼についてpen
現在書き上がっていない長編が3つあるので書き下ろしのお仕事は受けられないのですが、読み切り短編、連載、エッセイであればお受けできます。
また、ラジオ、テレビ、呼ばれればどこへでもでます。
(こんなわたしに出来ることがあるのなら)
よろしくどうぞ。

連絡先📩 moccatina@gmail.com


* * * * *

 

book中島桃果子のこれまでの著作などbook

《小説/単行本》
「蝶番」(新潮社 2009年)
「魔女と金魚」(幻冬舎 2010年)
「夕日に帆をあげて、笑うは懐かしいあなた」(朝日新聞出版 2010年)
「誰かJuneを知らないか」(祥伝社 2012年)

《短篇または文庫本》
多作家短編集「スタートライン 始まりをめぐる19の物語」(幻冬舎 2010年)
「Feel Love Vol.13 2011.3.11」(多作家短編 祥伝社ムック)
多作家短編集「眠らないため息」(幻冬舎 2011年)
多作家短篇集「密やかな口づけ」(幻冬舎 2014年)
文庫版「魔女と金魚」(幻冬舎2014年)

《エッセイ》
「はざまの散歩」(ジェイノベル2009年7月号)
「life has a funny,funny way of healping you out」(ポンツーン2011年7月号/忘れられないメロディ)
「世界がひっくりかえった日」(feel love vo.13/2011.3.11 そして今わたしが思うこと)

《官能ライトノベル》
「艶蜜花サーカス〜フィリア・ドゥ・フェティソ〜」(KADOKAWA / フルール文庫 2013年)
「甘滴恋情事(あまだれこいじょうじ)」(KADOKAWA/フルール文庫 2014年)

その他、これまでの中島桃果子の歩みはwikipediaを参照くださいませ★
(加筆も歓迎です!)

**  ***    **

confident2015年1月中旬〜ひと月ほど、幻冬舎とJACFのお仕事でUAEに行って参りました。そのレポなどはこちらから☆
http://mocatina.cocolog-nifty.com/blog/2015/01/post-d20e.html


**  ***    **

 fullmoon日々のこと

月モカこと「月曜モカ子の私的モチーフ」は、
毎週月曜日更新です☆


絵・Miho Kingo

| | コメント (0)

2018年8月 4日 (土)

食べ物の写真で振り返る7月

ココログね、写真をたくさん載せたいとき、
とても大変で、ものすごく時間がかかるので、
ついつい後回しにしてしまい更新が滞ります。
・・・というわけで、写真をたくさん載せたいときはnoteに投稿してここでシェアすることにしました! まずは、食べものの写真で振り返る7月。


| | コメント (0)

2018年8月 3日 (金)

わたしはどんな7月を送っていたか。

わたしはどんな7月を送っていたか。

20180702_180705_0029
(2018.7.2 羽黒山)

本当にいつもこのブログに手が回らず見てくださっている方に申し訳ないのだけれど、
とにかくダイジェスト的には起きたことをここには記して行こうと思うので、
みなさまお付き合いください。
現在、予想もしない角度から入院中である。
先週金曜日に入院したからまる1週間ほど経ってようやく検査も全部終わった。
検査のある日はハードだけれど、それ以外の日は、
体調が回復してきたこともあり、まる1週間の絶飲食のつらさ以外は、
そこまで辛いこともないのでこうやってブログを書いたりできて、
そのことに胸のすく思い。
やりたいと思っていることが日々に押し流されてできないのがわたしには一番のストレスなのだとよくわかった。今は入院していて金銭面などではさしせまっているけれど、
メンタルの解放がある。本を読んだり、ブログを書いたり、パソコンを整理したり、
ゆっくり日記をつけたり、つまりは「家賃を稼ぐための労働の日々で奪われていること」を忌憚なく行えており、これはとにかくメンタルには何よりの薬。
明日からようやく回復食が始まる。楽しみだな。
しかし点滴とは素晴らしくて、このおかげで餓死しそうな「飢え」には陥らなかった。
ちゃんとバランスよく栄養をとっていれば、お腹いっぱい食べなくとも「食べたい」「食べたい」とならないのだろうなあということを学ぶ。退院後の食生活に生かして行こう。
でも「けっこう栄養価高いタイプの点滴になっているから、体重もあまり減らないかもね」
そうなんです。こんなに食べていない割にはね。
で。7月なのですが、その前に6月のことも語ろう。

<6月のこと>
Img_4234
Img_4324
甥っ子が生まれたことによりベスフレが姉になった。
あまり長い時間帰れなかったが、祖母宅に止まっておばあちゃんとパチリ。

そして東京に戻ってきてからは、
写真はないのですが、ホットヨガに通いまくって体づくりをしていたのでありんす。
ちょうどこの頃、紫陽花が綺麗でした。
Img_4337
また、個人的に5月末から新しいことを、しくしくと始めて(あ、もちろん書くことに関することです)それが習慣になるまでとにかくやり続けた6月だったのですが、それに関してはまたもう少し形になってからみなさまにお知らせしたいと思う。
<7月>
7月はひょんなことから急に、本当に急に思い立って山形の出羽三山というところへ行ってきた。
20180702_180705_0047
Img_4835
201873_180705_0064
Img_4832
いい写真がたくさんあるので、近々写真をたくさんあげてこちらで閲覧できるようにしようと思いますconfident この旅に関してはエッセイ書きました。By 月モカ

なぜ思い立って出羽三山に行ったのか↓

泊まった北月山荘のことなど↓

7月はかなり怒涛のひと月で、

まず「出羽三山」→スペインから友人来る→それとほぼ並行して、時雨美人伝の締め切り By かぐらむら→ワールドカップ始まる→それとほぼ並行して働いているお店の周年始まる→毎年行っている知り合いの能楽師の方の能の観劇・・・・

ここいらで前半が終わり、ほとんど手付かずになってしまった家のことなんかをやりつつ、気づけば凄まじい酷暑に日本列島が覆われており、
毎年の屋外の市民プールに通い始めたら、7月ももう終わりの方、
西日本豪雨で大変だった広島の利恵さんに「お手伝い行きますよ」
なんて思っているうちに、お手伝いどころか自分が緊急入院してしまったのである。
Img_5004
Img_4984
ジョゼと行った、魚定食屋さん。つぬけ。

| | コメント (0)

2018年8月 2日 (木)

”かぐらむら” 99号の配布開始!

<”かぐらむら”99号の配布始まりました!!*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・*> 時雨美人伝

Img_5784_12

Img_5783_3

最終回を次回に控えた第五回のテーマは「林芙美子と長谷川時雨」です。
林芙美子を先に持ってきたのには理由があって、その時代を平等に描くため、
また長谷川時雨という人を多角的にみなさまにお伝えするため、

今回は林芙美子の視点から見た長谷川時雨を描いています。
 
タイトルは「ルンペンの日記」

いつもはこの投稿にはじぶんを載せませんが、みなさまご心配もおかけしていると思いましたので、元気な姿を投稿します。納品されたばかりの「かぐらむら」とともに。笑

Img_5801
(絶食で少しほっそりしてきたかな?笑)


毎回お手元に届くように契約されている読者の方のところには、いつも通りお届けします!(もう発送準備は病院にてすませました)

明日が結構ハードな検査のため、発送は土曜になるかと思います。なのでお手元には月曜以降に届くと思います!
なお、これまでの「時雨美人伝」振り返りたい方はブログのTOPにリンク貼ってあります!

時雨美人伝もあと一回。
「かぐらむら」もあと一回。100号ってすごいな。
ひと歴史です。なんだか寂しいような気も。
                           
「かぐらむら」は街のあちこちで手に入ります。詳しくはまた近々、地図を載せますね!
http://kaguramura.jp/store
(このリンクは協賛店=置いてある店舗の一覧です)
よろしくどうぞ!!

| | コメント (0)

2018年8月 1日 (水)

目下入院中・・・

みなさま、大変心配おかけしています。
検査結果でるまで何とも言えぬのですが、
回復しつつある気配お伝えします!この気配なら検査大丈夫設定でいます。
Img_5762
photo by ボス😎🇮🇹
給料届けにきてくれた。
(どんなバイトやねん!笑)
#元気な姿?笑  #新手のプロフ写真 ?
#目下点滴がお友だち
#お腹すいた 😭 #順調に回復中
#ただすべては検査終わってから
#報告します

そんなわけで今週の月モカはvol175「断食」 coldsweats01

| | コメント (0)

2018年7月31日 (火)

7月の”月モカ”

実はサッカー好き。笑。

Age is just a number・・・これもサッカーのこと書いてるな。笑。


知り合いの能楽師さんの能を見に行った日のこと。

| | コメント (0)

2018年6月23日 (土)

ベスフレ姉になる

大変すみません。
私事ですが、6月が始まったばかりの頃、我がベスフレに弟が誕生しまして、
実家に帰省しておりました。
その帰省前日に「かぐらむら」が納品されましたので、
一気にSNSなのでupして、当然ブログのTOPも更新したつもりでしたが、
大変うっかりしていました!

アーカイヴとしても必ず月に一度は更新するはずのブログ、すみませんsweat01

というわけで・・・

Img_4276
無事に甥っ子が誕生fujishine

Img_4320
ベスフレ、姉になる。笑。
Img_4263
なぜか甥っ子誕生の直前にベスフレ転びまして、脱臼。
別の病院に救急搬送されまして、甥っ子の出産には立ち会えませんでしたが、
このエピソードやギブス姿のベスフレの姿は、語り継がれる思い出となるでしょう。
初めまして、プリンス!
おめでとう、ベスフレ!
おつかれさま、妹!

この模様は月モカ167回、ベスフレ姉になる、に書きました。
タイトルをクリックして、どうぞ。

| | コメント (0)

Top&News!! <2018 June & July>

中島桃果子は、芝居をこよなく愛する日本の小説家です。
現在、神楽坂のタウン誌「かぐらむら」に、長谷川時雨さんの評伝を連載中。

pen桃果子時雨美人by かぐらむら 第4回(98号)配布開始されました!
*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・*

Img_4138

#時雨美人伝 第4回は「女人芸術」にスポットを当てています。
 タイトルは、長谷川時雨と女人芸術ー
「時代の森羅万象を映し続けた鏡」

神楽坂のいろんなお店で手に入りますので、ぜひ手にとってみてくださいませ( ´ ▽ ` )ノ

【かぐらむら】
■冊子で読みたい→http://kaguramura.jp/store
■WEBで読みたい→http://kaguramura.jp/symphony(【第4回】のみ)
■「かぐらむら」バックナンバー
【第1回】「時代の”今”を見つめて”誰か”のために筆をとり続けた人」
【第2回】「太陽と太陽の結婚」(前編)

【第3回】ふたりを繋ぎ留めるもの(「太陽と太陽の結婚」後編

virgoタイトルをクリック!

fullmoon店舗一覧はこちら

fullmoon「かぐらむら」HPはこちら! 
遠方、地方の方は、ArtisticPantieのSTORE から、
「かぐらむら」のバックナンバーを購入していただけます!
※「今すぐ購入する」ボタンをクリックするとショートカットで購入ページに飛びます。ボタンを押しても購入は直ちに完了しませんのでご安心を!


fujiKUMAMOKU Project  by Aritsitc Pantiefuji

去年から始めたKUMAMOKUプロジェクトshineshineですが、

実はカタログを作りました☺️
カタログ内の文章は中島桃果子としてわたしが担当しております。
写真はMihoKingo、おなじみのクルーです。

なかなかステキなカタログになりました、また追ってお知らせしますshine

🌳


Img_3521
[写真をクリックするとオンラインで閲覧できますshinevirgoshineカタログの購入も可能ですshine]

* * * * *

penお仕事の依頼についてpen
現在書き上がっていない長編が3つあるので書き下ろしのお仕事は受けられないのですが、読み切り短編、連載、エッセイであればお受けできます。
また、ラジオ、テレビ、呼ばれればどこへでもでます。
(こんなわたしに出来ることがあるのなら)
よろしくどうぞ。

連絡先📩 moccatina@gmail.com


* * * * *

 

book中島桃果子のこれまでの著作などbook

《小説/単行本》
「蝶番」(新潮社 2009年)
「魔女と金魚」(幻冬舎 2010年)
「夕日に帆をあげて、笑うは懐かしいあなた」(朝日新聞出版 2010年)
「誰かJuneを知らないか」(祥伝社 2012年)

《短篇または文庫本》
多作家短編集「スタートライン 始まりをめぐる19の物語」(幻冬舎 2010年)
「Feel Love Vol.13 2011.3.11」(多作家短編 祥伝社ムック)
多作家短編集「眠らないため息」(幻冬舎 2011年)
多作家短篇集「密やかな口づけ」(幻冬舎 2014年)
文庫版「魔女と金魚」(幻冬舎2014年)

《エッセイ》
「はざまの散歩」(ジェイノベル2009年7月号)
「life has a funny,funny way of healping you out」(ポンツーン2011年7月号/忘れられないメロディ)
「世界がひっくりかえった日」(feel love vo.13/2011.3.11 そして今わたしが思うこと)

《官能ライトノベル》
「艶蜜花サーカス〜フィリア・ドゥ・フェティソ〜」(KADOKAWA / フルール文庫 2013年)
「甘滴恋情事(あまだれこいじょうじ)」(KADOKAWA/フルール文庫 2014年)

その他、これまでの中島桃果子の歩みはwikipediaを参照くださいませ★
(加筆も歓迎です!)

**  ***    **

confident2015年1月中旬〜ひと月ほど、幻冬舎とJACFのお仕事でUAEに行って参りました。そのレポなどはこちらから☆
http://mocatina.cocolog-nifty.com/blog/2015/01/post-d20e.html


**  ***    **

 fullmoon日々のこと

月モカこと「月曜モカ子の私的モチーフ」は、
毎週月曜日更新です☆


絵・Miho Kingo

| | コメント (0)

2018年5月24日 (木)

note月モカ2回目!

Img_4042

続きはこちらから。

| | コメント (0)

2018年5月22日 (火)

魔女修行

Img_3953

善き東の魔女になるために奮闘中・・・笑。

奥から

・思い切って剪定(枝を切ること)をした、賢いポインセチア
・ニームの木
・引っ越し時に千穂さんに贈ってもらった「万年青」
神楽坂の本屋「モノガタリ」さんで、一月の絵本パークレットの時に買ったこの本、
これとても、大人向けの面白い暮らしの知恵本で、
毎月魔女のハーブが紹介されているのだけど、
4月の「ルー(ヘンルーダ)」と、
5月の「ディル」をすでに苗木で購入。
初めての植え替えなど、奮闘しながらいろいろすませました。

| | コメント (0)

«守山百景